ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元BVBキャプテン、ケール!「本当に心が痛いよ!だけど香川にとっては居場所がないんだ・・。」《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】


kagawa14.jpg



香川!移籍を希望!
ケール:本当に心が痛いよ。


香川真司はもうドルトムントで何の役割も担っていない。この日本人はドルトムントを去ることを希望しているが、ケールはそれに心を痛めている。


セバスティアン・ケールと香川真司がともにプレーしたのはまだ最近の事だ。香川がマンチェスター・ユナイテッドから帰ってきた2014/2015シーズンにも彼らはプレーしている。この日本人は、ルシアン・ファヴレの下でまったく役割を担っていないため、ドルトムントからの移籍を希望している。


スポンサーリンク




“本当に心が痛いよ。”とケールはSport1において語っている。“彼とは一緒にプレーしたからね。だけど現在我々には香川にとっての居場所がないんだ。彼はプレーしたいから移籍したいんだ。だけど彼はまだヨーロッパに残ろうとしている。”と現在プロ部門の部長を務めるケールは語っている。



しかしそこに問題がある。まだ香川は移籍先を見つけていないのだ。この29歳はスペイン移籍を希望しており、さらにFCセビリアレベルを希望しているとされている。しかし今それらのクラブを見つけることができていない。


ドルトムントは香川の意思を尊重し、移籍金を大幅に下げるつもりだ。“オファーがあったら友好的にそれに対応するだろう。彼が残る事になっても我々は別に怒ったりはしないよ。”とミヒャエル・ツォルクは発言している。


それはファンも同じだ。ドルトムントのファンたちは香川を愛している。それはもちろんユナイテッドに移籍する前の活躍に由来する所が大きい。彼は2010年にドルトムントにやってくると、いきなりリーガ優勝し、その次の年にダブルを達成している。ケールも一緒だった。


その後彼はマンチェスター・ユナイテッドに移籍しているが、プレー時間があまりもらえず、幸せにはならなかった。しかし彼はドルトムントに戻って来てからも、移籍前のパフォーマンスを発揮することができなかった。最近ではベンチ外が多くなっており、そのために移籍を希望している。




以上です。


ケールも今ではクラブ側の人間なので、これに関しては非常に難しい立場ですね。チームメートとして心を痛めているようですが、ケールには監督の起用に口を出すことはできませんからね・・・。香川選手が移籍することになっても、クラブ側とは良い関係を残したまま移籍できると良いなと思っています。













[ 2019/01/28 09:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(30)
>しかし彼はドルトムントに戻って来てからも、移籍前のパフォーマンスを発揮することができなかった。最近ではベンチ外が多くなっており、そのために移籍を希望している

何でこうなるんでしょうか?
2連覇の時が特別過ぎてこういう論調になるのかな、まぁ欧州ベストイレブンに選ばれたくらいですから
2年続けて骨挫傷や脳震盪とかで出遅れたのは無視ですか
昨シーズンもシュテッガー政権の元では結果残してましたが
ベンチ外が続いて移籍を希望しているわけでもなく香川の夢はリーガでロシア杯の前には日本のメディアにも移籍をほのめかすようなことをハッキリと言ってましたが
[ 2019/01/28 09:37 ] [ 編集 ]
香川の熱いリーガ移籍のために大幅に下げたんじゃないの?
どこのリーグでも同じだとは思わないな
[ 2019/01/28 09:45 ] [ 編集 ]
心を痛めてるのならわざわざチームに居場所がないとか話す必要もないと思います。結局クラブに利がある発言しかしないのは仕方ないですけどね。もちろん香川が冬に移籍志願したのは干されてるからなんですがその前からスペインに行きたがってた事実は言わず居場所がないから移籍したがってるという所だけ切り取られてるんですよ。功労者待遇にはしてくれてるようですが残念な気持ちは拭えません。
[ 2019/01/28 10:08 ] [ 編集 ]
居場所がないのは確実だけどプレイしたいから移籍したいってどういうことだケール?
日本での報道見てなければわからんだろうな
[ 2019/01/28 10:08 ] [ 編集 ]
ベンチ外が続き居場所がないから移籍を希望している って、こういうことを今までもずっとほったらかしにして、ネガのイメージを肯定的なイメージに修正することに尽力してこなかった積み重ねが今の状況を作っていると思う。
また活躍すればころっと世論も変わるだろうけれど、マンUは失敗(プレミア優勝、ファーガソンホーム最終戦 マンオブザマッチ)出戻り後貢献なし(昨年のCL権死守貢献等)などを事実かのように受け流してきてしまっており、このイメージを払拭するのは(イメージが大事なのは、活躍できる土台が盤石になるからであってイメージだけをきにするべきだとは言ってない)相当な困難を伴うと思う。自分の不甲斐なさを何かのせいにするのは情けないけど、ありもしないことで足を引っ張られるのはそのままにしておくことはよくない。ただ、今は訂正する好機ではない。時期を誤ると、さらに裏目にでる。好機を待ってしっかり修正してほしいと勝手ながら思ってしまう。それぐらい凄い選手だ。
[ 2019/01/28 10:16 ] [ 編集 ]
そこまで言うなら夏に出せば良かったのでは?としか思いませんが。
[ 2019/01/28 10:21 ] [ 編集 ]
ドルトムントファンだったのですが、もう無理ですね。
ちょっと飼い殺しにし過ぎじゃないですか?
[ 2019/01/28 10:30 ] [ 編集 ]
ツォルクおもしろいね
夏におそらく満額提示じゃなくてセビージャ移籍を拒否したんだろけど
また懲りずに満額提示を待っているようにしか思えない
何が移籍金を大幅に下げるつもりだよ(笑)
[ 2019/01/28 10:38 ] [ 編集 ]
昨年の日刊スポーツのインタビューは何だったんでしょうかね、てっきりスペイン移籍が内定してるのかと思ってました。
[ 2019/01/28 10:54 ] [ 編集 ]
確かにケールの立場だと難しそう
3シーズン一緒にプレーしたわけだし
[ 2019/01/28 11:27 ] [ 編集 ]
ツォルクの本音
『夏まで残ってくれないかな
日本ツアーが大失敗になりそうで』

