ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川をめぐるクレイジーな一日!ドイツ紙《ドイツの反応》

【ビルト】


kagawa56.jpg

ドルトムントのスタ-!ハノーファーを断る!

香川をめぐるクレイジーな一日


ハノーファーのホルスト・ヘルトにとっては、移籍市場の最終日までは割と落ち着いたものだった。しかし最後の最後でドラマチックな展開が訪れる。しかしハノーファーのマネージャーにとってはすべてが無駄に終わってしまった。


ハノーファーはセンセーショナルな移籍を目指して戦ったのだ。ドルトムントの香川真司を獲得するために!ボルシア・ドルトムントとはすでに合意に至っており、すでに契約書もできていた。しかし香川はイスタンブールに移籍してしまったのだ。



スポンサーリンク


16時58分にビルトが、香川がハノーファーを断ったことを報じている。その時点で香川はすでにイスタンブールでサインしていたのだ。


ヘルト:“残念だね。我々は全力を尽くしたんだが・・。”


香川の移籍を巡ってモナコ、イスタンブール、そしてハノーファーの間でドラマチックな時間が流れた。


水曜の夜には、ほぼ完ぺきだと見られていた香川のモナコ移籍が破談になってしまった。それを聞いたヘルトはすぐにドルトムントのツォルクに連絡を取っている。その時点でハノーファーの会長マルティン・キントも500万ユーロの予算を約束したのだ。

さらに昨日の午後、ヘルトは、“ボルシア・ドルトムントと香川のローン移籍に関して合意に至った。これは我々の大きな願いだ。あとは選手次第となる。”と発言している。その時点でベシクタシュも香川の獲得に参戦していたのだ。


トルコのチームはプライベートジェットを用意していた。


ヘルトは、“ベシクタシュはプライベートジェットを用意していた。香川はそれに乗っている。”と発言している。


仮に香川がハノーファーに移籍したとしても、今日のライプツィヒ戦でプレーすることは最初から除外されていた。しかしそれでもトーマス・ドル監督は彼の獲得を楽しみにしていた。“みんな彼が素晴らしいプレーヤーであることは分かっていた。”ドルによると、この獲得がさらなる勢いを与えただろうとのことだ。なぜなら経験豊かな選手はチームにとって重要だからだ。


しかし結局この移籍は破談に終わっている。香川はベシクタシュに決めたのだ。そしてハノーファーは補強なしで降格争いに挑む。


これは悔しい!!彼らはすべてを尽くしたのだ・・・。




以上です。

現代は「KAGAWAhnsinn」と香川選手の名前と狂気、クレイジーを意味する「Wahnsinn」が組み合わされていましたが、まあ「香川をめぐるクレイジーな一日と訳しました。」

ハノーファーはギリギリでも香川選手の行き先が決まっていない事をチャンスをとみて獲得に動いたみたいですが、決まらなくて残念がっていますね。

500万ユーロの予算を付けたようなので、結構本気だったと思います。

別な記事ではハノーファーのコメントなども出ていますので、また新たに紹介します。






[ 2019/02/01 17:49 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(8)
 移籍シーズンの最終日は面白いですね。私は好きですよ。
[ 2019/02/01 18:22 ] [ 編集 ]
とりあえずどういう使われ方するのかがね
監督も足掛け明言してる選手を主力としてチームに組み込む気はないだろうし
[ 2019/02/01 18:38 ] [ 編集 ]
管理人さん、速報がめまぐるしく変わるここ2〜3日、お疲れさまでした!
今朝も5時半頃、新しい記事がアップされているのに気づき
「管理人さん、すごい!!」と感動していました(笑)

そしてハノーファ。ここでやるというのも一つだったかもしれませんが、
長年ブンデスリーガでやってきたからこそ、環境をガラッと変えて
気持ちも新たに目標に向かうのも良いと思います。
買取OP付きじゃないとのことだから、
このままずっとトルコにいると決まったわけじゃないし。
スペインに向けて、まずは一歩一歩が大切だと思います!
[ 2019/02/01 18:47 ] [ 編集 ]
ブンデスには派遣してると思いますが、そもそもトルコリーグにスペインのスカウトは派遣してるんでしょうか?
[ 2019/02/01 19:41 ] [ 編集 ]
いやこの2日間はジェットコースターに乗ったような気分でしたよ。いつも香川はハラハラドキドキさせてくれますよね。そして香川はやっぱりスター選手なんだと思います。ハノーファーは本気だったんですね。格安とは言え500万ユーロは安い買い物ではないですから。香川なしだけど頑張って欲しいです。
[ 2019/02/01 20:56 ] [ 編集 ]
ハノーファーがもう少し早く名乗りを上げてたらまた違ってたかもしれませんね
モナコとの交渉が破談になったのもそうですし、タイミング次第というのを強く感じました


[ 2019/02/01 21:13 ] [ 編集 ]
トルコの地元記者の意見として、
最後にセルタク記者は、「私はギュネシュ監督が、非常に効果的な働きができる香川を起用していくと思う。香川がチームをオーガナイズ(組織化)することを助ける」と、香川がベシクタシュで重要な存在になっていけると、期待をこめて語った。
だそうです。
香川のレンタル料金は、半年で一億3千万円以上。怪我しているという情報も有りますし、練習してフィットする時間を考慮して、仮に13試合出たとしても一試合あたり一千万円以上。流石に一流選手ですね。数試合しか出さないとそれが何倍にもなりますから
、積極的に使おうと思っている金額ですよ。
香川の年俸はドルトムントが今迄通りの金貨払うそうなので、フロントも十分気を使ってくれてます。
[ 2019/02/01 22:37 ] [ 編集 ]
名乗りを上げるのがちょっと遅かったですねぇ^^;
まぁ、話があっただけでもファンとしてはうれしいというか、ありがたいことですけどね^^
[ 2019/02/01 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。