ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アーセナル監督!デニス・スアレスの獲得を巡ってミスリンタートと争い!《ドイツの反応》

【フスバール・オイローパ】

denis-suarez-2018-6.jpg


アーセナル
ウナイ・エメリ!デニス・スアレスの獲得を巡ってミスリンタートと争い!



多くのタレントを発掘することで知られているスヴェン・ミスリンタートは、バルセロナのデニス・スアレスの獲得を巡ってアーセナルでは孤立しているようだ。



スポンサーリンク



ミスリンタートはアーセナルに移籍してからたった1年間でロンドンを去る可能性がある。


この元ドルトムントのスカウト部長はアーセナルのボス、ラウル・サンレヒとの仕事に満足いっていないようだ。



この元ドルトムントのスカウト部長は、ドルトムントにウスマン・デンベレーを連れてきたり、さらにマッテオ・ゲンドゥージをアーセナルに連れてきたりしていた。


ミスリンタートは現在、アーセナル放出間近とされており、バイエルン・ミュンヘンなど多くのクラブが獲得に興味を持っている。


すでにBBCが報じているが、ミスリンタートはエメリ・ウナイ監督ともうまくいっていないようだ。


エメリとサンレヒはバルセロナのデニス・スアレスの獲得を望んでいるとされているが、ミスリンタートは別な選手の獲得を希望しているとのことだ。


バルサとアーセナルはデニス・スアレスを巡って交渉中であるが、バルセロナは2000万ユーロを要求しているとされている。


しかしアーセナルにはこの冬移籍に仕える資金が不足しており、そのためエメリ監督はローン移籍に希望を抱いている。


いずれにせよエメリは記者会見ではミスリンタートとの関係は“普通だ”として、問題があったことを否定している。





以上です。

ミスリンタートに関する続報が出てきましたが、追い出されるという書き方をしているメディアも結構ありますね。

ドルトムントにいたときはトゥヘルの方に問題があったように強調されることが多かったですが、もしかしたらミスリンタートも結構衝突しやすいタイプなのかもしれないですね。





[ 2019/01/19 13:18 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
衝突はどこの会社でもあると思うのですが、片方が辞めざるを得ないほどまで発展するのはすごいですね。外人は謝らないといいますし、欧米ではそういうもんなのでしょうか。
[ 2019/01/19 14:39 ] [ 編集 ]
仰る通りミスリンタートの方にも問題はありそうですね。強化担当なので選手発掘が仕事なのはわかりますが監督が求める選手と違っていたらなんの意味もない気がします。
自分の手柄にするため敢えて無名の選手ばかりとろうとしたり、自分の意見を無理に通そうとする傾向があるのでしょうか。
[ 2019/01/19 16:18 ] [ 編集 ]
衝突なんてどこでもあるからどうでもいいけど、ミスリンタートが辞めるとなると、オーバ、ミッキー、パパもクラブに対する忠誠心は薄くなるな。つか、近い将来出て行くことも考えるだろ?ガナーズにとってはこっちの方が痛いと思うよ。ミッキーがケガしただけで中盤ガタガタなのに3人もとなれば考えただけでも恐ろしい笑
[ 2019/01/19 16:18 ] [ 編集 ]
衝突しやすいタイプって言うより発掘者としての自信とプライドがあるんでしょう
>ミスリンタートは別な選手の獲得を希望しているとのことだ
これは誰なんでしょうか?
[ 2019/01/19 16:37 ] [ 編集 ]
01/19 16:18
その理屈で行くならそもそもミリンスタート要ります?って話でと思いますがね、監督とクラブで決めるなら必要はないでしょう
まして今のアーセナルは上手くいってないのに
[ 2019/01/19 21:17 ] [ 編集 ]
フロント内部の派閥争いの結果、ミスリンを引っ張ってきていた側の人間が一層されただけですよね。どこにもある話、特に外資で多額が動くプレミアでは派閥争いでユナイテッドですらガタガタになるわけですし。
それを人格的にも問題あってどうのと語るのはちょっと違うと思いますよ。
[ 2019/01/20 13:50 ] [ 編集 ]
エメリは元々補強に積極的に関わりたいタイプ
ミスリンは多分余り口出しして貰いたくない
だからトゥヘルとも上手くいかなかった
ドルトムントはミスリンとの関係を重視してたがアーセナルに移った時フロントとどんな契約、やり取りしたのかな
まあ彼はビッグクラブより中堅で原石発掘する方がやり易いかも
[ 2019/01/20 16:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。