ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》「香川はどこに?」ドイツ紙最新記事 +ドイツ人の反応

火曜日に行われましたポカール準々決勝直前に、ドイツ語版ヤフー(ユーロスポーツというテレビ局の記事)に記事が掲載されましたので紹介します。





BVBの謎を解く:

香川はどこに?



20150409184356de3.jpg


香川真司はいったいどこにいるんだ?これはBVBのファンにとって、本日行われる勝つか負けるかのポカール準々決勝(対ホッフェンハイム)を前にして浮かび上がる疑問である。この日本人は、このだめになってしまったシーズンにおいて問題を抱える一人である。彼の買戻しは今の所、元がとれてはいない。しかし普通の香川ならBVBが抱える多くの問題を解決できるだろう。



香川真司は普段にも増しておとなしい。この礼儀正しい日本人はいったいなんと言うだろうか?彼の2度めのBVBでのシーズンは上手く行っていない。彼は絶賛された希望の光りから、ただの1チームメートになってしまった。彼は本来ならばBVBが抱える攻撃陣の問題を解決するためにマンチェスターから買い戻された。しかしこの26歳自分自身が問題となっている。狭いところでのパスはあまり効果的ではないし、テンポをあげることもなく、シュートも打たない。香川はまったくもって謎である。



香川はまるでよそ者のよう



この素晴らしいテクニックの持ち主は何かに押さえつけられているかのように見える。試合で目立つことはあまりないし、試合の後もまるで逃げるかのように毎回同じ言い訳をする。“これからもハードに取り組みたいです。”これは非常に好戦的にも聞こえるが、数字は嘘をつかない。リーガで21試合に出場してたったの2ゴールと4アシストだ。この数字は彼自身の要求も、また800万ユーロでマンチェスターから買い戻したBVBの要求も満たしてはいない。


香川さん、いったいどうしたんですか?この繊細な日本人は、シーズン序盤は、マンチェスターで不足していた実戦の経験を取り戻さなくてはならず、後半戦は冬の準備期間を逃してしまった。彼はアジア・カップで日本にいたのだ。


しかし、もう言い訳ができる時期は過ぎてしまった。彼には今の所勢い、危険性また頭のなかの軽やかさが欠けている。これでは全力プレーどころか空回りである。


弛緩剤を探す



BVBのボスたちは必死に弛緩剤(訳注:香川の硬直を取る去る材料という意味で)を探している。ユルゲン・クロップは香川ファンとしても有名で、彼のカムバック前には“世界でも最高の10番の一人”と言っている。


彼はBVBにおいて以前のように再び“記憶に深く刻まれるような選手”となるべきである。かつて多くのアイデアを与え、チームの計画の執行人であったように。香川は最初の2年で71試合に出場して29ゴールと16アシストを記録しているのだ。


ドルトムントの責任者達は、この買戻しが失敗だったと認めるつもりは今の所ない。むしろその反対だ。彼の過去の成績は彼の将来を約束するものである。クロップは公の場において度々、忍耐強く見守るように呼びかけている。長い間怪我をして戻ってきた選手と同様に。



将来への希望


BVBのコーチは自分がどんなに熱心な良く走る選手を持っているか分かっている。香川はボルシアがこの弱々しいシーズンの後で、チームを立て直すために必要な物を全て持っているのだ。


トップフォームの彼は8番や10番のポジションでまさにインターナショナルなレベルであり、正確なパスを出し、テンポを上げていくことができる。プレスができるストライカーとしても動けるし、コンパクトに守っている相手に対しても、たった一つの天才的な動きで状況を打開することができる。そして彼と同様にがっかりなヘンリク・ミキタリアンとは違って、彼はクロップのシステムでの自分のクオリティーをすでに証明しているのだ。


調子の良い香川がいれば多くのBVBの心配事は少なくなるだろう。でもその香川はどこにいて、誰が見つけてくれる?


