ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ドイツ杯 香川フル出場でホッフェンハイムに逆転勝ち 採点と寸評

昨日行われましたドイツポカール準々決勝。ドルトムントが延長の末ホッフェンハイムを3:2で下しました。


各紙の採点を寸評を紹介します。




2015040818474530e.jpg


【レヴィーア・スポーツ】


ランゲラック 4

21分にフォラントが放ったシュートに対しては彼は無力だった。フィルミーニョとの一対一も同様にチャンスがなかった。84分にようやく自分の力を示すチャンスが訪れ、シップロックのシュートを弾いた。

ドゥルム 3-

怪我による長期離脱からスタメン復帰。彼のサイドでプレーしていたケヴィン・フォラントに対して彼のチームメート同様問題を抱えていた。休憩後は目に見えて向上し攻撃において多くのものをもたらし、2:2としたオバメヤンのゴールをアシストした(57)。


ズボティッチ 5


彼のコーナーキックからのシュートはバウマンにとって防げるものではなかった(19)。しかし酷いボールロストからホッフェンハイムの2:1となるゴールの責任を追うこととなった(27)。それ以外の場面でもとても安定面に欠けており、自陣からのフリーキックをシップロックの足元に送ってしまった場面(64)などはそうした一例であった。78分に放ったヘディングはホッフェンハイムのキーパーに防がれてしまった。


ソクラティス 3-

まったく不要なコーナーキックを与えてしまいそれによって同点になってしまった。それ以外は二人のセンターバックの中ではより良い印象を残し、意を決して勝負に挑んでいた。


シュメルツァー 4-

様々な場面でツヴァイカンプフの弱さが目立った。彼の前への攻撃参加はあまり多くの物をもたらさなかった。


ギュンドガン 4-

彼が隣のベンダーよりも試合に影響をもたらさなかったことが多くの事を表している。彼は自陣では最も多くのボールコンタクトを記録したが試合において創造性は全くと言っていいほど見られなかった。休憩後にバウマンに対して放ったシュートは弱々しかった(50.70)


ベンダー 2

ドルトムントでベストな選手。ギュンドガンよりもボールをうまく散らし、前半はいくつかの攻撃の起点ともなった。前半は全てのツヴァイカンプフに勝利した。約60分後に負傷交代。


ブラシコフスキー 3

彼の放ったコーナーキックは失敗したかのように見えたが1:0のアシストとなった(19)。その後は試合の中で光と影の両方を残すこととなった。攻撃においてはよく走り、守備においてはフィルミーニョを走らせるぐらいなら、戦術的ファールを犯してもよかっただろう。89分にはバウマンに敗れた。


香川 3-

再びスタメンに復帰し活力をもたらした。彼が37分にオバメヤンのシュートをアシストした場面が前半の彼の最大の見せ場だった。休憩後はギュンドガンとのすばらしいワンタッチパスを見せたが、その後は目立たなくなった。


ミキタリアン 4-

序盤はとてもやる気に満ちていたが、徐々に力を失っていった。だんだん目立つことがなくなり試合にアクセントを付けることも出来なかった。98分に交代する前に良いポジションから放ったシュートも大きくはずれてしまった。


オバメヤン 3+

2度ほど良いポジションからシュートを放った。最初のシュートは大きくはずれ(37)、2本目はわずかに外れた(48)。57分に2:2の同点とした時は丁度良い位置にいた。

20150408184744d8b.jpg

ケール 3

爺ちゃんがハンマーを(かばんの中から)取り出した!(訳注:ハンマーはドイツでは“凄い”という意味で使われる事からこうした表現)例え彼がベンダーのように良くプレーしなかったとしても、この大黒柱は25メートルの距離から放ったシュートを決めて試合を決した。

