ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ロイスを負傷で欠くもライプツィヒに勝利!!後半戦白星スタート!《ドイツの反応》

【ビルト】


bu.jpg


ビュルキがバイエルンとのポイント差をキープ!

時間帯によってはすでに優勝するにふさわしいプレーだった。



バイエルンがホッフェンハイムに勝利してから22時間後に行われたこの試合では、BVBがライプツィヒを1:0で下したのだ。ドルトムントは人員不足でもあるにかかわらず非常に力強いパフォーマンスを発揮した。これによって再びバイエルンとの差を6ポイントとしている。


スポンサーリンク



ヴィッツェルがバイエルンに返答!


このベルギー人はピスチェクが延長したボールを容赦なくゴール右のバーの下へと押し込んだ。4:1で勝利した前半戦のライプツィヒ戦でのゴールが唯一のゴールとなっていたヴィッツェルがこの試合でもゴールしたのだ。


このつぶし屋は手で鳥を形どったゴールパフォーマンスを見せているが、それについて、“僕の父がフランス代表の大ファンなんだけれど、そのニコラス・アネルカのゴールパフォーマンスなんだ。”と語っている。


さらにヴィッツェルは、“難しい試合になる事は分かっていた。この試合でゴールできてうれしいし、後半戦を勝利でスタートする事ができてもっと嬉しい。”と語っている。


さらにドルトムントはマルコ・ロイスなしで勝利した。


このキャプテンは金曜日の最終トレーニングでディレイニーと衝突して負傷していた。筋を痛めた疑いがあるが、ファヴレ監督は、“幸運なことにそれほどひどくはなかった。彼の離脱は残念ながら避けることはできない。”と語っていた。



ロイスの代わりにはフィリップがプレーし、さらにヴァイグルがディアロの隣でセンターバックとしてプレーしている。アカンジとトプラク、ザガドゥーが負傷で離脱中なのだ。しかしこの緊急のセンターバックがドルトムントをしっかり守っている。



ヴィッツェルと並ぶドルトムントの英雄はなんといってもビュルキだろう。彼ザビッツァーを2度も止め、さらに77分にはヴェルナーも阻止している。



ライプツィヒはこれでホーム初黒星を喫することになったが、カンプルは“ドルトムントがこのプレーを続けたら止めるのは難しいね。ロイスとアルカセルがいなくともそのクオリティーは非常に高いよ。最初の25分は本当にやられてしまったね。”と語っている。


ドルトムントが獲得を狙っているティーモ・ヴェルナーは何度かチャンスがあったが、ラングニク監督は、“ティーモは我々のプレースタイルにすごくよく合っている。これから2.3年ここにいればさらに成長できるだろう。彼と代理人が、ふさわしい居場所がどこか知っていると確信している。”と語っている。

ヴェルナーがどうなるかは待たなければならない。




以上です。

今日はロイスまでいなくて驚きましたが、最初の20分ぐらいは相手を圧倒していましたね。さすがにその後はライプツィヒにも押される時間帯がありましたが、終盤にはアルカセルに惜しいチャンスもありましたね。今日勝てたのはなんといってもビュルキのおかげでしょう。良くあの一対一を防いでくれました。

ドルトムントは早いテンポでも短いパスがつながるようになってきましたね。ゲレイロがサイドでプレーするようになってからその傾向が強くなった気がします。結構みんな技術が高いので今後のさらなる連携に期待したいですね。




[ 2019/01/20 05:16 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(13)
まだ見れていませんが、これは優勝いけそうですね。
前線のスピード、アジリティ、テクニックで翻弄していた感じでしょうか?
それにしてもヴィツェルの大舞台での役者ぶりはやはり凄いですね。大黒柱ですね。
[ 2019/01/20 05:30 ] [ 編集 ]
もう本当にジャッジに助けられた。65分過ぎのあれビュルキが両足に行ったからPK覚悟したけどおとがめなし。
あとは先制点あとの守りは賢くやった。押し込んでもボランチをアタッキングサードの前で止めていた。
レッドブルはスタートフォーメーション間違ってなかったか?なんでヴェルナーにウイングやらせたのかな?今日のドルのセンターバックとボランチはスピードに弱点あったのにな。センターにいなくて助かったよ。
まぁロイスいなかったからドローでいいやと思って見てたけどよく勝った。
まだツキに見放されてない!
[ 2019/01/20 07:21 ] [ 編集 ]
ロイスいなくてもサンチョやヴィツェルが居るならそうそう崩れることはないと思いますね
ヴァイグルはなれないポジションでよくがんばった

[ 2019/01/20 07:50 ] [ 編集 ]
めちゃくちゃ強いですね。
こりゃ無敵だわ。
何よりみんなが躍動してるのが素晴らしいですね。
ファブレの選手を見る目やチョイスもさすがとしか言えない。
[ 2019/01/20 08:31 ] [ 編集 ]
得点が序盤のセットプレーからの1点のみで後半はセカンドボールを拾われまくる展開
審判がBVB寄りだったし、ビュルキが居なければ負け試合だったわな
怪我人が多くても実質居ないのはロイスとアカンジだけで、そのバックアップと使われるのも交代枠で出てくるのもほぼ予想通り
両チームとも質の低いサッカーやってた感じ
[ 2019/01/20 11:16 ] [ 編集 ]
追加するならどちらのチームもサイドからグランダーでのクロスばかりを最終選択するワンパターンな攻めでウンザリしてくる
[ 2019/01/20 11:17 ] [ 編集 ]
ただでさえCBが壊滅状態なのにロイスが出場できないと知った時に今日はアウェーでライプツィヒ相手だし厳しいな…と正直思いましたがビュルキのお陰もあって勝てたのは本当に素晴らしいですね!! ロイスの怪我の詳細な情報が欲しいので現地の情報が入り次第お伝えして頂けたら嬉しいです。
[ 2019/01/20 12:00 ] [ 編集 ]
もうすでに主要メンバーが何人か抜けても勝っていけるだけの絶対的な強さを
ドルトムントは手に入れているようだな
[ 2019/01/20 18:31 ] [ 編集 ]
ビュルキはセービングは非常に安定してるけど足元が絶望的に下手。普段シティのエデルソン見てるからこうも違うかーとガッカリしてしまう。ファブレは後ろから丁寧にボールを繋いでいくスタイルのサッカーを好むからもう少し丁寧に繋ぐ意識を持って欲しい。フリーの味方が近くに居るのに前にボカーンはちょっと...。ザビツァーのもビュルキのゴールキックのミスからだし。
[ 2019/01/20 19:52 ] [ 編集 ]
勝ってるのに文句をタラタラと言う人にちょっと引いちゃいました
[ 2019/01/21 05:39 ] [ 編集 ]
無失点が何より強さを表していますね。
ここから先は大量得点など必要ありません。
[ 2019/01/21 05:58 ] [ 編集 ]
試合見てませんが、いろんな意見あっていいかと思います。勝ったから批判的な事言ってはいけないんでしょうかね。自分はとっくに今のドルには、魅力を感じないので試合も随分見てませんのでコメントする立場にないかもしれませんが、バイエルンの試合はパスが面白いくらいワンタッチで繋がって面白かったですよ。
個々で好きなゲームスタイルも違いますからね
管理人さんスレに関係ないコメントでごめんなさい
[ 2019/01/21 12:37 ] [ 編集 ]
ビュルキは去年のCLでニアぶち抜かれ続けてたけど、この試合は防いでたね
[ 2019/01/21 13:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。