ユルゲン・クロップとミヒャエル・ツォルクはまさにこの事を新シーズンの中心的な課題と定めている。現在の危機的なクラブ状況からくる過度なプレッシャーにさらされることなく、彼は心地よいドルトムントで花開くべきなのだ。


そうなれば今の所全く危険性のない、マルコ・ロイス、ピエール・エメリック・オバメヤン、ヌリ・シャヒン、イルカイ・ギュンドガンら攻撃陣と共に、ブンデスリーガでも最も恐れられる攻撃陣となることはすぐであろう。香川探しはこれからも続く。

スポンサーリンク


この記事を読んだドイツ人の反応


・香川はドルトムントの惨めな状況に対してそれほど責任はないと思うね。他の選手のほうがもっと責任が大きいと思うよ。僕の意見によればギュンドガンだね。彼は過剰評価されすぎだ。ボールを失うし前へのアイデアも少ない。ディフェンスも良くないし遅いからね。それに守備陣の個人的なミス。コーナーやフリーキック次の守備も悪い。今シーズンの悪さは、まさにその点だよ。だけど香川の責任はその中では最も少ないと思う。



・マンUは日本でも最も人気があるチームだ。もし香川がそこで達成していたら本当に国民的な英雄になっただろうね。


・なんてくだらない記事だ。



・香川はミキタリアンやカンプルをあわせたよりも多くのスコアポイントをあげているし、アロンゾやシュヴァインシュタイガーよりも多い。彼は難しいシーズンにカムバックしただけなんだ。


・彼は本当の日本人だから、自分の成績に対して苦しんでいるに違いない。その辺は他の選手とは違うんだ。他の選手はお金さえ貰えればいいからね。


・僕は何か見逃したのかな?香川の活躍は前半戦と比べてぐっと良くなっている。香川がスタメンで出場した試合では勝っているが、そうでない試合では負けている。僕はこの記事のどの点にも賛成出来ないね。


・↑その通りだ。いずれにせよ彼はカンプル、ミキタリアン、シュヴァインシュタイガー、アロンゾよりも得点に絡んでる。


・こうした重要な試合の前になるといつもこうした“素晴らしい”記事が出てくるんだよな。裏に何かあるんじゃないかと思うね。


・まあ待てよ。香川すぐに良くなるさ。


・チームが機能していない状況で力を発揮するのはいつだって難しいさ。香川は来シーズンはきっと昔の輝きを取り戻すよ。


・責任はチームにある。香川は良い選手だしクロップのシステムにも合っているよ。


・僕は香川のような選手が本当に好きだ。来シーズンの彼が昔の力を取り戻してくれることを願っている。彼がガラ・フォームの時は本当に凄いからね。


・後半戦香川がスタメンで出てからまだ一度も負けていないんだ。確かめてみるべきだね。BVBは香川が出なかった時か試合終盤で交代出場した時だけ負けているんだよ。


・僕はむしろヨイッチはどこにいる?と尋ねたいが・・・・。






以上です。


ヤフーの記事なんて普段あまり目にしませんが、こういう記事が出ていましたので紹介しました。記事への反応は今回は香川選手よりのものを集めて載せましたが、これと同じぐらい記事に賛同するコメント(香川選手とドルトムントをけなすコメント)がありました。ただ明らかにバイエルンファンのストレス発散のコメントが多かったので取り上げていません。

ポカールの前にちょっと大げさな記事を取り上げたことで、ドルトムントを攻撃したいバイエルンファンの標的になったような感じでした。

このブログではビルトのコメントは良く取り上げていますが、ビルト掲示板はバイエルンファンが多い割にはあんまり荒れていないんですが、ここヤフーのコメントはそれと比べてかなりカオスな感じでしたね・・・。(ビルトのコメントを取りあげる時は賛否両論をバランスよく取り上げています。)


さて管理人の感想ですが、この記事を書いた人はBVBの試合を見ていないで数字だけ見て書いているように感じられます。BVBは後半リーガで5勝していますが、その試合全てで香川選手は活躍していますから、今このタイミングでこうした話題を出すのは無理やりだなあ思いました。まあ昔の姿と比べたらそれはそうなのでしょうが、2012年の優勝メンバーみんなに言えることですからね。香川選手が何処にいるのか知りたいんだったら、まずは試合を見てみればどうかと思います。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_1371.jpg

