ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 日本高校サッカー選抜で活躍した若き才能・渡邊凌磨にドイツも注目!

つい最近デュッセルドルフで行われました国際ユース・サッカー大会には日本の高校サッカー選抜チームも参加しておりました。大会にはドルトムントのユースやデュッセルドルフのユースチームなどが参加していましたが、大会で活躍した日本代表の渡邊凌磨選手に注目が集まりインタビューが掲載されましたので紹介します。取り上げられましたのはラインポスト新聞のオンライン版になります。






日本の最高の才能がドイツへ


渡邊凌磨は国際ユースサッカー大会で注目を集めた。そして彼はブンデスリーガを夢見ている。



201504111634408b6.jpgTaro Yoshidaさんの撮影

渡邊凌磨はデュッセルドルフで行われた国際ユース大会における一つの発見となった。この18歳は他の誰とも異なり、彼の素晴らしい視野の広さと技術で輝きを見せた。この日本人は素晴らしい活躍をしてミッドフィルダーの最優秀選手に選ばれただけではなく、多くのスカウトの目を引くこととなった。


この才能と創造性にあふれる選手が、ドイツでの印象や今後の希望などについて語る。彼の大きな目標はブンデスリーガでキャリアを積むことだ。



渡邊さん、君たちは大会では6位という結果になったわけですが、えこの順位には満足ですか?


僕たちは6位には満足していません。でもここでの経験が今後のキャリアの役に立つと思います。

この国際ユース大会は日本ではどのくらい知られていますか?いずれにせよ君たちの高校選抜チームはもう30年もこの大会に参加していますが。

この大会は日本でも結構有名です。チームにはいつかワールドカップに出場することを夢見る高校生達が多いですし、そういうことからも特に高校生の間では特に有名です。


君のような若い選手にとってはこの大会はどんな意味を持ちますか?


僕にとってはこの大会に参加したことはとても重要です。世界中のスカウトの注目を集めるためにも。また多くの日本のスター選手や他の有名な選手達がこの大会に出場してきた事を考えると、ここでより良いパフォーマンスを見せるうえでより大きな励みとなります。


この大会は日本ではテレビでも放映されるそうですね。故郷の反応はどうですか?


僕は多くの人びとがソーシャルネットワークを通して大会の情報を追っていた事は話に聴きました。でもテレビ放映は5月5日になるようですね。僕達がここで活躍すればするほど、より注目を集めることになると思います。


メディアに出るようになってプレッシャーもかかると思いますが。いずれにせよ主要なテレビ局が放映するようですしね。


自分たちでもプレッシャーをかけています。でもこのプレッシャーは大会ではポジティブな物に変わるんです。より多くのエネルギーが湧いてくるんです。


今度は君たちのチームの名前である、高校選抜チームについて尋ねますが、いったいどのようにしてこのチームはできているんですか?


冬に高校生によい全国大会があるんです。そこで様々な学校から18人の選手が選ばれるんです。選ばれた18人がここにいます。


この高校生によい大会が日本のサッカーでは最も大きなイベントだそうですね。決勝の観客数はどのぐらいですか?どのぐらいの規模を想像すればいいんでしょう?


だいたい五万人ぐらいの観客が決勝を観戦すると思います。


それは満員御礼のスタジアムのような雰囲気ですね。


夏と冬には野球の大会があり、それらの大会にも大勢の人が見に来ますが、冬にはありません。ですからこの高校の大会の雰囲気はより特別なものとなっています。


日本のサッカーのシステムはどんな感じですか?みんな学校でプレーするのですか?学校以外にもチームはあるのですか?


Jリーグのチームにはユースチームがあります。でもこの高校の大会の方が人気がありますね。それにこの大会に参加した選手は、その後Jリーグのチームに入る可能性が高いです。

スポンサーリンク


このチームを通してみんなプロになるんですか?それとも大学に?


両方ですね。高校卒業後に僕のように大学に行ってプレーを続ける人もいます。例えばインテルの長友佑都はそのような道を歩みました。それから香川真司や内田篤人のように直接Jリーグに行った選手もいます。僕達のキーパーはすでに2ヶ月プロとしてプレーしています。


この大会の為にはつらい長旅がありましたね。どのぐらいかかりますか?


12時間かかりましたね。


君たちは先輩からこの街について何か聞いたりしましたか?デュッセルドルフはドイツでも最も日本人が多い街ですが。


いいえ街については何も聞いていませんでした。でもここで多くの日本人に会えて嬉しいです。まったく予想もしていなかったので。でもそれだけにあまり良い成績を残せなくてより残念ですね。


この街の印象はどうですか?


ツアーは火曜日に計画されているので楽しみです。



あなたの将来の計画はどのようなものですか?


大学を卒業したら少なくともJ2には行けるようにしたいと思います。でもここにいるのはもちろん他の可能性を探すためでもあります。


日本とヨーロッパのサッカーを比べるとどこが違いますか?


ヨーロッパではツヴァイカンプフの強さやゴール前での危険性が重要視されます。僕もここでこの2つの事をより学ぶことが出来ました。ここで得たことを絶対に持ち帰りたいと思います。


君の夢は?どのリーガでプレーしたいですか?


