ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【アジア杯】「日本ぎりぎりの勝利!大迫準決勝進出!」「原口準決勝進出!」独紙《ドイツの反応》

【Deichstube】

doan.jpg

日本ベトナム相手にぎりぎりの勝利!

大迫が準決勝進出!

大迫勇也が、引き続きアジアカップ優勝の夢を見続けられることになった。このヴェルダーのプロ選手は日本代表でベトナムを相手に1:0で勝利し、準決勝進出を果たしたのだ。



試合は57分に堂安律がPKを決めて、それが決勝点となっている。大迫は72分から途中出場している。いずれにせよこれは良い兆候だ。大迫はここ3試合は筋肉に問題を抱えて欠場となっていた。少なくとも途中からプレーするぐらいまでは回復したようだ。日本は月曜日にイランと対戦する。




スポンサーリンク




【ハノーファー96】


アジア杯!原口が日本代表で準決勝進出!



96の選手原口元気が、引き続き優勝を夢見る!日本代表は準々決勝でアウトサイダーのベトナムを相手に1:0で勝利している。


96の原口元気は日本代表とともに準決勝進出を決めている。原口とその他の選手たちは木曜日に行われたベトナム戦で1:0と僅差の勝利を収めた。唯一のゴールは57分に堂安が決めたPKとなっている。原口はスタメンで出場し、79分に途中交代となっている。


これまで4度の優勝を誇る日本は月曜日にイランと対戦する。決勝は2月1日にアブ・ダビで行われる予定だ。




以上です。

日本、準決勝進出が決まって良かったですね。それから大迫選手がプレーできるような状態まで回復したので良かったです。ドイツではベトナムに対して日本が明らかに有利とみられていましたので、1:0はギリギリという点が割と強調されていました。



ベトナム代表の10番が一番凄かった。
調べたら香川とコマーシャルで共演していたw
[ 2019/01/25 06:41 ] [ 編集 ]
原口最初はボール止めて取られるマンだったが
突如ダイレクトマンに変わってワロタ
[ 2019/01/25 12:21 ] [ 編集 ]
ワールドカップでグッドルーザーとして褒められるより、負けた事の方がくやしかったので、塩試合でも勝てればなんでもいいです
内容にこだわれるほど、日本は強くないですからね。アジアラウンドだからといってカッコつけて内容にこだわる暇なんてない。出場できるメンバーで試合を勝ち切れったという事が一番だと思います。

大迫戻ってきましたし、次戦は武藤の出場停止もとけますのでここから2トップもためしてほしい
[ 2019/01/25 14:16 ] [ 編集 ]
個人的にベトナムはベス16と昨日の試合はそこそこ良かったけど多分しばらくは伸び悩むと思うしあれが限界。ぜんぜん良くなかった日本と比べても点差以上の差があった。仕事で付き合いがあって良く知ってる国民性だけに致命的な欠点がやはり見えてそれをカバーする術を見つけれないのが見えた試合。個人的にmomはベトナムGKでしたけど彼がいなければ…。
日本は何だろう…。イタリアの2006ドイツ大会みたいな勝ち方目指してるのか?と思わせる試合に見えました。ロシア大会の肝だった長谷部選手や香川選手がいればもっと良かったと思う試合内容が続きます。
[ 2019/01/25 16:04 ] [ 編集 ]
10はフォン選手ですね。守備も結構参加してましたし、攻撃陣では一人で目立ってましたね。
[ 2019/01/25 16:58 ] [ 編集 ]
楔になれる大迫と危険なエリアに平然と仕掛ける中島抜きならこんなものかと
中島、堂安、南野、大迫揃えば改善するだろうし、とりあえず今は勝ってればいいと思います。

久保、鎌田、香川あたりもこのあとは絡んでくると思ってますし

柴崎があの状態で長谷部が呼べないとボランチがちょっと不安ですが
[ 2019/01/25 18:02 ] [ 編集 ]
中島、堂安、南野この3人が揃っても良くなるとは自分は思えないんですがね、結局彼らは公式戦ではそこまで効果的だと思える事が出来ない、親善試合でも大迫ありきの部分が殆どでしたし
[ 2019/01/25 21:01 ] [ 編集 ]
10番は前に水戸にいたよな
[ 2019/01/26 02:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。