ドイツ人は自宅から離れた場所にお庭を持つ人がいます。
そんなお庭にも春が来ましたね。



ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/04/09 18:49 ] ドイツの反応 香川 | TB(-) | CM(34)
No title
管理人さんありがとうございます
バイエルンファンの標的になってるなんてある意味選手冥利に尽きますね。
最近ドルトムントU12が来日して、香川選手の事をオフザボールの動きが凄い、試合の流れが読める選手だと言っていたそうで、子供ながらに見る目が素人と違うんだなと驚かされました。
この記事を書いた記者とは視点が違いますね。
[ 2015/04/09 20:42 ] [ 編集 ]
管理人さん最高です!本当に香川を探したかったら試合を見ろですよ。日本でも試合を見てもいないのに適当な記事を書く人も多いのでどこの国でもいますけどね。

でも日本のファンだけでなくドイツのファンも後半戦は香川スタメンでは勝ってるってわかってるのは嬉しいなあ。それとドルが来季は香川に賭けてくれているのなら良いですね。
[ 2015/04/09 20:49 ] [ 編集 ]
No title
ドイツの人は優しいな
[ 2015/04/09 21:09 ] [ 編集 ]
No title
ヤフーはドルトムントにシンジが無いといふ。
ほんとのシンジが見たいといふ。
私は驚いてヤフーを見る。
緑若芝の間に在るのは、
切っても切れない
むかしなじみの小さいシンジだ。
どんよりけむる地平のぼかしは
うす毛隠しのクロップの植毛だ。
ヤフーは遠くを見ながら言ふ。
ヴェストファーレンのスタンド越しに
毎日出ているキーパスが
ドルトムントのほんとうのシンジだといふ。
あどけないヤフーの話である。
[ 2015/04/09 21:27 ] [ 編集 ]
No title
記者には色々な人がいますからね。優れた洞察力で分析した記事を書く人もいますし、そうでない人もいる。日本人にもありえないほど酷い記事を書くサッカーライターは山ほどいます。
この記者さんは明らかな嘘を書いてないだけ、マシでしょうねw
[ 2015/04/09 21:40 ] [ 編集 ]
No title
ここ数日香川下げが意図的に行われてるのはあるような感じはありますね。ポカールの採点をいろいろみたけど、評価欄が同じ事言ってて逆にテンプレートっぽい感じを受けた印象がありました。

なんかアリバイ工作をしようとして言うことが決まってるみたいなテンプレートぽさというか。横並びっぽかった。

カンプル下げ記事もバイヤン戦後にもみたし、夏にドルのスカッドがオーバーホールされるというので、足の引っ張り合いもあるんだろうな、とはみてますが。

オーバメヤン9番生かすなら、香川じゃない方がいいし、香川生かすなら9番にボールキープできるタイプが必要だからオーバメヤンがアウトになる。
オーバメヤンの事務所もアザールを抱えててもともとメディアに強いはずだし、ムヒタリアンも代理人が強力でユーベに売れなかった感じがするから10番ポジション欲しいのかもしれない。

香川のポジションに選手を送り込みたい代理人がいるのかもしれないし、ユナイテッドがフンメルス欲しさに香川は大したことないじゃないか、香川以上の選手がいるうちにこないかの可能性もある。

明らかに誰かの代理人絡みのなんらかのキャンペーンでしょうね。ただ、ウィンターブレーク明けに最下位に沈んだ時みたいに香川をスケープゴートにして、香川抜きで勝てるならキャンペーンでもなんでもどうぞ。スタメン外すために工作でもなんでもやってくださいがドルの現状なので静観できるかと。
[ 2015/04/09 21:56 ] [ 編集 ]
記事はともかく、現地のドルトムントファンの意見をアンチどもに聞かせてあげたいよ。
香川は昔の姿が、評価のハードルになってると思う。
[ 2015/04/09 22:07 ] [ 編集 ]
No title
8番のポジションで賞賛されるとかこの時点で明らかに意図的な記事。代表戦で433のインサイドやってた時に、そこじゃねーよ、清武はいけるけど、香川はやっぱり1列前の選手だわと散々いわれたのに。

