ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》大迫・長澤:ケルンの日本ラインは大当たり!またしても独紙で特集

この間の試合で大絶賛された大迫選手と長澤選手のコンビですが、今日も特集記事が出ましたので紹介します。今回はWDRという西ドイツ放送のニュースになります。




ケルンの日本ラインは大当たり!


FCケルンはホッフェンハイムに対してホームで今シーズン最高のパファーマンスを見せた。その大部分は大迫勇也と長澤和輝の日本人攻撃デュオによるもので、彼らはこれまでのケルンの力ない攻撃陣に活力をもたらした。

201504150425023f9.jpg


これまでに大迫勇也と長澤和輝が揃ってブンデスリーガでプレーしたことは殆どなかった。第20節の対パダーボーン戦で長澤が途中交代で出場して、彼らは20分に渡って力を示すチャンスが与えられた。0:0と終わったその試合では彼らが目立つことは特になかった。


大迫が批評家を黙らせる!

しかし日曜日に行われたホッフェンハイム戦では違っていた。FCのトレーナー、ペーター・シュテーガンは彼の日本人二人を先発で起用したが、それが大当たりとなったのだ。長澤の右サイドと何よりもウチャ(ウジャ)の隣でセカンドトップとしてプレーした大迫がケルンの攻撃陣に物すごい活力を与えたのだ。最終的にこの攻撃陣はセンセーショナルな活躍をみせ、これまでにケルンがファンに見せていた悲しむべき活躍を埋め合わせるに相応しいものであった。それはデータが示している通り、シュート数42というリーガ記録を樹立した。(ケルン18本、ホッフェンハイム24本)こんなに多くのシュートが放たれた事はブンデスリーガにおいては未だかつてなかった。



“ユウヤとカズキは褒めなくちゃね。”とFCのキャプテンマティアス・レーマンが試合後に語った。“彼らは本当に良くやったよ。”特にストライカーの大迫はケルンのユニフォームを着てから最高のプレーを見せた。“大迫はハンパなかった。彼がどんなクオリティーを持っているか批評家たちも分かったに違いないね。待ってたかいがあったよ。”とケルンのスポーツディレクターのイェルク・シュマトケも語っている。

スポンサーリンク


フィジカルが再びベストな状態に

ケルンのファンたちは、実際にテクニックに優れて機知に富んだ日本代表選手が、フィジカルに優れたもう一人のストライカー、アントニー・ウチャを補うまで忍耐強くなければならなかった。大迫はワールドカップで3試合中2試合に出場した後、数試合はケルンでも良いプレーを見せたが、徐々にフィジカルが低下していった。


2015041504250354a.jpg


夏に準備トレーニングに参加しなかった事が顕著に現れていた。冬になってようやくこの攻撃の選手は力を蓄えることができたのだ。そして今その結果が現れている。それに加えて彼の妻と子どもがケルンに住んで、共に居心地が良いと感じている事もその原因とも言えるだろう。この25歳は何よりもそのアシストで説得力のある活躍をみせたが、この大迫は昨年の夏までは2部の1860ミュンヘンでプレーしており、その前は日本での記録保持者である鹿島アントラーズでプレーしていた。


次からも試合に出ることを勧める。


大迫は試合では同郷の長澤から大きな利益を得た。長澤は大迫の背中を支え、時には自ら攻撃にアクセントを加えていた。そして昨年に大学から直接プロ選手となった初めての日本人である長澤もようやく体調が整ってきたようだ。この素早い中盤の選手は前半戦で負傷してしまっていたのだ。


この二人の日本人が今度の土曜日に行われるヘルタ戦で出場するかどうか、この数日でシュテーガー監督は決めるだろう。デイヴァーソンやペシュコ、ハルファーなどの選手はまずは立て直さなければならない。大迫と長澤はいずれにせよ次もスタメンで出場するための最高の証明をしてみせた。




以上です。


ここの所日本人選手の特集が組まれることはあまりありませんでしたから、嬉しいですね。

日本のサッカーメディアでは、毎週試合後に必ず掲載される地元紙などの寸評を元に“大絶賛”や“酷評”などと記事が書かれているようですが、こうした記事から活躍が紹介されることは殆ど無いように思います。

でも、寸評でいくら大絶賛されても、よほどのインパクトを残さないとこうした個人に焦点を当てた記事が書かれることはありません。今日掲載した記事以外にも大迫選手に焦点を当てた記事がまだいくつかあります。こうしてドイツで話題になって特集記事が出ている事実(というか雰囲気というか)を少しでもお知らせできればと思います。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_6084.jpg

鈴蘭水仙
ドレスデンを散歩していたら鈴蘭水仙を見つけました。とっても綺麗で心が豊かになった気がしました。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/04/15 07:33 ] 大迫 | TB(-) | CM(6)
アントラーズファンとしては、大迫はまだまだこんなもんじゃない!と言いたいですが、調子を取り戻しつつあり嬉しい限りです。
今後、長澤選手と素晴らしいコンビが見れることを期待してます!
[ 2015/04/15 13:01 ] [ 編集 ]
No title
長澤やっと戻ってきたね。ケルンを2部から1部に昇格させた活躍を見せていたので復帰を心待ちにしていた。MFならどこでも使えてゲームの組み立てができる選手なので今後の活躍が楽しみです。
[ 2015/04/15 14:13 ] [ 編集 ]
No title
>大迫はハンパなかった。

さりげなく何言わせてんのwww
[ 2015/04/15 21:33 ] [ 編集 ]
No title
大迫半端ないw
やっぱ、いいなこのフレーズw
[ 2015/04/16 06:44 ] [ 編集 ]
次節もスタメンで起用されるといいですね
まあ、途中出場でもいいけど同時起用されて欲しいです
そして、また大活躍!の記事が見れる事を!
[ 2015/04/16 11:14 ] [ 編集 ]
No title
これを継続していければ本物だけどまだまだだよ
[ 2015/04/18 00:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。