ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

神戸ポドルスキー!「ケルン復帰は夢!夏に神戸と話し合うつもり!」夏に移籍の可能性?《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】


poldi8.jpg


ルーカス・ポドルスキー、FCケルンに復帰か?
“もう一度そのユニフォームを着るのは僕の夢!”


現在元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキーは日本のヴィッセル・神戸でプレーしている。この33歳はブンデスリーガに復帰する事が想像できるか?という質問に対し、もちろん、と答えている。


ルーカス・ポドルスキーをFCケルンで見ることはあるだろうか?すべてのケルンファンがそれを望んでいる。そして、その可能性はないわけではない。この元ドイツ代表はビルトにおいてケルン復帰の可能性について語っている。



スポンサーリンク


ポドルスキー:ケルン復帰は夢

彼は、“僕の夢と願いは、そのユニフォームを着ることだね。”と語っているが、これが意味することははっきりしているだろう。だけど、実際復帰のシナリオはどのぐらい現実的だろうか?ポドルスキーは現時点ではその事についてはそれ以上考えていないようだ。“それが実現するかを決めるのは僕ではない。”と33歳は答えている。現在彼は日本のヴィッセル神戸でプレーしている。



基本的に引退までにもう一度別なクラブでプレーする可能性はあるだろう。それが別な国になるか、ブンデスリーガになるかはまったくオープンな状態だ。仮にFCケルンがブンデスリーガに昇格した場合は、ケルン移籍の可能性も出てくるだろう。



“FCケルンは僕の意見は知っている。だからまあどうなるか見てみようじゃないか。もしすべての条件が整えば、話し合いを探すことになるだろうね。”とポドルスキーは語る。




ポドルスキー、将来については夏に決断



彼の神戸での契約は今年末までとなっている。日本のシーズンはカレンダー通りの一年なのだ。しかしポドルスキーはすでに夏に将来について決断したいようだ。


“5月か6月に神戸で話し合いをするだろうね。冬に移籍するのはいつだって大変だから。”とこの元ドイツ代表は語る。



すでにポドルスキーは数か月前のインタビューで、 “もうドイツを離れて7,8年が過ぎている。家族や友人との日常、そして故郷が恋しくなっている。年をとるとそういうものの有難みが分るんだ。”と、そろそろドイツに帰りたい心境を語っていた。




以上です。

ポドルスキーがケルン復帰の可能性についてコメントしていました。これに関しては、ポドルスキーは聞かれるたびにそう答えていますね。どちらかと言えば、個人的にはケルンのファンに対するフサービスのように感じます。


しかし仮にこの夏ケルンが一部に昇格して本当にポドルスキーにオファーをするようなことがあれば、神戸からケルンに移籍する可能性はあると思います。


でもポドルスキーは現実的にケルンからオファーがくる可能性が大きいとは思っていないような気がしますね。





[ 2019/01/23 17:14 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
神戸からしたら移籍金残してくれるのなら幸いなんじゃないのかな
[ 2019/01/23 17:40 ] [ 編集 ]
むりむり
神戸でも実力不足感
[ 2019/01/23 21:04 ] [ 編集 ]
こんな奴を主将に据える意味がわからん。去年も夏にまるまる1カ月不在だったし。
[ 2019/01/24 00:12 ] [ 編集 ]
移籍金に給料・・・。ケルンには無理っぽい。
[ 2019/01/24 16:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。