ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「香川がバーゲンセール中!プレミアリーグも手を挙げるべき?」イングランド、プレミアリーグからも興味か?英紙《ドイツの反応》

【The Boot Room】


kagawa8.jpg

香川真司が260万ポンド!サウザンプトンにとって大バーゲン!!


どうやら香川真司がバーゲンセール中となっているようだ。この日本の国際的な選手はボルシア・ドルトムントでファーストチーム入りするために戦っていた。ビルトやブンデスリーガニュースが報じたところによると、この才能あふれる選手が約300万ユーロという少ない金額で手に入るとのことだ。

スポンサーリンク



その報道によると、香川が希望するのがスペインであることは明らかだが、今の所ラ・リーガのどのチームも香川に興味を示していない。


それではプレミアリーグのチームは興味があるというサインを送るべきだろうか。香川がうまくいきそうなクラブの一つがサウザンプトンだろう。


サウザンプトンはオーストリア出身のラルフ・ハーゼンヒュットルが監督を務めており、彼のスタイルではブンデスリーガでプレーした香川もうまくいく可能性が高い。


サウザンプトンはドゥサン・タディッチの代わりを見つけられたとは言えず、香川だったらその穴を埋めることができるだろう。この元マンチェスター・ユナイテッドのスターは中盤と攻撃の間でプレーすることができ、ここで大ヒットとなるかもしれない。


さらに日本人の吉田麻也がサウザンプトンでプレーしている事も香川を説得するうえでのユニークなポイントとなるだろう。


この29歳が260万ポンドで手に入るのであれば、それは大バーゲンであり、香川を獲得できればプレミアリーグ残留に向けての希望も大きくなるだろう。




以上です。


香川選手の移籍金が下がったことがイングランドでも話題となっていましたので紹介しました。サウザンプトンのクラブの名前が挙がっていますが、それはこのメディアの意見であり、実際に獲得に動いているとかそういうものではないですね。ちなみにこのメディアはイングランドサッカーを中心とした分析サイトで、2012年から運営されているようです。


プレミアリーグだったら給料を下げる必要はないでしょうから、今回の移籍金が下がったことであと数日で手を挙げるクラブが出てくるかどうかは興味深いところですね。





[ 2019/01/28 05:09 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(19)
スペインに行きたいからクラブも移籍金をさげただけで、プレミアに行きたいから移籍金さげた訳じゃないでしょうけどね

そこは勘違いしてはいけないのではないでしょうか
[ 2019/01/28 05:50 ] [ 編集 ]
ウエストハムとかレスターでも面白そう。現実味があるかどうかはおいといて
[ 2019/01/28 06:40 ] [ 編集 ]
選手が変わってないのにスタイルが変わるなんてほぼない。しかも言わなくても分かるくらいああいった戦術が染み付いたサウサンプトン
スペインが失敗したとしてもサウサンプトンはない
[ 2019/01/28 06:52 ] [ 編集 ]
香川の値段が下がったというのはガセだろ。この前のツオルクの話によると、残留でもなんも問題ないと言ってたようだけど、言い換えたら、移籍金はビタ一文マケないと言ってるのと同じだよ笑
相変らず、商魂だけは逞しいけど、闘魂のほうをたくましくして欲しいですよ笑
[ 2019/01/28 07:01 ] [ 編集 ]
移籍金が200万ユーロまで下がってるのも驚きですがそれで買い手がつかないというのは更に驚きです
個人的にはレベルが数段下がっても求められる環境でプレーしてほしいですね
[ 2019/01/28 08:13 ] [ 編集 ]
こんだけ待って待って待って…

