ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》大迫「自分に何が出来るか示すことが出来た!」ドイツ紙特集記事

昨日のブンデスリーガ、ケルン対ホッフェンハイム戦で大活躍した大迫選手と長澤選手のコンビですが、ドイツでは「日本パワー」の見出しで多くの新聞に取り上げられました。本日発売のキッカーより大迫選手関係の記事を紹介します。






【キッカー】

ハリケーン 大迫 


20150413175703b3d.jpg

ホッフェンハイムを相手に見せた素晴らしいパフォーマンスで大迫勇也はようやくケルンに到着したようだ。この日本人はディフェンダーのヨナス・ヘクターと同様に特別な賛辞に値する。


(前略)


今シーズン、ホームの観客を前にし、ベストなパフォーマンスとなったこの試合で最も重要な役割を果たしたのが大迫勇也だ。シュテーガー監督はこの日本人を負傷し、最近弱々しいパフォーマンスを見せていたデイヴァーソンに変えて先発起用した。大迫は2ゴールをアシストし、“雄ヤギ”攻撃陣に新たなレベルをもたらした。そしていつものように試合後も謙虚であった。


彼にとってはチームを助けることが出来たことが大事だった、と彼は通訳を通して語った。そして“今日は自分に何が出来るかを示すことが出来た。”と続けた。

夏に2部リーガの1860ミュンヘンからケルンに移籍してきた大迫は、ワールドカップ参加の疲れもあってか期待に答えられないままでいた。しかし彼はここ数週間、上向きのパフォーマンスを示し続けている。そして日曜日にはまるでハリケーンのようにホッフェンハイムの守備陣を一掃したのだ。“ユーヤとカズキを褒めなければならないね。”とキャプテンのマティアス・レーマンは語る。“彼らは本当に良くやっていたね。”

(後略)


スポンサーリンク


【ビルト】


日本のパワーとウチャがチームを救った!

20150413173913f39.jpg


前半戦もとてもクレイジーな試合だった。その時はケルンが4:3で勝ったのだ。
いったい誰がこのような試合をもう一度目にすると思っただろうか?


ケルンはまたしても3:2とホッフェンハイムを下したのだ。しかも69分からは10人で!


▶両チーム合せて48本のシュートが放たれた。ケルンが18本。ホッフェンハイムが24本である。

▶両チームともゴールポスト直撃のシュートを放った。

▶2つのPK。オルコフスキーはレッドカードで退場。そして試合終了2分前にもホッフェンハイムのゴール!クレイジーだ。


この勝利は一部に残留する上でとても重要だ。

シュテーガー監督:“3ポイントを獲得することは競争への圧力がより激しくなる事だ。”

例えこの二人が自らゴールを上げなかったとしても、大迫勇也と長澤和輝はケルンで最も重要な二人だった。

 この二人の日本人は彼らのパワーで絶え間なく相手を動揺させた。そして最初の重要な2得点に絡んだ。“彼らは新鮮な力を投入してきたね。それが決定的な要因だったよ。”とティーモ・ホーンは語る。

大迫は1:0となったPKを獲得した。そして2:0となった場面ではウチャにアシストをしたのだ。

▶キャプテン、レーマン:“大迫と長澤は本当に良くやったね。試合に勝ったのは彼らのおかげだよ。”と語る。

▶大迫“僕は自分に何ができるか示したかったんです。そして今後の試合ではもっと多くを示したいと思います。”


日本パワーとウチャがチームを救った。

シュテーガー:“ユウヤは我々がここ数週間で見てきた物を試合で証明してみせた。彼が道を見つけた事を嬉しく思うよ、そしてカズキは2部でもその創造性とテクニックを示していたしね。この二人は自分たちを誇りに思うべきだね。チーム同様に。”

ケルンはこれで降格圏から6ポイント差となった。

そしてまだ誰もこのことは口にしないがケルンはヨーロッパ圏内にも6ポイント差と近づいている。

シュテーガー:“我々はチームが秘めている力を全て出したんだ。素晴らしい試合だったし誇りに思うよ!”





以上です。久しぶりに日本人が大活躍のニュースでしたね。この調子を続けて欲しいです。

それにしてもケルンもドルトムントも33ポイントで降格圏とヨーロッパ圏までのポイント差が6ポイント。残りの試合は6試合ですから、これはなにか波乱がありそうですね。

上4チームはほぼ決まりでしょうが、ヨーロッパリーグと降格、何かドラマがありそうです。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1310.jpg


IMG_1312.jpg


日光浴を楽しむ

太陽が出るとみんな芝生の上で日光浴を楽しみます。音楽を聞いたり、本を読んだり、おしゃべりしたり、瞑想したり、人それぞれ太陽の下での時間を楽しんでいました。
きれいな景色もあるのでエルベ川沿いの芝生は大人気です。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/04/14 07:30 ] 大迫 | TB(-) | CM(4)
更新、ありがとうございます。
大迫選手、長澤選手活役凄かったようですね。長澤選手代表でも観てみたいです。ドイツの日常も楽しみにしてます。
[ 2015/04/14 07:54 ] [ 編集 ]
大迫半端ないって!
[ 2015/04/14 08:44 ] [ 編集 ]
その景色からの日光浴ハンパないですね!
日本では長澤選手の情報がほとんど入ってこないのでそちらも読んでいて楽しかったです。
日本選手が活躍するとやっぱり嬉しいですね。
頑張れ香川*^^)
[ 2015/04/14 13:38 ] [ 編集 ]
日本人の活躍の記事はとてもうれしいですね~。大迫は高校時代のヒーロー、そしてJリーグ アントラーズのゴールゲッター。長澤は知名度はまだ薄いですが、良い働きをし、チーム、監督にも認められ益々、出場機会が増えそうですね。ドンドン、日本人がブンデスリーガで活躍してもらいたい。
おまけの綺麗な風景が羨ましいです!

[ 2015/04/15 04:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。