ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【アジア杯】「日本代表‼ベスト8進出」!ドイツ紙ビルト!《ドイツの反応》

【ビルト】

asia.jpg


アジア杯
日本、ベスト8進出!


優勝記録保持者の日本がアジアカップでベスト8進出を果たしている。ブンデスリーガでプレーする原口(ハノーファー)、そして大迫勇也(ブレーメン)が所属する日本代表がサウジ・アラビアを1:0で下したのだ。


スポンサーリンク




次に対戦するのは今大会の驚きである、ベトナムだ。ベトナムは一日前にヨルダンを下している。サウジアラビア戦では開始20分に冨安 健洋がヘディングゴールを挙げている。


日本はアラブ首長国連邦で、1992年、2000年、2004年、そして2011年以来となるタイトル獲得を目指している。


ワールドカップ出場国であるサウジアラビアに対して原口は90分以上プレーしているが、日本代表監督の森保一は大迫は起用しなかった。





以上になります。

日本代表、順調にベスト8まで進んだようで何よりですね。時間的に日本代表の試合はドイツからみるのは厳しいのですが、今回は正直にいってまだプレーを見たことがない選手が代表に沢山います。ブンデスリーガでプレーしている選手がここ最近では最も少ないチームですね・・・。

中東の笛なかなかだったな
主審、イルマトフだったのにあれなんだぜ

ドイツよ!これがアジア杯だ!!

あと、堂安のところは伊東でいいよ
南野も今大会だめだから代わりに誰か入れたいけどだれもいない
そして、乾を使いたいけど原口も左でいい仕事しているしな

ベトナム戦は左乾、右伊東でいい

   北川(南野)
乾  柴崎 伊東
  塩谷 遠藤
佐々木槙野三浦室谷
   趣味人

こんなんでいいだろ

イラン戦は
   大迫
原口 堂安 伊東
  柴崎 遠藤
長友冨安吉田室谷
   趣味人

調子の悪い南野は使いたくない
あと調子よさそうな室谷使いたい
権田は常に使ってほしくない


[ 2019/01/22 08:20 ] [ 編集 ]
ドイツは大迫と原口だけ、ブンデス経験者でも武藤くらいなのでとても少ないですね。日本人が長谷部くらいしか目立ってないので、クラブも積極的に取らなくなってしまったのでしょうか…
[ 2019/01/22 08:39 ] [ 編集 ]
派手さはなく塩試合が続いていますが、これはこれで面白いな、と思いながら見てます。

[ 2019/01/22 12:04 ] [ 編集 ]
この試合を通して感じたことは
長谷部不足
[ 2019/01/22 12:33 ] [ 編集 ]
いつも翻訳記事にはお世話になっております。
私は試合を見ているのですが、実は順調というにはあまりに厳しい道のりで進出してます。
サウジ戦も攻撃の形がほとんど作れておらず、時たまカウンターとなっても厳しいジャッジによる日本側ファウルで抑えられてしまい、得点の可能性はセットプレー以外ほとんど感じませんでした。
ただ守備はとても素晴らしく、サウジはポゼッションでザックジャパンに近い戦術を取ってましたが、日本の強固な守備にこちらもまた得点の気配はなく何とか勝てたという状態かと思います。

大会なので内容より結果ですし、とかく勝ててることが良いことです。
大迫選手が出場すれば攻撃の正確性とバリエーションは増えるはずなので期待出来ますが、大会での若手の躍動があまり見られていないのは今後の不安点ですね。
[ 2019/01/22 13:39 ] [ 編集 ]
大迫が怪我しているという情報は入ってるはずだよね?準決勝からかなあ。
[ 2019/01/22 14:11 ] [ 編集 ]
ブンデス組は少ないですね。大迫の怪我でどうなるかと思いましたが、それにしてもアジアらしいというか、審判や気候や簡単な試合は一つもないですね。大迫には無理して欲しくはないです。室屋や富安はいいですよね〜 富安は20歳には見えないプレーも見た目も落ち着いていてびっくりです 笑
[ 2019/01/23 07:29 ] [ 編集 ]
引いて守りに行ってそのまま守りきってしまう、という戦いは初めて見た気がします。
日本も強くなったな、という感想を持つとともに、森保監督のカップを取りに行く決意を見た気がします。
[ 2019/01/23 08:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。