ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト長谷部!「今がキャリアで最高の状態!!」体調万全の秘密を明かす!《ドイツの反応》

【ビルト】


hasebe16.jpg

アイントラハト

長谷部!体調管理の秘密を明かす!
温かいお風呂!日本食!日々のケア!


普通だったら35歳ではやめることを考えるものだ。しかしアイントラハトの長谷部誠は、“僕は今がキャリアにおいて最高の状態です。”と語っている。


でもいったいその秘密は何だろうか?彼はその秘密について、“10年間まったく同じ流れ(で生活すること)です。”と語っている。

スポンサーリンク



“毎日入浴剤いりの温かいお風呂に入って、筋肉をほぐしています。妻が健康的な日本食を作ってくれますし、それに毎日ケア(治療)しています。そして今でも限界までトレーニングしていますね。少ないトレーニングは体にとっては良くないですから。僕はこれまで人生すべてをサッカーに捧げてきたんです。”


40歳でプレーする事に関しては、“それは冗談半分ですが、だんだん現実的にはなってきましたね。でも謙虚でなければなりません。僕は毎試合自分の力を証明するつもりですよ。そうでないと若い選手たちがライバルになってしまいますからね。”と語っている。


また守備の役割に関しては、“ストライカー以外のポジションはすべて経験しましたよ。ゴールキーパーもね。僕はだからフレキシブルなんです。今の仕事はリベロでうまくいっていますし、現時点では完璧なポジションデすね。目でプレーする事が出来ますから。中盤だともっと走ったり一対一に挑む必要があるので難しいですね。”と語っている。


対戦相手はフライブルクのように引いて守ってくる事が増えているが、その事に関しては、“僕らのチームにはワールドクラスのストライカーがいるので、スペースを与えないために引いて守ってくる事が多くなりましたね。だから時には戦術を変えたり、別の解決策が必要になってきますね。いつも美しいサッカーをやるわけにはいきません。フライブルク戦ではロングボールを試しましたが、相手はマンツーマンでマークしてきましたね。そうなると別な選手が組み立てに関与しなければならなくなります。フライブルク戦ではローデが良くやってくれましたね。”と説明する。


最後に、もう一度25歳になりたですか?という質問に対して、彼は“いいえ。”と答えている。“24歳でドイツに来ましたが、そこから3年間はマガト監督の下でものすごくトレーニングしました。良い経験でしたが、もう一度やる事は想像したくないですね・・・。”





以上です。

やはりマガトのトレーニングはきつかったようですね。ヴォルフスブルクはリーガ優勝もしましたが、マガトは最近ではあまりお声がかかりませんね。でもスカイでは良くゲストとして出ています。


やっぱりお風呂は良いですよね。ドイツにはお風呂に入る習慣がないので、シャワーだけのアパートも多いです。管理人の住んでいる家も今はシャワーしかありませんが、時々温泉とサウナに行っています。ドイツの温泉もなかなか良いですよ!




[ 2019/01/24 09:30 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(5)
やはり代表引退の影響も大きいですね。キャプテンとしての重圧だけでなく身体の負担もきつかったに違いありません。代表から戻ってしばらくはコンディションが下がってると言われたこともありました。日本人にとって代表との両立は誇りであると共にクラブでの立ち位置にも響く難しさがあります。
[ 2019/01/24 11:28 ] [ 編集 ]
日本食ブームの次は
日本浴かw
[ 2019/01/24 12:22 ] [ 編集 ]
マガト氏のトレーニングはキツそうですよね。鬼軍曹ですし(笑)
当時録画忘れてニコニコにアップされてる動画を見たらとちくるってたマガト氏を鬼軍曹とか選手を解放軍とか書いてて笑いました。
[ 2019/01/24 13:55 ] [ 編集 ]
ウッチーも海渡ったときマガト
[ 2019/01/24 17:39 ] [ 編集 ]
マガトのトレーニング量くらい、球技以外の他競技では普通なんですけどね。
サッカーは規模的にも経済的にも圧倒的なのに、スポーツ医学が全然発展してない印象。
[ 2019/01/25 18:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。