スポンサーリンク


【ルーア・ナッハリヒテン】

20150408184741898.jpg

ランゲラック 2.5
ドゥルム 2
ズボティッチ 3.5
ソクラティス 3
シュメルツァー 2.5
ベンダー 2.5
ギュンドガン 3.5
ブラシコフスキー 3

香川真司 4

バイエルン戦でのリフレッシュ休暇を経て再びスタメンに復帰した。40分の大きなチャンスにおいては、のろのろしすぎてシュートする事ができなかった。彼は彼のクオリティーを長い間隠したままだった。彼は何をしたら良いかはっきりと分かっていなかったために、多くの行動が遅すぎることとなった。

ミキタリアン 3.5
オバメヤン 2.5
ケール


【西ドイツアルゲマイネ】

20150408184743486.jpg

ランゲラック 2
ドゥルム 3
ズボティッチ 4.5
ソクラティス 3
シュメルツァー 3
ベンダー 3
ギュンドガン 3.5
ブラシコフスキー 3
香川真司 4

何度かチャーミングな場面を演出した。37分に見せたオバメヤンへのループパスや、50分に見せたギュンドガンとのワンタッチパスなどだ。それ以外はボールが来た時は常に焦っているようで、そのせいでシュートチャンスをものにすることが出来なかった。

ミキタリアン 4.5
オバメヤン 3
ケール 2





以上です。


地元紙の採点と寸評でした。時間の関係で他の2誌は香川選手の寸評のみ訳しました。


結構香川選手の評価は厳し目でしたね。管理人は結構動きがいいなあと思って見ていましたが。プレスは効いていましたし、スペースにも何度かよいボールを出していました。遅すぎるという批評もありましたが、ここ2,3年のドルトムントはむしろ突っ込み過ぎでボールをコントロールしきれていないという印象の方が強いです。そしてそこで生じたボールロストを狙われるという・・・・。ボールをしっかりキープして昨日のように上手くサイドと連携が取れれば、相手に引かれても崩すことは可能だと思います。


ケールにはしびれました!とにかく勝って良かったです。最後まで熱い試合でした。やっぱりKO試合は面白いですね


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/04/08 18:54 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(18)
No title
ほんと香川はシュート以外は良かったんだけど
トーナメントではその決定力不足がリーグ戦よりも更に大きな欠点に見えちゃうって事だろうな
でもならば他の選手に常にパスするっていうのは絶対に違う
[ 2015/04/08 19:09 ] [ 編集 ]
No title
攻撃の選手である以上数字を残せない場合厳しいのは仕方ないとはいえ、
ムヒ以下の単独最低点つけるところがあるとは
[ 2015/04/08 19:24 ] [ 編集 ]
お世話になっています
ichliebefussball様

サッカー情報サイト「スパねこ」の管理人でございます。
いつもお世話になっていますm(__)m

私も香川のプレーは悪くなかったと思いました。香川にボールが渡れば大体チャンスになっていましたし、シュートの場面では課題はあるものの、ドリブルで仕掛けるような場面ではかなり積極的でパスを第一選択にしていなかった印象でしたね。

なにより引いて守ってきた相手に崩せる場面が多くなっていたのは香川の貢献度が大きいと思いました。
[ 2015/04/08 19:58 ] [ 編集 ]
香川の採点には納得ですね。
負けたら終わりのポカールでは、何より点に直結するプレーが攻撃の選手には求められる。
ロイスがいなかったんだから余計に。

このチームは、スペシャルな選手揃いのユナイテッドではない。
ロイスがいないなら俺がチームを勝たせる!ぐらいの気持ちでピッチに立たなければ。
[ 2015/04/08 20:18 ] [ 編集 ]
試合を観たけど評価が厳しいですね。
むしろ香川が攻撃の起点になってたし120分間よく動いてたし。
ファンの評価はどうなんでしょう?
[ 2015/04/08 21:03 ] [ 編集 ]
No title
「スパねこ」の管理人さんもここ見られたらっしゃったんですね
私はここと「スパねこ」は内容・管理人さんの分析コメントも的確で大ファンです
この試合に関しては私も管理人さんほぼ同じ意見ですね
そして何よりクロップが香川を120分フル出場させたのは試合を落ちつかせる可能性を感じたからだと思います
そして最後に勝たせてくれたケールに「1」を上げて欲しかったです!w
本当に勝ててよかった!
[ 2015/04/08 21:54 ] [ 編集 ]
たぶんロイスがいなかったから香川により多くの期待をしたんだと思うけどチーム最低点はない。それだけ高いレベルを求められてるって事ですよね。
[ 2015/04/08 22:13 ] [ 編集 ]
No title
爺ちゃんのシュートはほんとにハンマーだったわ
[ 2015/04/08 22:51 ] [ 編集 ]
No title
いくらゴールを決めなかったとはいえ、トップ下のスペースが無い中で攻守に良い働きをしたと思いますよ。ちょっと採点の基準が不明ですね。

