ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

チェルシー!アザール!「次の監督もきっとがっかりさせてしまうだろう!」すべての監督を落胆させる理由について語る!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

haya.jpg


アザール:だからすべての監督を落胆させてしまうんだ。


12ゴール10アシスト。エデン・アザールは現在チェルシーのトップスコアラーだ。それだけに、彼の自己評価に関しては驚いてしまう。この攻撃的なミッドフィルダーは監督の期待に応えることができない、そして次の監督の期待にも応えることができないと考えているようだ。


スポンサーリンク



“がっかりさせたのはコンテだけじゃない。僕は自分のキャリアにおいてすべての監督を落胆させている。今はサッリだ。モウリーニョの時と同様にね。”とアザールは“フランス・フットボール”のインタビューにおいて語っている。



そしてその理由について、“みんな僕がもっとゴールしなければならない、そしてここでもあそこでももっと多くをこなさなければならない、って考えるんだ。だから次の監督も落胆させることになるだろうね。”


この左サイドアタッカーにとっては成功がすべてではない。“僕はたぶん世界最高の選手には属さないと思う。そのためにはゴールやパス、タイトルが大事だけど、僕は決してそうではなかったから。でもプロサッカー選手の中には、僕と同じように楽しみたいだけの選手もたくさんいるよ。”と語っている。



アザールは2012年にリーユから3500万ユーロでチェルシーに移籍している。そして2020年まで契約している。ワールドカップの後にチェルシーから移籍しようとしていたが、残留を選んでいる。“イングランドではコミュニティー・シールド以外のタイトルは獲得している。だけどそれは僕が去る事を意味しているわけではない。僕はイングランドで別な何かを発見したいと思っていた。だけどここには僕を留める何かがあったんだ。”とアザールは語る。


最近ではアザールはレアル・マドリッド移籍が噂されていた。





以上です。

12ゴール10アシストは凄いですね。しかしこのコメントの真意は良く分かりませんでした。多くの事を要求しすぎる監督に対する皮肉とも取れますが、自分は監督の要求に答えられないと冷静に自己分析しているだけかもしれませんし・・・。でもそうだとしたら、ちょっと自分に厳しすぎる感じもしますね。



[ 2019/01/23 09:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(9)
スキルは疑う余地もなくワールドクラスだけども、「状況はどうあれ、俺が勝たせる」という圧倒的な存在感はない。
それがアザールやネイマールやエジルと、ロナウドやメッシの差。
[ 2019/01/23 11:26 ] [ 編集 ]
UCL…(小声)
[ 2019/01/23 11:54 ] [ 編集 ]
アザールほどの選手が世界最高に属さないと思ってるなんて。
[ 2019/01/23 12:40 ] [ 編集 ]
 アザールのコメントは皮肉でしょう。あとレアルに移籍する為のアリバイ作りでしょうか。

 監督達が彼に不満を持つとしたら、より多くのゴールやアシストではないと思います。メディアの前で平然と戦術批判をしたり試合前に酒を飲んだりする規律の問題でしょう。
[ 2019/01/23 13:08 ] [ 編集 ]
メッシやクリスティアーノ・ロナウドみたいな得点を量産するエースを期待されるとがっかりさせるよってことじゃないですかね
スコア的にもリベリみたいなウインガーであって点取り屋ではないですね
ワールドクラスの選手には違いないけど
[ 2019/01/23 13:33 ] [ 編集 ]
超一流のスーパースターにしか分からない悩みですね。
大変ですよね、これを維持し続けているとてつもない凄さ。
アザールほど「エース」「10番」という言葉が似合う選手はなかなかいない。
[ 2019/01/23 16:47 ] [ 編集 ]
しっかり自己分析できてて頭いいですね。
やはり20年後、30年後も語られる程のレベルではないですね。
[ 2019/01/23 18:34 ] [ 編集 ]
間違いなく世界最高の選手。
アザールがチェルシーを勝たせているからね。
[ 2019/01/23 18:48 ] [ 編集 ]
さすが香川が尊敬と憧れを持つ選手。
とてつもなく謙虚だわ。
[ 2019/01/23 21:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。