まぁドイツ紙って他リーグに移籍希望したり他リーグへ移籍していった選手の悪口をいう傾向は昔からあるから(パパの件とか)
昨年も活躍したのになかったことにするのは理解できる
さすがに2連覇時のことは評価せざるを得なかったか 笑



[ 2019/01/28 11:32 ] [ 編集 ]
売りたい選手の評価を下げるような記事書いていいいの?
連覇の時しか活躍してないとか
ドイツ国内ではドイツ人の香川に対する評価はまだまだ高いので理解はしてると思うけど
ブンデス日本人では今でも一番有名人、干されてても公式サイトの日本人選手(紹介?)ではど真ん中
シュツットガルトの噂が出た時でさえ、高嶺の花でトップクラブからの獲得は無理みたいな記事もあったし
これを翻訳した他リーグのクラブはどう思うのか?

[ 2019/01/28 12:28 ] [ 編集 ]
>移籍前のパフォーマンスを発揮することができなかった。

移籍前と復帰後ではポジションも役割も違うのに何を言っているんだろうね

てか、ブンデスリーガのMFで香川よりも得点やアシストをしている選手ってどれだけいるの?

ドイツではMFのプレアシストは活躍には入らないの?


[ 2019/01/28 12:34 ] [ 編集 ]
ヨーロッパではもう厳しいかもしれないという評価なんですね…
[ 2019/01/28 13:05 ] [ 編集 ]
「出られないから移籍したがっている」という流れになっていることが、本当に腹立たしく思います。戻ってからも何度貢献したことか。
正直 ドルトムントにウンザリしています。
それを そのまま報道する日本のメディアにも もちろんウンザリです。
[ 2019/01/28 13:37 ] [ 編集 ]
まあ香川の年齢だと欧州から母国に帰る選手も多いですからね
あと数年で引退してもおかしくないので
ただ香川はJリーグに帰るつもりが無いようなことを言っていたのでこのまま直帰するという選択肢は無いのでしょう
それにもし帰るなら給料は今の半分どころか5分の1ぐらいでしょうね
セレッソ以外に帰るということはまず有り得ないのでラ・リーガの強豪以上に無さそうな話です
[ 2019/01/28 13:47 ] [ 編集 ]
【欧州&アジア主要リーグの2019年冬の移籍マーケット開閉期間(時間は現地時間)】

イングランド:1月1日から1月31日18:00まで
イタリア:1月3日から1月31日20:00まで
スペイン:1月2日から1月31日18:00まで
ドイツ:1月1日から1月31日18:00まで
フランス:1月1日から1月31日23:59まで