ムヒタリアンが8番のポジションで使われたから、ライオラが仕掛けてる気がしてきた。香川が8番でムヒタリアンが10番やればいいとかドルに持ちかけてそう。
[ 2015/04/09 22:25 ] [ 編集 ]
No title
いい御庭の風景ですね。
関東では桜が咲いてますよ!(散り始めてますが・・)
[ 2015/04/09 22:32 ] [ 編集 ]
No title
いつも日本の記事にはない、貴重な情報をありがとうございます。これからも楽しみにしてます。
[ 2015/04/09 22:32 ] [ 編集 ]
No title
香川が現地サポに愛されてて安心した。ただ来季も今季と同じように数字が残せない状況になると厳しくなるだろうね。とりあえず次のMG戦まで疲労の残り具合が心配だけど、活躍期待してる。
[ 2015/04/09 22:46 ] [ 編集 ]
No title
数字といったってゴールとアシストだけ取り上げて選手を評価するっていうのは失笑もんですねw少なくとも10番活かすなら6番何とかする必要がありますが何も触れてませんねw香川が以前BVB在籍中に活躍したゲームで6番はどうだったのかくらいは書いてもらいたいものです。
[ 2015/04/09 23:00 ] [ 編集 ]
つい最近1ゴール1アシストして絶対的な創造者と絶賛されたばっかりなのに
ほんとおかしい。まだ代表の疲労でバイヤン戦を休んだくらいしか試合してないのに。
[ 2015/04/09 23:15 ] [ 編集 ]
No title
>マンUは日本でも最も人気があるチームだ
マンUは世界で最も人気のあるクラブだろうけど日本に限ったらやっぱりバルサとレアルなんじゃねーかな
この2つで活躍することが最も望まれてると思う
まあドイツ人のコメントに対してここで意見してもしょうがないんだが
[ 2015/04/09 23:27 ] [ 編集 ]
No title
どこに?ドルトムントの選手ほぼ全員にいえてることじゃないですか?
鉄壁の守備陣はどこに?
爆発的な攻撃陣はどこに?
それと香川の移籍金の話ですが十分元は取れていると思いますよ。最初は4,000万円の育成金のみの移籍。ドルトムント→ユナイテッド(16億)
ユナイテッド→ドルトムント(11億)
ユナイテッドに移籍した時そのお金で確か芝の張替えしていた記憶がw

[ 2015/04/09 23:33 ] [ 編集 ]
No title
俺もちょうどヨイッチどこ行ったんだと心配してたとこだ
[ 2015/04/09 23:39 ] [ 編集 ]
No title
>パスはあまり効果的ではないし
今季ブンデスのキーパスランキングでで8位だったんですが、何か?
[ 2015/04/09 23:51 ] [ 編集 ]
No title
ドイツのファンのコメントはありがたいね。
日本の香川を応援するコメントと全く変わらない。すげーうれしい。そして管理人さん、不覚にもオチがおもしろいw
[ 2015/04/09 23:54 ] [ 編集 ]
No title
>>(スコアポイントは)アロンゾやシュヴァインシュタイガーよりも多い。彼は難しいシーズンにカムバックしただけなんだ。

ほんとこれ。日本のマスコミの「香川不発…」ってのはかなりの数のサッカーファン()を洗脳してしまっている
[ 2015/04/09 23:55 ] [ 編集 ]
ユニ売り上げだけで移籍金の元は取れてるとマジレス

ドルファンと思われるコメントの冷静さと温かさ
これはドイツだけではなく、日本のドルファンのツイートにも共通する部分なんですが、香川にもチームにも冷静で温かい
ヒステリックではないんですよ
ドルトムントというチーム、クロップという監督に心底惚れていて、サッカーの内容が良いからとか、常勝軍団だからファンってのとは違う
真実の愛がそこにあります
そこが安置ドル曰く、カルトムントと揶揄されるのかもしれませんがw
[ 2015/04/10 00:08 ] [ 編集 ]
No title
つうかあの激狭のバイタルの上にムヒのオナドリなど、今のドルトムントの戦術ではレバのような選手がいないから昔のような勝利は無理だ
香川真司は期待されすぎてる
[ 2015/04/10 00:43 ] [ 編集 ]
No title
ドイツと違い、日本のファンやメディアはねえ・・・

