ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ハノーファーに5対1で快勝!ゲッツェ、ロイスがゴール!《ドイツの反応》

【ビルト】

hakimi3.jpg

ドルトムント!ハノーファーに5:1で勝利!


これでドルトムントの選手たちは日曜の午後にリラックスしてバイエルンがどうなるか見ることができるようになった。ドルトムントを追いかけるバイエルンにはこれで大きなプレッシャーがかかる事になったのだ。


ドルトムントは、ホームで行われた試合で降格候補のハノーファーに5:1で勝利したのだ。ボルシア・ドルトムントが首位をキープしている。そして少なくとも24時間はバイエルンとの差が9ポイント差に広がっている。

スポンサーリンク


ハノーファー、大きなストレス!


ハノーファーの監督アンドレ・ブライテンライターはこれで解任間近となっている。2019年に入ってから2連敗。そして下から2番目だ。獲得したポイントは11ポイントだ。そしてドルトムントと戦えたのはたった半分だけだったのだ・・。


ドルトムントのキーパー、ロマン・ビュルキは開始69秒に素晴らしいセーブを見せて、ヘンドリック・ウェイダントを防いでいる。


しかしその後はドルトムントが徐々に良くなってくる。復帰したばかりのマルコ・ロイスが20分と22分にチャンスを得るも、ゴールポストに阻まれてしまう。24分にはゲレイロとハキミが夢のようなコンビネーションを見せてハキミが先制点をあげている。


後半に入ってからはドルトムントが7分間で試合を決めてしまう。卓越したロイスが60分に2:0となるゴールを挙げると、さらに67には4点目を決めたゲレイロにアシストしているのだ。その前にはマリオ・ゲッツェも3:0となるゴールを挙げている。



試合終了間際には、バカロルツが一点を挙げて、慰みとなるゴールを挙げたが、その後ヴィッツェルが5:1となるゴールを挙げている。




以上です。


今日は試合を見ることが出来ませんでしたが、下位のハノーファーにしっかり勝てて良かったですね。復帰したロイスがいきなり1ゴール1アシストを記録したようで、安心しました。この調子で最後までプレーしてほしいですね。


個人的にはゲレイロがサイドでスタメンに定着してきたのが大きいですね。ハキミとも連携が良かったようですし、ロイスとの連携が良いのはいつもの事ですから、彼の活躍にも期待しています。


しかしハノーファーは降格の可能性がこれでかなり大きくなりましたね。今シーズン移籍したばかりの原口選手への影響が少し心配ですね。



[ 2019/01/27 06:38 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(15)
なんか久々に肩の凝らないゲーム見た気がする。ゲレーロに任しておけばいくらでも崩してくれたから楽ちんサッカーだった。ゲレーロはいよいよワールドクラスのウイングになって行くかも?と思わせるゲームだった。
とはいえ、次は強敵つか難敵。今日のことはさっさと忘れてしっかり準備していいゲーム見せてもらいたいです。
[ 2019/01/27 07:08 ] [ 編集 ]
現代サッカーの花形は言うまでもなくウィング。
このポジションが崩しの主役になるのであって、中盤は第一にチームを安定させる存在でなければいけない。
何よりもタフで屈強でなければならない。
中盤にファンタジーやゲームメイクなど求められてはいない。
チームが脆くなるだけだ。

