ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ロイスの夢のようなゴールにも関わらず、長谷部先発フランクフルトと引き分け!《ドイツの反応》

【ビルト】

reus21.jpg


ドルトムント対フランクフルト 1:1


ロイスの夢のゴールも勝利には届かず!



ドルトムントのファン達はフランクフルトとの1:1をまるで勝利したかのように祝った。


それも不思議ではない。なぜならバイエルンがレヴァークーゼンに1:3で敗れたからだ。これでドルトムントはバイエルンとの差を7ポイントまで広げている。

スポンサーリンク



フランクフルトのヨヴィッチ(14点)とハッラー(11点)対、ロイス(13点)とアルカセル(12点)の戦いだ。この試合では前半戦のフランクフルト戦で初ゴールを挙げたアルカセルがマリオ・ゲッツェに代わって先発でプレーしている。


しかし見ごたえがあったのはロイスだ!ドルトムントのキャプテンはたった6分の間に3度もチャンスを得たのだ。


22分:ゲレイロのスーパーソロからロイスガ左足でゴールを挙げる。これはまるで夢のようなゴールだ。しかしこのゴールの半分はゲレイロのおかげだ。ロイスも得点後すぐにゲレイロを指示している。


23分:ヒンターエッガ―の蹴ったボールがローデにあたる。弾かれたボールをロイスがシュートするもこれは外れている。


25分:ロイスが11メートルの距離からシュートするもバーに阻まれる。


信じられない。このドイツ代表選手は今シーズンすでに11ものビックチャンスをはずしている。でもその反対に、彼はそのキャリアにおいて46回も1:0となる重要なゴールを挙げているのだ。


フランクフルトも試合に戻って来る。36分にヨヴィッチがカンフー・ジャンプで1:1と同点ゴールを挙げたのだ。このセルビア人はこれまで97分に一回のペースで得点している。20試合以上プレーした選手の中では最高の得点率だ。


アルカセルは85分にフリーキックを放つもそれは惜しくも外れてしまっている・・




以上です。


今日は後半から試合を見ましたが、フランクフルト良かったですね。後半はほとんどドルトムントのチャンスはありませんでした。ドルトムントはまた中央に人がいないという状況になっていましたね。ここは改善してほしい所です。

ローデはもうフランクフルトで定位置を獲得したようで良かったですね。これまで1年以上プレーしていなかったとは思えないぐらいの存在感でした。やっぱりバイエルンに移籍するぐらいの物はもっている選手ですから、また復活してほしいですね。





[ 2019/02/03 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(10)
フランクフルト完全に対策してたよね
これ後半戦ドルは大丈夫なんだろうか?
トルコから香川レンタルバックとか恥ずかしいから辞めてくれよ
いるメンバーで上手くやりくりしてくれファブレ
[ 2019/02/03 06:11 ] [ 編集 ]
やっぱ長谷部たちは難敵だった。
前半は立ち上がりから押し込まれて15分くらいまではミスも連発で全然ボール持たしてもらえなかったけど、ゲレーロが1人で作ったチャンスをものにした。ただし、その後はゲームをコントロールされっぱなし。特に後半はボール持たされてゴール前でまともに前すら向けなかった。バックのフォメーション自在に変えられて攻撃のコンビネーションがバラバラにされた。
まぁバイエルン負けたからこれはこれでいいけど、あと3ゲームややこしい相手が続くのでしっかり乗り切ってもらいたいですよ。
[ 2019/02/03 06:37 ] [ 編集 ]
長谷部さん流石ですね。ローデもドルでは使って貰えなかったのは実力では無かった事証明してほしいです。
[ 2019/02/03 07:01 ] [ 編集 ]
アウェーのフランクフルト相手ならまあまあだったんじゃないかな結果は、それ以上に今日バイヤンが負けたのがでかい。もうほぼ優勝決まったレベル勝ち点6差と7差ではそのぐらいに違う
[ 2019/02/03 07:32 ] [ 編集 ]
ここまでうまく守れるのもフランクフルト含めて2、3チームしか居ないだろうし後半戦もこのままいけそう
[ 2019/02/03 08:28 ] [ 編集 ]
いやーフランクフルト気合い入ってましたね バイエルン倒したポカール決勝みたいな出来でした。
こういうきつい試合でもゲレイロが崩しきってしっかり勝ち点1確保できちゃうあたり今季のドルトムントは強いです。
[ 2019/02/03 11:46 ] [ 編集 ]
バイエルンが負ける時に勝ちきれないのは勿体ないですね…。それでも勝ち点差は1広がっているので良しとして切り替えるしかないと思います。まずは負けない事とホームでは絶対に勝つことが優勝への最低条件です。それにしてもフランクフルトは去年のコヴァチでポカール獲得して上り調子でしたが、監督が代わり今年はまた1からかな?と思いましたがより強くなっていますね。ELでもラツィオ、マルセイユと同組だったのにぶっちぎりで1位突破でしたから、数年前までのフランクフルトを見ていた身からするとちょっと信じられないですね。そう考えるとアウェーのフランクフルトは普通に難しい相手なので引き分けてしまった時にバイエルンが負けたという事で運が良かったというか…。このあとは過密日程でホームではポカールでブレーメン、リーグ戦でホッフェンハイム、アウェーでCLのトッテナム、リーグ戦に戻りアウェーでニュルンベルク、ホームでレバークーゼンという中々に難しい相手が続き疲労も溜まる中でキツいとは思いますが、ここでドルトムントというチームの真の力を試されると思うので頑張って乗り切って欲しいですね!! ここで躓くようじゃ優勝は難しいでしょう。
[ 2019/02/03 13:48 ] [ 編集 ]
フランクフルト相手にこの結果は上等だと思う
しかしフランクフルトは組織化されたチームだな~
何かセリエのチーム見てるみたいだよ
長谷部はあれ止めれなかったの以外は本当に統率含め完璧だったんじゃないか
敵として見たら凄いうざかったw
今のドルトムント相手によくここまでのクオリティ示したと思う
[ 2019/02/03 23:17 ] [ 編集 ]
ドルトムントはただただ個人頼りの戦い方している印象だな
フランクフルトはチームで戦ってる感じでいいね
[ 2019/02/04 00:38 ] [ 編集 ]
ドル相手に上出来だったフランクフルトは評価出来るがドルが強いは?ってなるな
そんなに期待値低いクラブだったか?ドルは
それともフランクフルトがCLでベスト8に入るようなクラブに認定されたってことか?
[ 2019/02/04 17:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。