香川がいる時とそうでない時で崩しの質が違いますからね。ゴールアシストしてないからで済ませるなら低い採点でしょうが、ゴールってそこに至るまでの働きの方が重要だと思います。
[ 2015/04/08 23:15 ] [ 編集 ]
No title
現代サッカー、特にドルトムントは攻撃の選手も守備のタスクを負わなければならず、それをこなしながら攻撃でも良いアクセントを付けていたと思います。そういうチャンスメイクのうちの幾つかがゴールに繋がるわけで、その数を頻繁に創出していたのは香川でしたし、ちょっと結果ありきな採点ですね。
[ 2015/04/08 23:19 ] [ 編集 ]
No title
香川、すごく良かったように見えたけど、評価が低くてびっくり。
[ 2015/04/09 00:12 ] [ 編集 ]
No title
爺ちゃんとか言わないで。笑
ケール様でしたね。ほんとかっこいい実質キャプテン。

日本では最低点のところを探してそれを記事にされることが多くなってますが、チームのためになると思ったプレイをしてくれたらいいです。
今日はそれが出来てたと思うんですがね。
それにしても、みんなで戦ってた試合というのが伝わってきて面白かったです。
[ 2015/04/09 00:47 ] [ 編集 ]
No title
ムヒタリアン最低点じゃないのが意外
スペースできても全然走りこまないしボール持った時の選択もほとんど不正解だったのに
香川いなかったらもっと酷いサッカーしてたと思う
[ 2015/04/09 04:17 ] [ 編集 ]
ボールが足につかなかったキムを相手にしてボールをとれたドゥルムとフィルミーニョ相手にやられたシュメルツァーを比較するのはさすがにかわいそう。ドゥルムはクバがスペース明けたときの上がりも思いきりがなかったし、アシスト考慮しても3か3,5が妥当だろうに。
[ 2015/04/09 04:32 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがと

香川120分で勝ちきったってところは結果が出たので良かったよね
ヘッドでのゴールが決まってたら「2」ぐらいあげてよかった内容だったと思う
次のメングラはみんな疲れ果ててかわいそうだけどリーグも勝たなきゃならないから厳しいね
[ 2015/04/09 11:33 ] [ 編集 ]
No title
メディアは評価はあくまでそういう見方もある程度に考えないといけない。記者から低評価を受けた選手が、実際にはチームメイートや監督に賞賛されてたりもするからね。
基本的に、メディアは見栄えの良いプレーを評価する傾向ですから、バランスとったり地味なプレーをすれば消えていたとして低評価になりやすいです。
[ 2015/04/09 14:08 ] [ 編集 ]
No title
準決勝バイエルン戦に決定!
この前ペップにはドン引きでせこいサッカーされたからな。きっちり借りを返してもらいたい
[ 2015/04/09 17:22 ] [ 編集 ]
No title
↑ドゥルムとシュメに関して自分も同感です。
そしてムヒの評価についても自分疑問ですが、上で仰ってる方がいるようにわかりやすさ、というのもあるんでしょうね。
キッカーが分析した上でどう評価するか楽しみです。

それにしてもカップ戦の次の相手がなんとバイエルンですか!
これは燃える展開!
EL確実に取りたいドルとしては最大の試練かも…!
[ 2015/04/09 18:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。