昔の香川に比べ活躍してない、劣化したと思うなら、ブンデスのレベルが当時のままという前提になるが、一度香川無双の時代の相手ディフェンス見直した方が良いですよ。全然今とレベルが違います。

以前はマンツーマンに近くてあんな綺麗に陣形も整ってなかった。裏のスペースもあるし、トップ下のスペースもあった。

ところが今季は綺麗にリトリートした陣形でトップ下のスペースなんて殆ど無い。
先に戦ったホッフェンハイムも普通に前から後ろまで上手いのが揃ってるし良いチームでしたよ。ディフェンスも陣形が的確で崩れない。

ブンデスが全体的にコレクティブさが増してここ数年でレベルが急激に上がってるんですよ。

リーグランクもプレミア抜いて2位になってるのはフロックじゃないですよ。資金力の高さからプレミアが上っていうイメージありますが、CLELの結果や内容から見てもブンデスの方が上回ってる感さえある。

香川が以前より活躍出来ないのは、ブンデスのレベルが上がってるからですね。それでもようやくプレーが戻ってきてるし、少しずつ活躍しだしてるという事は本人のレベルも上がってるという事です。
[ 2015/04/10 02:03 ] [ 編集 ]
No title
この手の記事があると毎回言わなくてはいけない
シュートだけなんだよな絶望的に駄目なのは
オフザボールの動きでもボール受けてからのキープ力もそこからの正確なパスでの展開も相手の守備を崩す起点の役割もラストパスを出して決定機を演出する部分も
すべて及第点以上のものがあるんだけど
シュートだけが本当に駄目
本当にサビつき過ぎ
何とかならないものかなほんと
香川自身は自分に言い聞かせるように毎度毎度強くシュート意識を持ってどうたら言ってるけど
3シーズンずっと言ってて治らないもんな
精神科医とかがメンタル部分で修正するとか出来ないのかなぁ・・・?う~む・・・
[ 2015/04/10 02:03 ] [ 編集 ]
別にドイツでは意図的な香川sageはないと思うがなあ
日本では、香川はアディダスと電通と協会に見限られた感があるなあと感じてたが、武藤チェルシーで確信したわ
次の代表10番を武藤にしたいんじゃないのかな
まあ、俺は香川はドルに専念してくれたほうがいいから、どうぞ代表から外してくれって思ってるがw
[ 2015/04/10 02:09 ] [ 編集 ]
No title
ただ、この記事を書いた人は手厳しいですが、香川選手に対する期待も失っていないというか、日本の記者や元選手の評論家たちのようにリスペクトゼロな印象はないです。
彼らはホント理不尽なほどに酷いですから。
この記事がまたフットボールチャンネルあたりで危機を強調するような改訳で紹介され、今の香川バッシングをさらに煽ることになるのかなあという危惧もありますが、先に管理人さんのフラットな翻訳を読ませていただいたので自分で判断することができます。
ご紹介いただきありがとうございました。
[ 2015/04/10 03:13 ] [ 編集 ]
管理人さんの言うとおりです。

復調なのは明らかですね。
あとはもっと楽しそうにのびのびできたら大丈夫!
[ 2015/04/10 03:40 ] [ 編集 ]
No title
ドイツに意図的な記事はないとかすごい夢見がちな人がいるね。ドイツはクリーンとか人種差別がないとか信じてるのと同じだよ。
サッカーの八百長がドイツでの数字も高いとかデータに出てる。発覚するのがドイツのマシな部分だけど。

ビルトが散々ドル記事で飛ばしてきたし、ドルは注目度高いから代理人の売り込みで移籍の当て馬とか以前より移籍関連で相当飛ばし記事に紛れてるのに
[ 2015/04/10 04:11 ] [ 編集 ]
No title
ムカつく記事!