ファブレは本当にドルトムントを時代遅れから解放してくれた。
強いチームへと変えてくれた。
今後、世界のサッカーはよりハイブリッドな選手が必要になっていくだろう。
[ 2019/01/27 08:16 ] [ 編集 ]
前半戦よりもパスワークに磨きがかかった感じがありますね
それにしてもオーバメヤンやソクラテスが抜けたのにこんな強くなるとは。。。
監督ってほんと重要ですね
[ 2019/01/27 10:39 ] [ 編集 ]
何なんですかね、試合結果のコメントの少なさ
まぁほとんど試合を見てない人が多いのかと
それに比べて香川の移籍に関するコメントの多さ(香川への今までの貢献度がなかったような批判コメンとを含め)笑っちゃいますね
夏の日本ツアーどうなることやら・・
ハノーファーといえば前回対戦でドローでしたね
よく持ち直しました!
[ 2019/01/27 10:42 ] [ 編集 ]
久しぶりに僅差ではなく力で圧倒するサッカーで相手をねじ伏せるのを見ました。ゲレイロ、サンチョ、ロイスの2列目は良く周りが見えている選手が揃っているのでチャンスを本当に見逃しませんね。ゲレイロはずっと攻撃的なポジションが適性と言い続けてきたのでそれが証明されて嬉しいです。サンチョはあれで18ですもんね…。本当に化け物ですよ。デンベレも凄かったですが危険な位置でのボールロストが多く周りが見えていないことが多かったですが、彼はあの年齢にして凄く落ち着いていて冷静です。ヴィニシウス、ムバッペにも劣らない才能を持っていて個人的にはアザール二世だと思っています。
[ 2019/01/27 13:29 ] [ 編集 ]
 余裕でしたね。ロイスいるとチームの雰囲気が違う。ゲレイロも調子が良さそうで、シーズン後半も勢いを持続できそうで安心しました。
[ 2019/01/27 14:45 ] [ 編集 ]
へー 久々に快勝だったんだ
[ 2019/01/27 14:54 ] [ 編集 ]
強すぎる。面白すぎる。
このまま優勝へと行くでしょうね。
才能の塊のような選手たち。
監督の手腕、選手の把握やチョイスも完璧。
CLも大期待ですね。
世界中がドルトムントを注目しています。
[ 2019/01/27 19:15 ] [ 編集 ]
ショートカウンターが気持ち良く決まりましたね。
ゲッツェの0トップもかなり良くなってきていて、なぜ今まで中盤をやってたのか不思議です。

次の難敵フランクフルトにも勝ちたいね。
[ 2019/01/27 19:36 ] [ 編集 ]
久々に相手を圧倒し続ける90分間を見せてもらいましたね、降格圏の相手でしたが(笑)
ロイスはちょっと決定的なチャンスを外しすぎか?と思いましたが終わってみれば1ゴール1アシストとしっかりと数字を残していてさすがだと思いましたし、その彼の周りにいるサンチョ、ゲレイロ、ゲッツェも前半戦よりもかなり連携が取れていて綺麗な崩しが何回も見れました。
次のフランクフルトのアウェー戦は昨日のようには行かないとは思いますが、十分に勝てるチャンスはあります。難敵ライプツィヒとフランクフルトのアウェー戦で両方とも勝ち点3を取れたらいよいよ優勝を意識し始めてもいい頃だと思うので頑張って欲しいですね。
[ 2019/01/27 22:41 ] [ 編集 ]
まあ日本人サポが減るのは仕方ない。
[ 2019/01/27 23:26 ] [ 編集 ]
まあ香川がいないと日本人サポは減りますよ。仕方ないですね。
[ 2019/01/27 23:28 ] [ 編集 ]
仕事で観れなかったのですが快勝だったのですね。取り敢えず今シーズンだけでもロイスがマイスターシャーレ掲げるところが見たい。来期は来期でまた考え方をリセットして楽しみにしてます。
[ 2019/01/28 09:09 ] [ 編集 ]
まあこれでドルがダメダメって言うならともかく歴代最高の勝ち点積んでるから文句も言いにくいのよね。序盤はロイス壊れる、チーム悪くなるって言いまくってた人たち居たぐらいだし
[ 2019/01/28 20:24 ] [ 編集 ]
優勝まっしぐらですかね。日本にツアー来なくても安泰じゃないですかね〜。香川選手のファンが減ったところでロイスにゲッツェ大物アイドルがいますしね。アジアはひろいですから、韓国、中国、北朝鮮、なんかいいじゃないでしょうか?まるでアジア杯ですね笑
日本🆚イラン始まりましたよ
[ 2019/01/28 23:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。