ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》BVBケール「僕たちはまだ終わっていない」 スーパーゴールを振り返る 最新インタビュー

今週火曜日に行われたポカールで決勝点となるスーパーゴールを上げた、ドルトムントの元キャプテン、ゼバスティアン・ケールのインタビューを紹介します。





僕たちはまだやれる!



20150409165326031.jpg

まるで詩のようなシュート。ゼバスティアン・ケール(35)は彼の素晴らしいシュートによってドルトムントの希望と夢を繋いだ。



ケールさん、ホッフェンハイムの勝利の後であなたの携帯は随分熱くなったんじゃないですか?


もう爆発寸前だよ、と言った方があっているね。175ものWatsappのメッセージや100のショートメッセージ、それに40件もメールが来たんだ。みんなに返事をするのに一日かかるだろうね。ものすごく嬉しいし、この試合は僕にとってはとてもすごい結果だったよ。


あなたの8歳になる息子のルイスが、たまにはゴールを見せてくれと要求していたようでね。彼はあなたのゴールに満足していますか?



僕が家についた時は彼はもう寝てたんだ。彼がスタジアムにいてライブで見れたことは嬉しく思うよ。今ちょうど学校が休みだからね(注:イースター休暇)。彼はまだパパがゴールを決めれることを体験できたんだ。最近はあんまり見られなかったからね。


私達も少し調べてみたんですが、これがあなたのBVBでの33ゴール目だそうですね。あなたはBVBでは448試合に出場していますが、これがBVBでユニフォームを着ての最初のポカールのゴールになります。あなたは火曜日の試合後に、このゴールが生涯最高のゴールではないと言っていましたが、重要なゴールではありますよね?


そうだね。とても美しく、そして何よりも重要なゴールだったよ。PK戦にもつれ込んだら何が起こるかは誰にもわからないからね。それによってベルリン行きの夢がまだ続くんだ。それを楽しむ事ができるね。

スポンサーリンク


2015040818474530e.jpg


ホッフェンハイム戦で大失敗をしたズボティッチは個人的に感謝してましたか?


もちろん水曜日にそれについて話をしたよ。でもネヴェンも自分でゴールを決めたからね。それにこれが起こるまでは良いプレーをしていたし。彼はもちろんとてもほっとしていたよ。僕自身もよく分かっているしね。ゴールを決めたと思ったら次の瞬間には難しい状況に追い込んでしまうというような事をね。


今シーズンは重要な転換となる試合がいくつかありましたが、あまり上手くいきませんでしたね。今回のような結果は勇気をもたらしますか?そして目標にむけてより安定感をもたらしますか?


まずはバイエルンでの敗戦の後に勝ったことが重要だね。この勝利で得た感情を持って帰ることがね。ホッフェンハイム戦はファンやチームにとってとても大きな結果となったし大きな一歩だよ。どうしても試合に勝ちたいという欲望を示せたと思うし、こうした上手くいかないシーズンでもそういう気持ちがある事を知ることができるのはいいもんだね。何かを獲得するために力を出せば良いんだ。そうした確信のようなものは勝利の後でより大きな物となったと思うよ。負けた時よりもね。


試合終了のホイッスルがなってからあなたは“夢を見過ぎるべきではない”と語っていますね。このシーズンがそうした幻想を奪ってしまったのですか?


僕らは大きな夢と希望をもってシーズンをスタートしたんだ。だけどブレーキがかかってしまった。だれもそんなふうになるなんて思っていなかったんだ。でも僕たちはまだ終わっていないよ。僕達が来シーズンもヨーロッパでプレーすることは経済的にも名声にとってもとても重要なんだ。


土曜日はグラートバッハとの試合になりますね。前半戦ではクリストフ・クラマーのオウンゴールで助けてもらいましたね。BVBは今度は自分たちの力で達成できると思いますか?


確かに11月のあの試合は奇妙だったね。僕たちは圧倒的だったのに自分たちで試合を決めることが出来なかったんだ。今週末は自分たちでゴールを決めなければいけないね。グラートバッハに支えてもらわないでね。



ドイツ第1放送の解説やメメット・ショルが試合後あなたのキャリアが今シーズンで終わらないように熱烈に呼びかけていました。それでもやはり決断はかわりませんか?


彼の評価を嬉しく思うよ。今はこの瞬間を楽しみたいね。




以上です。


それにしても彼のゴールにはしびれましたね。こういう試合を決するスーパーゴールが今シーズンは本当にありませんでしたからね。


さて今日はグラートバッハ戦ですね。グラートバッハは水曜日のポカールで延長の末3部のビーレフェルトに敗れてしまいました。火曜日に延長になった時には今日の試合を心配しましたが、条件面ではドルトムントの方が少し有利になりましたね。


確か2012年にドルトムントが優勝を決めた時の相手がグラートバッハでしたね。あの試合では香川選手がキーパーを交わして試合を決する勝ち越しゴールを上げ、クロップの喜びようが話題にもなりました。


今日は両チームとも疲労がある中での戦いになると思いますが、熱いドラマを期待しています。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_6046.jpg

仮装したガイドさん
ドレスデンには仮装したガイドさんが観光案内をしてくれます。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/04/11 18:43 ] 元BVB選手 | TB(-) | CM(4)
No title
あのミドルは感動したよ!
[ 2015/04/11 19:00 ] [ 編集 ]
やっぱりケールはキャプテン、精神的支柱
早くフンメルスもそうなってもらいたい
[ 2015/04/11 21:18 ] [ 編集 ]
No title
もう一年もう一年だけやって欲しい
[ 2015/04/11 21:21 ] [ 編集 ]
引退を決意した男がELへの望みを繋いだてのがドラマチックだなー
[ 2015/04/11 21:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。