真司さんがとりあえずでも笑顔やからなるようにしかならん‼️

ってのとあーまだなんかーいってのと行ったり来たりやけどさ💦
[ 2019/01/28 08:13 ] [ 編集 ]
長い間香川選手とドルトムントを応援してますけど、去年日刊スポーツでスペイン移籍願望を吐露したのだけは果たして本当にするべきだったのか疑問が残ります
普通選手が自分の移籍願望をメディアを通して公にするなんて稀ですし、そんなことをしても移籍に関して得をすることは何もないのではないかと思いました。またドルトムントに対しては自分から干してくださいって言ってるようなものでリスペクトにかける言動だと捉えられても不思議ではありません。実際その後大幅にターンオーバーしたCLアウェイモナコ戦でも帯同すらできずに現在まで徹底的に干されてしまいました。
今の状況から見てあの発言の当時にスペイン移籍が内定していたとは考えられないですし、なぜあんな百害あって一利なしの行動に出てしまったのか、未だによく分かりません…
[ 2019/01/28 08:27 ] [ 編集 ]
07:01さん
確かに「香川をいかなる条件をのんでまで放出する考えはない」ってところは気になりましたね
[ 2019/01/28 09:32 ] [ 編集 ]
プレミアも怪我人多発のクラブが多くて狙うなら同じようなポジションに怪我人が出たクラブでしょうね
[ 2019/01/28 10:00 ] [ 編集 ]
まぁ第一希望はリーガ
そこを徹底的にあたっているところ
香川はリーガが叶わなかったら別のリーグでもってことも話してたのでそろそろ別のシフトに変更している可能性もあるかな
[ 2019/01/28 10:28 ] [ 編集 ]
リーガが断トツの第一希望だろうけど
次どこなんだろ
ブンデスは通算7年もいて飽きただろうしプレミアも1度経験してるし、セリエとかリーグアンなんだろうか?
[ 2019/01/28 11:09 ] [ 編集 ]
上位3チームくらいしか年俸払えないような貧乏なリーガと金満プレミアを一緒にしてはいけません
香川はリーガに拘って受け入れ場所を探していただけ
[ 2019/01/28 11:13 ] [ 編集 ]
サウサンプトンですか
いかにも理論づけた記事ですが、それはないと思うな
[ 2019/01/28 16:17 ] [ 編集 ]
日刊スポーツのインタビューは受けるべきではありませんでしたね。
かなりの傷ですよ。
どうしてあんな事をしてしまったのかと…
[ 2019/01/28 17:05 ] [ 編集 ]
今となっては香川が日刊スポーツで話した事がプラスに働いているようには思えませんが、それでも香川自身が前を向くためにも必要だったのではないかと思います。それだけ難しい立場にいたという事です。そして代理人まで変えて再出発しようという意志表示でしょう。なので例え思い通りにならなくとも後悔はしないのでは。それに香川のサッカー人生って波乱万丈ですよね。上手く行くかと思えば監督交代があったりロシアW杯怪我で駄目かと思えば活躍するし。ファンとしてはハラハラドキドキさせられるんですがそれだけ魅力のある選手なので日本だけではなく世界中にファンがいるんだと思います。
[ 2019/01/28 18:29 ] [ 編集 ]
記事に関係はないですが。日刊の記事の善し悪しを言ってみても仕方が無いし、過ぎてしまった事、香川自身が納得してあんな良い表情でインタ受けていたんですから、自分のこれからのサッカー人生を考えての行動だと思うので、彼自身後悔はしないでしょう。マンU
に移籍した事も後悔してないと言ってましたしね。ファンとして彼がこれから先後悔しない選択をしてくれること確信しているので応援するのみです。彼のプレイからたくさんのワクワク感やパワーや笑顔を貰って幸せにしてもらっているのでこれからも陰ながら応援しますよ。本人の動画見るとメディアの内容とは真逆でポジティブな印象受けるんですが
なんだかなー?
[ 2019/01/28 21:41 ] [ 編集 ]
2019/01/28 18:29
同感です。
「失うものは何も無い…」って、スペイン移籍は彼の夢。今迄沢山の決まり事等、やりたくない事も素直にきっちり、やりきってましたよね。日本人としては歴代最高の経験と実績積んだんだから、リスク負ってもっと上目指して頑張るのも彼の覚悟でしょう。失敗したって、今迄の実績が無くなる訳では有りません。それに、平穏な日々なんて望んで無いのでは?常にぎりぎりのチャレンジと努力。スタメン争いや勝利への貢献度への評価とプレッシャー…そういうヒリヒリする麻薬に侵されていそう(笑)
[ 2019/01/28 21:47 ] [ 編集 ]
選手が覚悟をもって決断して起こした行動を、詳しいことを何も知らない第三者があれこれ言うのはおかしい
何の責任も持たずにそんな権利ないでしょう
どうなるかなんて選手が一番理解してるし、それでも起こした行動には本人なりの理由がある
周りが理解するかどうかなんて本人には全く関係ない
[ 2019/01/29 00:50 ] [ 編集 ]
批判する「権利」くらいはあるでしょう。
ここは日本ですから。
[ 2019/01/29 23:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。