ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表レーヴ表監督にレアル・マドリッド監督就任の可能性?元レアル監督が明かす!《ドイツの反応》

【ビルト】

jo.jpg


元監督ベルント・シュースター



レーヴはレアル・マドリッドの監督候補!


レアル・マドリッドが我々の代表監督を獲得するだろうか?

これまでにもヨアヒム・レーヴとレアル・マドリッドは何度も噂になっていたが、今度は元レアルの監督ベルント・シュースターが発言している。


スポンサーリンク



シュースターは“ヴェルト日曜版”において、“フロレンティーノ・ペレス会長と長い間話をしたが、ヨギ・レーヴについて話をしたんだよ。そうしたら、ペレスはまるで私が何かを言い当てたかのようにこっちを見たんだ。”と語っている。


シュースター:“すでに何年もヨーギに関しては観察しているけれど、ドイツ人はレアルでは結構人気があるんだ。みんなそこで良い仕事をしたからね。レアルがヨーギを獲得しても不思議ではないね。”


チャンピオンズリーグの王者レアル・マドリッドは現在危機にある。今シーズンはすでに監督を交代している。元スペイン代表監督であるロペテギを解任し、その後はサンティアゴ・ソラーリがチームを率いているがほとんど良くなっていない。


だから今シーズンはレアルにとっては単なるつなぎでしかない、とシュースターは見ている。“レアルは来シーズンに向けてものすごい金額を投資するだろうね。そこで新たな監督を発表するだろう。”とシュースターは語る。


シュースターはレーヴ監督がレアル監督をこなすことができるとみているようだ。“ドイツ代表は彼の下で魅力的なサッカーをしワールドカップで優勝した。レアルにとって大事なのはその事実だ。”


さらにスペインのメディアも何度もレーヴの名前を出している。しかしレーヴがレアルに行く確率はどのぐらいだろうか?


コントラ:レーヴはワールドカップの前にドイツ代表での契約を2022年まで延長している。ワールドカップでのグループリーグ敗退の後でも協会はレーヴをサポートしており、レーヴがチーム改革を成し遂げると信じている。


プロ:レーヴは何度もクラブの監督をしたいと発言している。12月にレアルについて話が及ぶと、“もちろんどの監督にとっても魅力的なクラブだ。”と語っている。


しかし移籍の可能性は低いだろう・・。




以上です。

シュースターがペレスと話したことがベースとなっているでしょうが、これは単なるシュースターの想像ですね。しかしレーヴの名前が何度か話題になっているのも事実のようです。
さすがにドイツ代表を若返りさせると言ったばかりで、ほっぽりだすとは思えませんので、レアル行きの可能性は低いと思いますね。



[ 2019/01/21 09:51 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
マドリー得意の強奪ありでは?
[ 2019/01/21 18:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。