ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハノーファー幹部!香川のハノーファー移籍が破談になった事を説明する!ミスではないことを強調!《ドイツの反応》

【Spox】


kagawa8.jpg

ホルスト・ヘルト!香川移籍が破談になった事について説明する!


ホルスト・ヘルトが香川真司の移籍が破談になった事について語っている。そしてこの件に関してハノーファー側にミスがあったことを否定している。



スポンサーリンク



“なにかで失敗したということではない。最終的には選手が二つの選択肢を有していたんだ。我々は自分たちにできることをしたし、できる限りのことをはやった。”とホルスト・ヘルトは金曜の夜にユーロスポーツにおいて語っている。


彼によるとドルトムントは、“非常に友好的に対応してくれた。だけど、彼はすでにイスタンブールに旅立っていた。”とのことだ。


さらにヘルトはドルトムントとの交渉の経緯についても語っている。彼によると最初にドルトムントに接触したのは、デッドライン(1月31日)の直前の夜のようだ。しかしベシクタシュの方が素早く、ヘルトによると、ベシクタシュは“決して手を緩めなかったんだよ。彼らはプライベートジェットまで手配したからね。”とのことだ。



香川はニーダーザクセン州の州都ではなく、トルコの首都を選んでいる。しかしヘルトは香川の選択に腹を立ててはいないようだ。“彼の決断だし、これは正当な権利だ。我々は彼を必要としているサインを送りたかった。これが我々にとって敗戦を意味するのかどうか、それはあまり重要ではない。”とヘルトは語っている。




以上です。

ハノーファーはドルトムント5:1で敗れた後で、ブライテンライター監督を解任し、トーマス・ドル監督を後任に置きましたが、昨日の試合ではライプツィヒ敗れていますね。

原口選手もチームに戻ってきますが、本当に厳しい戦いが続きそうですね。







[ 2019/02/02 19:00 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(13)
この辺はクラブの責任ではないですね。香川の選択です。

自己犠牲より自分を大事にして欲しかったですが、夏にはスペインが用意されてるわけではありませんので、香川はスペイン行きルートとしてドイツより、トルコルートが正しかったことを証明しなくてはならないだけです

[ 2019/02/02 21:50 ] [ 編集 ]
レンタルって書かれてるのになんでトルコが永久って話に皆なってるの
半年後にドル戻るの確定路線でその後また移籍探せばいいだけだろ
[ 2019/02/02 23:05 ] [ 編集 ]
今回は、直前ですがオファーを寄せてくれたハノーファーも有難かったですね。
ハノーファーはブンデスのチームでも比較的日本人選手を評価して
たくさん受け入れてくれてきたチームの一つですね。
今季は浅野、そして原口も居ますが、奮起して頑張って欲しいです。
[ 2019/02/02 23:19 ] [ 編集 ]
21:50

証明しなくてはならないとか、まるで義務みたいに香川に所詮一視聴者でしかない人が上から目線で強制するような発言をする意味がわかりませんね。
何様なのかと。

今の香川にとってハノーファーよりもベシクタシュの方が良いチームでありプレイしやすく魅力的なクラブだと思ったからベシクタシュを選択したということですよ。
行きたくもない魅力的とも思えないチームになぜ嫌々でも行かなければならないのでしょうか?
ただ単に香川にとってハノーファーは魅力的じゃなかっただけの話ですよ。
自分を大事にした結果の選択がベシクタシュだったということですよ。

香川にこうなってもらいたいという欲求が強すぎて、香川の意思を無視して、香川への自分の価値観の気持ち悪いくらいの押し付けになってますよ。
傍からみたらすごく迷惑な自分勝手な人間にしか見えませんよ?
[ 2019/02/02 23:20 ] [ 編集 ]
>2019/02/02 21:50
そんなこと他人が上から偉そうに言うまでもなく本人が一番よく解っているでしょう。
香川の人生なんだから本人の好きにすればいいだけ、何が正しいだの間違いだの周りがとやかく言う問題ではありません。

>2019/02/02 23:05
事情を知らない人か、単に煽りたいだけの人が混じっているんでしょう。
夏にスペイン移籍を目指すのは規定路線なので、恐らく代理人は既に動き始めていると思われます。
怪我が増えているのはネガティブなイメージに繋がっていると思うので、この半年怪我無く結果を出して欲しいですね。
[ 2019/02/02 23:34 ] [ 編集 ]
スカパー解約してしまってのでもうブンデス見られなくなってしまいました。正直日本人皆、余りぱっとしませんし…除く長谷部。
でもDAZNで早速ベシュタクジュの試合放送決まりましたし、早くも明日の試合に向けてアウェーに香川同行して先発予想になってました。
久々に彼の試合が見られると思うと急に嬉しくなり、トルコなら残留してくれ!なんて思った自分を恥じました。やはり香川のスタメン試合見たいです。いまから楽しみ!

