ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

PSGトゥヘル!SDのエンリケと争い!エンリケがわざと移籍を破談にさせた?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

tuchel8.jpg

PSGスポーツディレクターと争い!


エンリケがトゥヘルの移籍を意図的に破談にした疑い?


PSGでの移籍騒動の真相が新たに明らかになった。


ここ数日トーマス・トゥヘルとスポーツ・ディレクターのアンテ―ロ・エンリケが新加入をめぐって争っていると噂になっていた。トゥヘルは公の場で何度も新しい選手の補強を要求していた。しかしPSGが獲得できたのはレオナルド・パレデスだけだ。


スポンサーリンク



スポーツ・ディレクターのエンリケはどうやらティアゴ・メンデス(リーユ)とルチアーノ・アコスタ(DCユナイテッド)の獲得を希望しており、すでに交渉を進めていたようだ。しかしトゥヘルがこの移籍に反対の意を唱えたようだ。


元BVBコーチのトゥヘルは彼らの代わりにエヴァートンのイドリッサ・ゲイユの獲得を望んでいたのだ。フランスのメディアが報じたところによると、エンリケは自分が望む選手を獲得するために、この移籍を意図的に破談にさせたとのことだ。さらにエンリケはこの夏からジョゼ・モウリーニョがPSGの監督に就任することを希望すると、トゥヘルに向かった語ったようだ。


トゥヘルはエンリケとの関係に関して土曜日に意味深に語っている。“私には私の考えがあるし、彼には彼の考えがある。我々はクラブにとって最善を尽くさなければならない。ここ最近の出来事が最高の策であったかどうかはわからないね。”


いずれにせよクラブ内ではトゥヘルの方が明らかに内部サポートを得ているようだ。PSGのボスたちはトゥヘルを残したいとされている。そしてエンリケの代わりに元アーセナルのヴェンゲルを連れてきたいとされている。





以上です。

最初から関係が悪いとされていたこの二人ですが、結構ひどいところまで来たようですね。しかしスポーツディレクターが監督の希望した選手を意図的に破談させるなんて、もしこれが本当ならひどい話ですね。エンリケはバイエルンのボアテンの獲得でも交渉が下手くそだったようで、バイエルンの幹部に名指しで批判されていますね。



[ 2019/02/04 19:00 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(6)
中島はどうなるんでしょうかね……
[ 2019/02/04 19:44 ] [ 編集 ]
 監督とSDは立場が違うので短期長期の視点の違いなどで意見が合わないのは珍しくない。さらに双方のコネクションの付き合いの違いなんかもあるでしょう。意見を調整できないのは二人の協調性と上司である社長さんの問題ですかね。協調性の高そうなヴェンゲルならうまくやっていけそうだ。
[ 2019/02/04 19:58 ] [ 編集 ]
02/04 19:44
流石にパリ行きはないですよ
ポルトガルとは云えタイトル等の実績もない上に二十代半ばですから
五大中位クラスなら声はあったと思いますが
カタール経由となるとそれも厳しいかも知れません
[ 2019/02/05 01:26 ] [ 編集 ]
ひょっとすると中島ってトゥヘル案件なんじゃないかな
トゥヘルは日本人選手信頼してるしな
岡崎は勿論だけど香川も別に冷遇されてたわけではないからな
スタメン固定する監督じゃないだけで
[ 2019/02/05 03:10 ] [ 編集 ]
いやいやなら香川取るでしょ
そもそも中島の身長と守備じゃIHは無理
サイドはネイマールムバッペディマリアドラクスラーエンクンクがいるし若手の19歳フランス人もいるからね
トゥヘルだって控えとして日本人獲得するなら年齢も若くて少し薄い右の堂安の方がまだ可能性あるよ
[ 2019/02/05 05:09 ] [ 編集 ]
「日本人」だからどうこうはないんじゃないですかね。レネ・マリッチを引き上げたことからもわかる通り、実績や人種ではなく能力で判断する方かと
記者が日本人についてどう思う?とトゥヘルに訊ねれば当然、岡崎や香川を例に褒めてくれるでしょうけど…
たぶんこの質問は日本人についてはあんまり良い印象は与えないんじゃないでしょうかね、周りの外国人記者にも
なんかすごく田舎者な感性。(田舎のひとにも先進的なひとはたくさんいる
[ 2019/02/05 13:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。