一番はドイツでプレーすることですね。だからこの大会でここで実際にプレーする可能性を見つけることができたらいいなと思っています。僕の最も好きなチームはバイエルンですから。



だれかお手本になる選手はいますか?


僕のお手本はマリオ・ゲッツェです。ドイツがワールドカップで優勝する前からドイツサッカーを素晴らしいと思っていました。いつかここでプレーしたいですね。



ドイツサッカーは君にとって何が特別なんでしょう?


スピード重視のイングランドや美しいプレーが求められるスペインとは違って、ドイツはサッカーそのものが中心となっている事です。どのようにして相手陣内でボールを奪おうか?しかもツヴァイカンプフに優れた相手から。このような点に興味があります。


もう大会は終わりましたがスカウトはありましたか?


今のところはっきりしたのはありません。だけど僕はヨーロッパでプレーしたいのでポジティブでいたいと思います。






以上です。


ドイツに住んでいるので日本の若き才能に触れる機会がほとんどありませんから、渡邊選手の事は知りませんでした。日本では高校生スターの注目度は一般的にも高いのでしょうか?



いずれにせよ注目を集めることには成功したようですね!現在大学生のようですが早くヨーロッパでプレーできると良いですね。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_6051.jpg

エルベ川沿いの芝生
晴れて気温が上がるとみんな芝生の上で横になって日光浴を楽しみます。
多くのドイツ人は太陽が出ると日光浴をします。
紫外線やシミ・そばかすはあまり気にならないのでしょうか。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


No title
けっこう有名でJ1からもいくつもオファーがあった選手ですね。U代表にも常に選ばれていました。
[ 2015/04/11 07:52 ] [ 編集 ]
インタビューの受け答えの素晴らしさにびっくりです。頭も良さそうですね。ただ香川のファンはなくバイエルンファンというのはがっかりですが。
[ 2015/04/11 08:33 ] [ 編集 ]
No title
ヨーロッパでプレーしたいのに、大学やJ2か。
うーむ、まあ高校生だからなぁ
[ 2015/04/11 09:04 ] [ 編集 ]
No title
私も知らなかったです・・・
[ 2015/04/11 09:06 ] [ 編集 ]
管理人さんも日光浴しちゃいましょう!

日本ではメディアの目に止まらなければ知名度は上がりません。今話題の武藤選手みたいに、チェルシーとかビッククラブの移籍に関わることとイケメンであること。。
岡崎選手のようにかなり活躍しても連日ミランの10番が取り上げられたりします。若い選手の情報はほとんど流れません。ビッククラブのユースである久保君、中井君くらいかも。
本人の活躍よりネームバリューに注目されていると思います。

ゲッツェかぁ…
[ 2015/04/11 09:44 ] [ 編集 ]
No title
育成年代のサッカー詳しい人なら知ってる人は知ってると思うけど、アンダー代表でも別段そこまで騒がれた選手じゃなくてプロ入りせずに早稲田大に進学したからスター扱いはされてないんじゃない?前橋育英ではMFの鈴木徳真選手の方が早い時期から期待されてたし(こっちは筑波大に進学したけど)。2人とも高卒時点でJ1強豪からオファー無くて大学進学したのを考えると大学で余程突き抜けないとJ1入りは難しそう。U-17W杯じゃFWで9番つけてたけどストライカーじゃなくてMFの典型的なマルチアタッカーだもんね。自分の置かれた状況も良く分かってるから「少なくともJ2」って言葉も出てくるんだと思う。渡辺選手はナイキのスカウトプロジェクトの最終選考に残って5月にイングランドでプレー披露するらしいから頑張れ~
[ 2015/04/11 09:52 ] [ 編集 ]
No title
>日本では高校生スターの注目度は一般的にも高いのでしょうか?

日本では五輪というタイトルがある代表U22くらいから多くの人々に注目されます。いまだと南野選手あたりがそうです。
渡辺凌磨はU19なので、まだ極一部の人しか知らないでしょうね。次の五輪でU22に呼ばれれば、注目されると思います。
楽しみですね!
[ 2015/04/11 12:32 ] [ 編集 ]
お手本はマリオゲッツェです。
[ 2015/04/11 12:57 ] [ 編集 ]
No title
この子どっかの雑誌かテレビでプロからも声掛かったけど大学でより成長したいから断ったって言ってたわ。
[ 2015/04/11 14:39 ] [ 編集 ]
No title
ナイキとかかわりあるならゲッツェだよな。ナイキは所属アスリートにロゴつけて写真取らせて金払うとかやってる所だから。ゲッツェのバイヤン入団会見とか典型的

日本はプロ入りしてないなら大騒ぎされることはないんじゃないかな。宇佐美とかは昔から抜けてたから騒がれたけど。
[ 2015/04/11 21:47 ] [ 編集 ]
No title
>日本では高校生スターの注目度は一般的にも高いのでしょうか?

選手権のスターは当然ある程度の知名度はありますよ。
ユース世代では一番大きな大会ですし、日本代表予備軍ですから。
[ 2015/04/15 02:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。