ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 原口元気 「素早い日本人」ドイツ紙特集記事

今週末に行われたヘルタ対ハノーファー戦を前に4月11日付け【ターゲスシュピーゲル】に掲載されました原口選手の特集記事になります。





20150413040627642.jpg


サイドアタッカーの原口元気はヘルタとブンデスリーガに定着した。この日本人は金曜日に行われるハノーファー戦にはスタメン出場すると見られている。


ヘルタのトレーニング場の一列目に座ったファンたちはすぐに納得した。ヘルタのファンたちは頷きながら観客席に座り、特別にこの左サイドでプレーする若い選手に興味を持って眺めていた。原口元気は走り、走り、走った。ラインを上に下に。シーズン開幕にむけて、何よりもこの新しく加入した日本人選手に注目は集まっていたのだ。左へ、右へ、左へ、右へ。


それはまるでテニスの試合のようだった。彼のヘルタにおける最初のトレーニングで原口は最高の賛辞を獲得したのだ。


その10ヶ月後原口元気はヘルタとブンデスリーガに定着した。4週間前のシャルケ戦(2:2)ではこの23歳はシャルケで自身初となるゴールを記録し、金曜日に行われるハノーファー戦でもスタメンで出場すると見られている。もちろんこれはエニス・ベン・ハティラの負傷があってのことでもあるが、原口元気にも言及することができる。

彼の外国での最初のシーズン、故郷から遠く離れたこの地で彼はようやくやっていけるようになったのである。原口は英語もあまり話せないので言葉においてはまだ難がある。だからJリーグからのブンデスリーガへの変化は大きなものであったはずである。原口はそんな言い訳をする事は特になかったが。しかしながら原口は人間的にもスポーツ面においても良い印象を残すことが出来たのだ。


201504130406294ab.jpg


“元気はとても良いやつだよ。”とファビアン・ルステンベルガーは言う。“控えめだけど難しくないし、とても協力的だ。もし仮に夜中の3時に彼の所に電話をして助けを求めたとしたら、彼は来てくれるだろうね。”とこのキャプテンは続ける。このルステンベルガーの印象は、ここ数年でアジア人、特に日本人がブンデスリーガに貢献してきた事とも一致している。日本人の気質はとても熱心な事で、まさに時代に先行している。現在ではブンデスリーガで12人の日本人がプレーしており、これはスイス、オーストリア、ブラジルに続いて4番目の数である。


ルステンベルガーは続けて言う。“元気がだんだん慣れていっている事がみていて分かるよ。彼が僕達のチームで心地よく感じることはとても大事だね。”

スポンサーリンク



20150413040630944.jpg


全監督ルフカイの下で行われたシーズンの準備トレーニングで、原口は既に注目を浴びる存在となっていた。ホームでの開幕戦となった対ブレーメン戦にはスタメンで出場することすら許されたのだ。そしてすぐにヨーロッパのサッカーの激しさを知ることになった。競り合いで彼は肩を痛めてしまったのだ。それによって彼は何週間もトレーニングをすることができなくなってしまった。“元気は素晴らしいスタートを切ったね。でも怪我の後では問題を抱えることになってしまったんだ。だけどそれは普通の事だよ。最近の試合では彼に何ができるのか見ることが出来たよ。”とルステンベルガーは続ける。


原口元気の生命線はその素早さ


サイドアタッカーとして原口の生命線はその素早さだ。しかしプレー面においても彼は左足において進歩を見せることができた。“彼は対戦相手にとってはとてもいやな存在だよ。”と監督のパル・ダルダイは語る。“彼はまあ控えの選手として今までもチームを助けてくれたんだ。”原口は今シーズン14試合に出場している。そしてダルダイは彼が定期的にプレーすればもっと良くなると確信している。ルステンベルガーも同様の意見で“彼は若いプレーヤーがそのポジションでできる事全てを持っているね。テンポ、創造性、試合に出る準備。彼の一年目はとてもちゃんとしているよ。”と語る。


原口はここに慣れるうえで、彼と同様にヘルタでプレーする細貝萌から多くの利益を得た。当時浦和レッドダイヤモンズでサイドバックとしてプレーしていた細貝は数年前に左サイドで原口とコンビを組んでいたのだ。細貝はベルリンでは中盤のポジションでプレーしているが、彼は原口にとって以前と変らず重要なままである。

“二人共互いに話ができるパートナーがいるのは良いことだね。”とルステンベルガーは語る。ダルダイ監督が監督に就任してから行ったことは、前ルフカイ監督がこの二人の日本人のために用意した通訳を解雇することだった。“僕も外国人としてプレーしドイツ語を学ばなければならなかったんだ。”とこのハンガリー人の監督は語る。“同僚と直接話すことが一番の近道だよ。”






以上です。


原口選手の調子が上がってきたようですね。ハノーファー戦でも先発で出場しました。ヘルタも気がつけばドルトムントと同じ33ポイントと降格圏から脱出したようです。
ここの所ベンチ外が続いている細貝選手が少し心配ですが、良い状態を取り戻してまた先発に復帰して欲しいですね。細貝選手の事を話題にすると彼の小さなファンの事を思い出してしまいます(その時の記事はこちらです)。
彼は細貝選手がみれなくてがっかりしているのではないかなあ。


【おまけ今日のドイツ】

20150413040632d79.jpg

木蓮
ここ数日とても良い天気で一気に花が咲いてきました。管理人が毎年秘かに楽しみにしているご近所さんの木蓮も満開でとても美しいです。窓からこんな景色が見られるなんてなかなか良いものですね。



ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/04/13 07:30 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(3)
原口元気もやっとチームスタイルに慣れ、出場機会が増えて来ているようですね!!後はFWに良いお薬のゴールをゲットできれば、チームから信頼も一層増し、そして自信もつきますね!きっと、元気はやってくれる!!!
木蓮キレイですね。こういう花を見ると、嫌な事も吹っ切れますよね~!!
[ 2015/04/13 11:44 ] [ 編集 ]
No title
細貝選手は入院してたんですね
ブログ見てびっくりしました
[ 2015/04/13 22:51 ] [ 編集 ]
No title
木蓮いいですね!
原口選手はシャレじゃないですけど元気なプレーが魅力だと思うので、これからも変わらずポジティブにやっていけばチームに欠かせない選手になると思います。
[ 2015/04/14 00:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。