ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ライプツィヒのヴェルナーの獲得にはもはや興味なし?システムに合わず!《ドイツの反応》

【Sport.de】

werner.jpg


ライプツィヒの代表選手、ドルトムントのシステムに合わず!

BVB、ティーモ・ヴェルナーに興味なし!


すでにここ数週間、バイエルンとドルトムントがティーモ・ヴェルナーの獲得に動いていると噂されていた。しかしBVBはもはやヴェルナーへの興味を持ってはいないようだ。


スポンサーリンク



“キッカー”が報じたところによると、BVBはヴェルナーを獲得するつもりはないようだ。その理由はスポーツ面だと同紙は報じている。


それによるとBVBのルシアン・ファヴレ監督は、来シーズンに向けて、頑丈なタイプのストライカーを探しているようだ。そしてヴェルナーはそれには当てはまらない。さらにファヴレは4231のシステムを採用しており、ヴェルナーはそれにはうまく合わないとみられている。


最近ではこの件に関してミヒャエル・ツォルクが、“もうそれは我々にとっては話題とならない。”と発言していた。


ヴェルナーはライプツィヒと2020年まで契約しており、仮に契約を延長しなければ今年夏には移籍するとみられている。“ビルト”の情報によると、この22歳の獲得には6000万ユーロがかかるとのことだ。


この報道の通り、ドルトムントがヴェルナーの獲得に興味がなくなったとしたら、バイエルンにとって有利となるだろう。ここ数か月、ヴェルナーの受け入れ先としてはFCバイエルンが最有力とされていた。


ライプツィヒのラングニク監督は、“仮にバイエルンが経済的に本気を出して来たらむずかしいだろうね。”とスカイにおいて語っていた。




以上です。


ドルトムントが頑丈なストライカーを探しているとの情報が上がってきましたが、控えとしての獲得なのか、本命としての獲得なのか現段階では見極めが難しいですね。今の所アルカセルはジョーカーとして大活躍中ですが、絶対的なスタメンにはなっていませんので・・。


仮に頑丈な控えを探すとすると、シュトゥットガルトのマリオ・ゴメスなんかが候補にあがるような気がしますが・・・。年齢的に控えとしての役割を受け入れてくれるかもしれないです。


いずれにせよ、最後にパワープレーが必要な状況もあるでしょうから、一人は長身でヘディングの強いストライカーも欲しいですよね。



[ 2019/01/23 13:23 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(2)
ヴェルナーってブンデスならバイエルン一択だとか言ってたし元々可能性ないでしょ
[ 2019/01/23 13:55 ] [ 編集 ]
ヴェルナーとか欲しがるの今の劣化してマルセイユにも負けそうなレベルまで落ちたバイエルンだけなんだよな。
[ 2019/01/23 21:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。