駆け込みでの移籍を期待しましょう!
[ 2019/01/28 16:10 ] [ 編集 ]
激しい玉突きが終盤になってヒートアップしたますね
最終日の駆け込み移籍も夏かなりあったのでまだまだ諦めませんよ
[ 2019/01/28 16:22 ] [ 編集 ]
バイエルンに6ポイント差つけての首位ターンでCLも勝ち上がってますからね
尚更監督には誰も何も言えないでしょう
ローンでも出場機会を得るクラブへ行き夏の市場へ向け再びアピールして欲しいです
[ 2019/01/28 16:41 ] [ 編集 ]
それにしてもプリシッチも香川もいなくなったらアメリカやアジア遠征は盛り上がりに欠けそうですよね。
[ 2019/01/28 18:18 ] [ 編集 ]
ケールは複雑だろうね
ケールと一緒に戦った選手も数少なくなってきてしまってるしな
[ 2019/01/28 19:10 ] [ 編集 ]
ケールはフロント側の人間で、クラブから去る選手を現役時代にたくさん見てるから、社交辞令コメントに思えますね
言葉通りの事を思っているとは思えません
[ 2019/01/29 06:17 ] [ 編集 ]
上の方のコメと一緒で、只の社交辞令ドルのイメージダウンにならないようにって感じがします。ほんとエゲツないですね。今までの流れからして異質に感じますし、日本のファンの1人からするとイメージアップのためなら何とでも言えるよね??功労者に対しての扱い方が日本人の感覚とは遠くかけ離れているんですねこのクラブもメディアも
[ 2019/01/29 07:08 ] [ 編集 ]
ケールのこの発言ですが、個人的にはそのまま率直な気持ちなんだろうと素直に受け止めています。
どんなチームでも世代交代、入れ替わりはありますし、それはケール自身も十分に経験してきた世界。
時が流れそれが香川の番になったとして、ツオルクもケールもかつての自分自身と照らして
充分に共感できる事だろうと思いますし。
ドルトムントと香川の関係は、それなりの信頼関係が築かれていると思っています。
少なくとも香川はデンべレやオーバのような強硬手段をする事は無いでしょうし、
フロントもファンも香川自身もドルトムントにおいてそうした事は望まないでしょうし。
香川のプレーを楽しみしているファンとしては、
ドルトムントで成功しチャンスを得て、挑戦し、成長し続けて来た香川が
これから先どんな国のどんなクラブでまたサッカーで魅せてくれるのか、
楽しみ待ちたいと思います。
希望ですが、個人的にはCLで別のクラブでドルトムントと対峙する香川、
別のクラブのユニでシグナルイドゥナバルクに立つ香川をちょっと見てみたいです。
その時ドルトムントの黄色い壁がどんな反応するのかも楽しみです。





[ 2019/01/29 22:19 ] [ 編集 ]
01/29 22:19さん

あなたはファンの鏡です。
[ 2019/01/30 01:34 ] [ 編集 ]
かつては香川とレヴァの台頭で功労者だった砂漠のジダンとバリオスが居場所を失ったんだよ
その時「功労者に対してとんでもない」と言ってキレてる人いました?
結局日本人だから贔屓目に見ていってるだけでしょう
スポーツの世界だからこうなってもしょうがない
残念だけど今回は香川の番だったというだけだよ
いつかはロイスですらこうなる時がくるよ 盛者必衰
[ 2019/01/30 18:44 ] [ 編集 ]
ジダンとバリオスの時に・・・
と言われても 香川のファンだから そう思わずにはいられないってのは、仕方ないんじゃないですか?W杯では活躍してましたし、「どうしてこんな思いを」って 皆さん思われてると思いますよ。
[ 2019/01/30 19:59 ] [ 編集 ]
香川ファンとはまた違う目線で見てるつもりだけど今回の干され方は盛者必衰とは違うでしょ
[ 2019/01/30 23:06 ] [ 編集 ]
バリオスとジダンはタイトル幾つ獲得しました?クラブにどれだけのマナーを残しました?また出場機会自体を貰えませんでしたか?
日本人ファンだから日本人選手を特別贔屓してるという趣旨のコメントをしている貴方を鏡で良く見てください、そこには日本人ファンだから日本人選手を特別冷遇する貴方が見えるはずです
ロイスが同じ目にあった時に対象がドイツ人選手でなければドイツ人のファンはきっと怒ると思いますが、これは個人的な意見なので水掛け論になってしまいますね
ですがドイツ人選手がドイツ人ファンに擁護される中で日本人選手が日本人ファンに特別厳しく扱われ、不平を訴えれば国籍も実績も違う選手を例に挙げられ仕方ないことだからと物分かり良いふりをするのは美徳ではない日本人の悪癖だと思います
[ 2019/01/31 09:42 ] [ 編集 ]
シュメルツァーが未だにブーイング食らってるし、そのシュメルツァーやシャヒンがフロント入りするんだろう?
ケールの奴もそうなっただけ
[ 2019/01/31 21:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。