ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!アシュラフ・ハキミの完全移籍は困難!レアル復帰が濃厚!《ドイツの反応》

【ビルト】

hakimi3.jpg


レアルがハキミをドルトムントに売却することはあるだろうか?


優勝争いをするためにも、ルシアン・ファヴレはアシュラフ・ハキミを起用しなければならない。


このモロッコ人はこれまでリーガで14試合に出場しているが、彼がプレーした試合ではまだ一度も負けていない。このサイドバックを外すことは今では考えられない事だ。しかしこれには問題がある。ハキミがこの活躍を続ければ、レアル・マドリッドは2020年にローンでの移籍が終了した時点でハキミを呼び戻してしまうからだ。


スポンサーリンク


ドルトムント:ハキミ・ジレンマ


マネージャーのミヒャエル・ツォルクはビルトにおいて、“現時点では、すでに契約にある通り、アシュラフはローン移籍が終わった時点でレアル・マドリッドに帰るとと見なければならない。”と語っている。


そうなったらドルトムントにとっては大きな損失だ。ハキミはそのプレーにおいてBVBの新世代となっているのだ。さらに彼のスピードは時速35.1Kmとリーガで最速でもある。ドルトムントが彼を正式に獲得したいのは決して不思議ではない。


ハキミの代理人は、“アシュラフはBVBでこのように成長するチャンスを得て非常に感謝している。”と述べている。“彼がドルトムントで居心地よく感じていることは決して秘密ではなく、ドルトムントに長くとどまる事も十分想像できることだ。でもそれが決まるのはもと先の事になるだろう。”と発言している。


彼が思っているのは2020年の事だ。そこでハキミの将来が決まるだろう。ハンス・ヨアヒム・ヴァツケとレアルのボス、フロレンティーノ・ペレスが仲が良いことは、BVBにとって有利となる可能性もあるが、ハキミはこの二人においてもっとも難しい移籍となるだろう・・。





以上です。

ハキミを引きとどめるのは難しでしょうね。このままの活躍を続けたら、当然次のステップはレアルになるでしょう。

ハキミは本当に今シーズンの発見ですが、ゴール前でロイスの邪魔をする場面も結構あるので、その辺での視野が広がるとさらに凄い選手になりそうですね。



[ 2019/01/29 17:43 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(3)
実を言うと、今のところ攻撃は申し分ないけどディフェンダーとしては弱点ある。対人に弱いから抜かれたらおしまい。抜かれた時の守備もマズイ。典型的な上がりたがりだから裏に行ったボール、裏に出されたボール処理が出来ない。ボールホルダーをライン際に持っていけない。基礎がいい加減な印象がある。ゲレーロより守備はヘタだし。もっともこれだから点に絡めてもいるんだけどね。
まぁセンターバックの守備のプレイエリアがかなり広いのスペインだったらこれでもいいとは思う。レアルのセンターバックみたいにサイドバックが開けた裏のポジションもケアしながらやれる人なんか結構いるからね。でも個々のポジションの対人重視でそれほどセンターバックのプレイエリアが広くないブンデスでやり続けるにはどうかな?つか、そろそろ対策取られるでしょ。
[ 2019/01/29 19:10 ] [ 編集 ]
ヴァツケとペレスが仲良しとは。なんか分かる気がする。
[ 2019/01/29 20:55 ] [ 編集 ]
ハキミはドルトムントにレンタル移籍決めたのは、カルバハルをお手本にしたからだと言ってたから、絶対に残らないよ。
カルバハルもレバークーゼンから一年で戻ってレギュラー獲得したしね。
[ 2019/01/30 07:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。