ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント!エムレ・モア!度重なる遅刻が原因でトレーニングから締め出される!放出へ!《ドイツの反応》

【トランスファー・マルクト】

39011827_232248020772550_6846858531946102784_n.jpg



度重なる遅刻!


エムレ・モア!ビーゴでチームトレーニングから締め出される。受け入れ先を探す!


エムレ・モアは現在スペイン一部のセルタ・ビーゴでプレーしているが、どうやらその時代も終わりが近づいてきたようだ。地元紙の“ファーロ・デ・ビーゴ”が報じたところによると、この21歳の攻撃的な選手は、度重なるルール違反によってチームトレーニングから締め出されたようだ。


スポンサーリンク



すでに昨シーズンも度重なるルール違反によって何度も個人トレーニングを余儀なくされている。このトルコ代表の選手は何度もトレーニングに遅刻してきたとされている。


エムレ・モアは2017年に1300万ユーロでボルシア・ドルトムントからセルタ・ビーゴに移籍している。同紙が報じたところによると、クラブはモアをすぐにでも放出するつもりのようだ。いずれにせよ、これまでの成長の過程から、すぐに受け入れ先が見つかるとはみられていない。


彼の契約は2022年までとなっているが、今シーズンはリーガ8試合に出場しノーゴール、ノーアシストとなっている。





以上です。


エムレ・モアは若いにも関わらず、ドルトムントでの控えの扱いに我慢できずに移籍していった選手ですね。ドルトムントに来たばかりのときはトルコのメッシとして騒がれ、扱いもデンベレーと同等かむしろそれ以上だったかもしれません。ドルトムントでのプレー時間は少なかったですが、それでも1300万ユーロでスペインに移籍しています。

プレー面ではドリブルにこだわり、パスを出すタイミングを逃しており、良くエゴを批判されることがありましたが、セルタ・ビーゴに移籍してからは遅刻を繰り返していたようで残念ですね。市場価格はドルトムントに移籍した時点で500万ユーロでしたが、そこから上がる事はなく現在は300万ユーロとなっています。




[ 2019/01/24 16:48 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
彼はドルトムント時代の日本ツアーで浦和と親善試合した時に、サイドをドリブルで斬り裂きまくり日本ではメッシだ!!と、絶賛されていました。
何時もドルトムントの試合を見ていたコアなファンは、彼の視野の狭い個人技に批判的でドイツの評価も低かったですが、初めてドルトムントを見た日本人には衝撃的な選手だったみたいです。(浦和相手だから抜きまくれただけでしたが…)懐かしいですね。
[ 2019/01/24 19:04 ] [ 編集 ]
>コアなファンは、彼の視野の狭い個人技に批判的でドイツの評価も低かったですが
単純に疑問に思ったから聞きたいんだけど、これどこの情報?
俺は4chanとredditしか知らないけどエムレモアの評価は日本より高かったぐらいのはずだぞ。
あとついでにエムレモアはネクストメッシが世界中で発表されてた流れでメッシって言われてたんだぜ。
日本でメッシ言われてたのは受け売りだよ。
[ 2019/01/24 23:28 ] [ 編集 ]
じゃあ空いた席に香川を
[ 2019/01/25 00:17 ] [ 編集 ]
ユーヴェさんスタンバって、どうぞ
[ 2019/01/25 02:57 ] [ 編集 ]
同じ問題児でもデンベレの方は今めっちゃ活躍してるけど何か記事はないんですか?
[ 2019/01/25 08:47 ] [ 編集 ]
2019/01/24 23:28
当時の事は、何れ探しますが移籍後のこの反応でも察せられますよ。

http://ichliebefussball.net/blog-entry-2579.html#more
[ 2019/01/25 15:54 ] [ 編集 ]
>>1
そもそも日本人が持ち上げなくても、まともにサッカー見てる人なら彼の才能に気づいてたでしょ
俺はデンベレ、プリシッチより好きだった
[ 2019/01/25 17:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。