ドルトムントも見れませんが、優勝して欲しいですね。ハノーファーも残留頑張れ!
[ 2019/02/02 23:57 ] [ 編集 ]
夏のスペインも保証されてないのに、トルコでプレーして夏にはスペイン移籍、と楽観的な話になってる人がいるのも解せない
[ 2019/02/03 00:08 ] [ 編集 ]
移籍なんてスペインだろうとどこだろうと保証などされてません。誰が楽観的になってるんだろう?
[ 2019/02/03 01:52 ] [ 編集 ]
あいも変わらず、上から目線で〜とか、人それぞれでいいじゃないですか?香川に対するファンの気持ちも其々、只々香川のプレイが見たい、ドルの香川が良かった、香川にはスペインリーガに行って欲しかったトルコには行くなんてありえない!半年活躍して夏にはリーガいけるでしょ?トルコからスペインに移籍そんなの無理でしょ?このまま引退までトルコでスター気取りでご満悦?笑神のみぞ知るですよね。幾ら努力しても実力があったとしてもどんなにファンが祈願してもなるようにしかならないのだと、香川さんの今回の移籍に勝手に疲弊して気づいた一人なので色んなファンの気持ちにダメ出しはどうなんでしょうかね。煽りやアンチさんは別ですが

[ 2019/02/03 07:23 ] [ 編集 ]
最初の報道が買い取りありだったのでトルコに向かった香川の気持ちが理解出来ませんでした。しかし買い取り無しではないと契約しないという香川の気持ちを知って安心しました。彼はまだ道のり半ばなんです。もちろん半年後に良いオファーが来るかはまだ分かりません。それでも大好きなサッカーが出来てチャレンジ出来るんですから応援したいと思います。
[ 2019/02/03 07:50 ] [ 編集 ]
2019/02/03 07:23
殆ど同感です。私も勝手に思いいれ強すぎて疲れた派です(笑)
でも、同じ思いの方をコメントで見ると嬉しくなり、ネガティブな嘘も混じったコメントを見ると「違うだろ!」って、正したくなりますから。例えば「買い取りオプション付きのローン料金無料!」とか「何処もオファー無かった」「ハノーファーの方がレベル上」とかね。
ベシュタクジュをCLやEL圏内迄持って行ければ十分良いオファー来るばずだと思うけど。少なくともハノーファーを降格圏内脱出させるよりも高くなる。ハノーファーだと守備が主だしね‥
他にも(モナコ以外も)良いオファーも有ったけど、買い取りオプション無しというのは難しかったらしいから…あくまでもスペイン(ちなみにスペインもオファーあるも条件合わなかったって日刊書いてた)
今夜の香川の試合、とにかく楽しみ、相手との勝ち点差殆ど無いから、活躍してしっかり勝たせて欲しいね。
[ 2019/02/03 07:54 ] [ 編集 ]
4大ではあるけど降格しそうな誰がいるかもわからないハノーファーと4大外ではあるけど
クロアチア代表のビダやら有名選手が多くることや強さならベシュクタシュを選らぶかな自分なら
半年契約の買取OPなら長い間実践の機会がなかったリハビリにピッタリ
管理人さんがご指摘したようにハノーファーなら降格して移籍のチャンスがあるのも事実ですけどね

[ 2019/02/03 13:19 ] [ 編集 ]
ある一定のレベルを設けてその範囲の中で夢を追いかける。日本人サッカー選手としての使命を背負うのも夢の一部と考え、王道を行きたいという誇りを持ってのぞんでいるのかなと感じれたので、どういう結果になろうともきっとファンが納得するかたちで落ち着くと今回の結末で思えたので、期待して応援していきたいと思います。最後は彼の熱意にまわり皆がほだされたように思えました。
[ 2019/02/03 18:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。