ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!ドルトムントの若きタレントの獲得に動く!《ドイツの反応》

【ビルト】


Raschl.jpg


バイエルン!ドルトムントのU19キャプテンの獲得に動く!


今度はバイエルンも獲得に動き出した!


トビアス・ラシュルはドイツで最も人気がある若きタレントの一人だ。すでにグラートバッハが彼の獲得に動いていると報じられていたが、今度はビッグクラブも彼の獲得に動き出した。


BVBの至宝ラシュル!バイエルンとバイヤーも獲得に動き出した!


スポンサーリンク



ビルトの情報によると、この守備的中盤の選手の獲得を巡って、バイエルンとレヴァークーゼンも動き出したとのことだ。


ラシュルはドルトムント内部でも非常に高く評価されている。ルシアン・ファヴレはラシュルの大ファンだ。すでにファヴレは冬のマルベラでの合宿に彼を連れて行っている。さらにデュッセルドルフとのテストマッチでは先発でプレーさせているのだ。


それに加えてミヒャエル・ツォルクとラシュルの代理人はすでに話し合いを持ったとされている。ラシュルの契約はこの夏までとなっている。



しかしいったいラシュルのどこが良いのだろうか?


ドイツU19代表監督、ギード・シュトライヒスビアは、“トビアスは本当にボールの扱いが安定している。狭いスペースでボールを扱う才能が有るんだ。彼は、健康的な自身と、ポジティブな意味での傲慢さとの間で輝きを放っている。”とラシュルについて熱く語っている。


さらにシュトライヒスビアは“彼はスポーツ面でのレベルにおいて多くの状況を解決していくことができる。彼がプレーすると非常に軽やかに見えるよ。でもブンデスリーガでプレーするならば特に守備面でぶつかり合いがある事も学ばなければいけないね。”と続けている。


ドルトムント、バイエルン、グラートバッハ、それともバイエルンか?ラシュルをめぐるポーカーが始まった!





以上です。

ドルトムントとしてはバイエルンには選手をださないと発言したばかりですから、なんとしても契約延長にこぎつけたいところでしょうね。

それぞれのクラブが彼の獲得をプロチームで考えているのか、育成チームで考えているかまでは良く分かりませんが、その辺の内容が決断に大きく関係するでしょうね。最近は18歳でプロチームでプレーする選手も決して少なくないので、早くプロ入りしたいと思っても不思議ではありませんね。




[ 2019/01/30 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
ドルのU-19所属の選手だし渡したくないだろうな。
[ 2019/01/30 19:22 ] [ 編集 ]
今のドルトムントを見てるとユースの選手も早く逃げ出そうとしそうですけどね
[ 2019/01/30 21:21 ] [ 編集 ]
グラードバッハがいいね、どっちもユース使わないし。下手に在籍するとずっとマイナーで終わってしまう。出場チャンスはグラードバッハでしょ。ドルトムント監督やってた人もプレミアに流出してるし、内部で改革してるんでしょうか。
[ 2019/01/30 21:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。