次は香川スタメンでバイエルンに勝って見返したいな
[ 2015/04/10 05:52 ] [ 編集 ]
No title
徐々に良くなっているし、シュートもだんだん良くなっているんだけどねぇ。
香川がパスを出したいスペースにだれも走りこまないのも厳しいところだよね、この前の前半は特にそうだった。
>彼の買戻しは今の所、元がとれてはいない
これについては安かったのでシャツで取り戻してるはずw

まぁ、ゴールが少ないのが問題なんだけど、徐々に良くなっているから、その辺もあと数か月のうちには解決すると思う。
[ 2015/04/10 06:54 ] [ 編集 ]
まあ改めて記事を読み返したら香川の元々持っている力を絶賛してますね。来季の希望の光と認識してるわけで。だからこそ現状を必要以上に下げてるような気がした。

他の独メディアもだけど香川の採点1を知ってるからハードルが高いんだと思う。君はもっと出来るはずって言いたいんだろうね。
[ 2015/04/10 08:33 ] [ 編集 ]
スポーツ記者ならちゃんと分析しろよ。前季よりムヒタリアンとの同時起用が多くなったんだぞ。クロップは分かっているはずなのに。
[ 2015/04/10 08:57 ] [ 編集 ]
No title
ファギー時代の香川はそれなりによかった
6G4Aって及第点じゃないか
ファギーが引退してチーム情況も悪くなり香川も開幕戦から数試合干され出場してもボランチ的な役割をしてたし、そりゃ得点感覚が鈍るのも当たり前
香川サッカー人生における最大の失敗はファギーと共にユナイテッドを去らなかったことだと思います

[ 2015/04/10 11:41 ] [ 編集 ]
No title
それ以外は全部いいんだけど、ラストシュートだけがダメ。確かにそうだ。
もっとも、これは香川だけじゃなく日本の前線の選手に全体的に言える事なんだけどね。
あらゆる場面を想定したシュート練習をやりまくるしかないと思う。

あと、香川は結婚するといいよ。香川は寂しがり屋だし、
心の支えになってくれる人がいるか、いないかで全然違うから。
[ 2015/04/10 19:41 ] [ 編集 ]
No title
もし現在のBVBを1人の力で救えるとしたら、ルーニーのように1人で組み立てて1人でフィニッシュまで持っていけて、フリーキックもコーナーキックもこなせるスーパープレイヤーだと思う。香川のファンだし、ずっと応援しているし、必ず浮上すると期待はしているけれど、今の香川にルーニーのような力はない。なので、どういうメンバーが周りにいるかで香川のポテンシャルがどこまで発揮されるか左右されてしまう。それが現実なんだと思う。
香川はボランチ次第だと思う。実際、シャヒン、ギュンドアンのコンビと一緒に出ている時はオン・ザ・ボールもオフ・ザ・ボールも動きが全然違う。まず、ボランチの位置まで下がる必要がない。なぜ他のメンバーだと降りていかなきゃいけないのか?実際、香川だけでなく、ロイスも見かねて降りていくよね。要は、それ自体が問題なわけで、チームとして抱えている問題だと思う。ギュンドアンにしてもシャヒンと一緒に出ている時攻撃に参加できるからとても動きやすそうだし、ギュンドアンが攻撃に参加することで、ロイスとギュンドアンのマークが必要になって、香川のマークが外れる割合が増えるからスペースを見つけやすくなる。今のBVBは香川潰しておけば攻撃が抑えられるって思われている。レバみたいなFWがいないこともロイスと香川に負担がかかる大きな要員ではあるけどね。オバメヤンに張り付いている必要はあまりないから。というわけで、シュートまでいかない。いけない。そしてリズムが悪くなり、余計にシュート感覚が無くなる、という悪循環。
いずれにしてもボランチとトップ下の組み合わせはとても重要だと思う。これはBVBだけでなく、どのチームもボランチで随分変わるから香川だけの話ではないと思うけれど・・・
[ 2015/04/11 14:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。