ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「他のクラブには興味がない!」ドルトムント会長!!バイエルンとの優勝争いについて語る!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

bvb watzke


BVB会長、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケ!バイエルンとの優勝争いについて語る!


“他のクラブには興味ない”



ライプツィヒに勝ったことで、ドルトムントの喜びが大きくなったことはある意味当然だろう。バイエルンがドルトムントを攻撃しにかかったが、それをあっさりと交わしたのである。BVB会長ヴェツケはタイトル争いに関して語っている。“他のクラブには興味がないよ。”と彼はビルトにおいて語っている。

スポンサーリンク



ミヒャエル・ツォルクもバイエルンの追い上げに関して話が及ぶと、ニンマリとしながら、“我々は震えることはないよ。”と発言している。そして“我々はいつもバイエルンを基準にしているわけではないよ。”と語っている。ミュンヘンはドルトムントにプレッシャーをかける作戦をとっており、宣戦布告をしていたが、後半戦の開幕戦においてはその効き目はなかった。そしてそれはハンス・ヨアヒム・ヴァツケに対しても同様だったようだ。


“我々はこれからも自分たちのやり方を貫くだけだ。後半戦も前半戦同様できるだけ多くのポイントを獲得したいね。それが終わった時どうなっているか見ようじゃないか。1試合ごとに考えていくという我々の哲学を変える必要はないよ。”とヴァツケは語る。この59歳は優勝争いは最後まで続くだろうとみている。“バイエルンやグラートバッハが試合に勝つだろうということは我々にとっても分かり切った事だ。大事なのは自分たちの道を進むことだ。”とヴェツケは語った。



次の土曜日にはハノーファーと対戦するが、その勝利は義務だ。そしてそれはシュトゥットガルトと戦うバイエルン、アウグスブルクと対戦するグラートバッハにとっても同じことが言える。




以上です。


バイエルンは事あるごとに宣戦布告をメディアの前で繰り返していますが、これは明らかにドルトムントにプレシャーをかける作戦でしょうね。さすがに今の状況で、ヴァツケが優勝を考えていないと発言しなかった事には安心しました。今の状況で目標はあくまでチャンピオンズリーグとか言っていたらさすがに萎えますからね。

大事なのはグラートバッハとバイエルンの直接対決を制する事、そして下位のチーム相手に決してポイントを落とさない事でしょう。

[ 2019/01/22 21:15 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。