ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川のモナコ移籍に破談の可能性が浮上!!モナコはトッテナムから選手を獲得!《ドイツの反応》

【スカイ】

kagawa 30

BVB:香川のモナコ移籍が破談になる可能性!


スカイの情報によると、香川真司はASモナコ移籍目前とのことだった。しかしここにきてこの交渉が破談になる可能性が出てきた。


これまでは後は細部を詰めるだけとなっており、モナコは、この29歳を夏に正式に獲得するオプションを取り付けようとしていた。


スポンサーリンク



しかしここにきて突如として交渉の先行きが不明となってきた。その理由は、モナコがトッテナムのジョルジュ・ケヴィン・ヌクドゥを獲得したためだ。


これが香川の移籍に影響を与える可能性が出ている。まだ正式な決断は交わされていない。


モナコのレオナルド・ジャルディム監督は攻撃的なミッドフィルダーの獲得を望んでいた。


2010年のダービーの英雄である香川はルシアン・ファヴレの下では役割を果たしておらず、今シーズンはブンデスリーガでの出場がわずか2試合のみとなっていた。さらにチャンピオンズリーグとポカールでそれぞれ1試合ずつプレーしている。




以上です。





ビルトがモナコ決定の報道をしてから4時間後(現地時間1月30日午後6時過ぎ)に、スカイが破談の可能性を報じています。モナコがトッテナムから攻撃的な選手を獲得した事が原因とされていますが、この報道からすると買取オプションに関してもまだまとまってはいない感じですね。まあ報道の内容がコロコロ変わっていくのも移籍市場最後の24時間ならではですね。

トランスファーマルクトの移籍の確率も79%まで上がっていますし、このままいけば決まると思いますが、最初にモナコ移籍の可能性を報じたのもスカイなので、そこが気になりますね。ちょっとドキドキしてきました。


[ 2019/01/31 05:26 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(9)
レキップが報道していますね…
そしてまたベシクタシュの報道が出てきています。

心臓に悪すぎます。
[ 2019/01/31 05:39 ] [ 編集 ]
2010年のダービーの英雄である香川

ずいぶん昔だし限定的だねw
まあ、こんな記事を読むのも最後だと思うと本当にうれしい
[ 2019/01/31 06:00 ] [ 編集 ]
この後にベシクタシュ合意の報道が流れましたね
モナコは無いだろうと思っていたので残留かベシクタシュの現実的なところに落ち着きそうですね
[ 2019/01/31 06:10 ] [ 編集 ]
これはもうマラガへ行けってことだよ。

香川はもちろん世界中の人々が俺の事情なんか知ったこっちゃないのはよく分かってるけど俺は今dazn使ってないんだ。wowowは加入してる。2部でもテネリフェ柴崎の時のように放送してくれると思うからマラガで頼む。
[ 2019/01/31 06:14 ] [ 編集 ]
ツオルクはブンデス内の移籍を禁じて、残ってもかまわないと言ってるので、残留争いやってるクラブには出さないでしょ?仮に出したら、島流し=追放と取られるよ。
それにスポテッチだってサンティティエンヌ行かせたんだし、香川を今のモナコではバランスとれないよ。
[ 2019/01/31 07:18 ] [ 編集 ]
現実的?
もし破談になったとしてもskyとか沢山のメディアが報じてたんだからモナコからオファーはあったのは事実。
なんで事実無視して下げたいの?
本当に理解不能。
[ 2019/01/31 07:44 ] [ 編集 ]
あのコピペじゃないけど
試合でるまで気が抜けない。。
トルコかねえ。
[ 2019/01/31 08:01 ] [ 編集 ]
モナコはもうなさそうだねトッテナムの選手取ってさらに似たようなポジの香川取るってのは考えにくい
[ 2019/01/31 10:28 ] [ 編集 ]
ヌクドゥより絶対香川の方が良いと思うんだけど日本人補正なのかね
[ 2019/01/31 16:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。