ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「香川真司!我々の心をガッシリ掴む!!」特集記事!《トルコメディアの反応》

Molatik

kaga8.jpg



日本のサッカー選手が我々の心をがっしり掴む!

香川真司!


セニョル・ギュネス監督は、移籍市場が閉まる最後まで、もう新しい選手は獲得しないと発言していた。しかし香川真司というワールドスターを獲得することに成功している。この獲得はベシクタシュにとっても香川にとっても突然で、まったく予期せぬものだった。


香川はマンチェスター・ユナイテッドとボルシア・ドルトムントで素晴らしい時間を過ごしている。しかしそれと同時に苦難の時期も経験している。香川はドルトムントに復帰したにもかかわらず、なかなか成長するチャンスがなかったのだ(※今シーズンの事なのか復帰後の事なのか、その辺は不明だが後の文章から想像すると今シーズンだと思われる)。


スポンサーリンク



香川がプレーしなくなってからは結構時間が経っている。香川が最後にドルトムントでプレーしたのは2018年の9月26日の事なのだ。彼は残り28分間プレーし、その試合以降は、厳しい状況を受け入れなければならなかった。


しかし香川は3か月もプレーしていなかったにもかかわらず、3分間で結果を出して見せたのだ。トルコに加入したこの選手にとってはこれは素晴らしいスタートだった。そしてベシクタシュも香川も両者ともこの結果を必要としていた。


日本の笑顔



仕事に対するモラルや日常生活でのモラル、プロフェッショナル性は日本の選手すべてが備えているといっても良い。そしてその最たる例が2018年のロシア・ワールドカップでの出来事だ。

wm.jpeg



日本代表はベルギー代表と対戦し、最後の2ゴールでその夢を打ち砕かれたが、そうしたショックな出来事の後に、日本代表は控室を掃除し、ロシア語で“ありがとう”というメッセージを残して去って行ったのだ。



そしてこの行動は世界中で評価されている。悲しみにも関わらず、控室を汚れたままにするのではなく奇麗にして去って行ったのだ。


しかし実際の所この行動は日本人にとっては普通の事なのだ。サッカーだけでなく、すべてのスポーツ選手がこのように振る舞うのだ。



最初に長友、そして香川

wm2.jpeg


すでにガラタサライがインテルから長友佑都を獲得しているが、彼が来たのも香川と同様に偶然だった。長友がガラタサライにやってくると、彼はまるでここで定期的にプレーしていたかのようにプレーしている。彼はプロフェッショナルとしてチャンスに備えてきちんと準備をしていたのだ。


そして香川真司もプレーしていなかった時間が長かったにも関わらず、しっかりと準備をしていたことは明らかだ。



今は外国人枠に関する議論が起こっているところだが、それはまずは横に追いやろう。これからもお金のために外国に行く選手もいれば、エレン・アルバイヤク(元トルコ代表)が日本に移籍したりする選手、もしかしたらエネス・ユナルがトルコに戻って来るという事もあるかもしれない。でも今は香川や長友のようなスターがトルコにやって来ているのだから、まずはリーガを楽しもうじゃないか。




以上です。


最後の段落はちょっと背景がわからず分かりづらかったですが、国内でプレーするトルコ選手が減ってしまうという問題があるのかなあ、と推測して文章をまとめました。


今日になって香川選手を紹介する長めの記事が沢山出てきましたね。


結構マギーをとりあげるメディアが多く、多くのトルコ人が彼女のファンになっているという報道もあったりと、いろいろですね。あまり裏を取らずにばんばん報道するのがトルコスタイルなのかもしれません。


まあその辺が分ってくれば、それはそれで楽しむことができると思います。



[ 2019/02/05 17:41 ] 香川 | TB(-) | CM(13)
この移籍はフロント主導だったのでしょうね。監督のコメントからも推察できます。監督の本心は見抜けませんが、デビューの洗礼は心を動かすのに充分だったのではないでしょうか。ベンチも皆喜んでたし。練習見て、どうしてきたの?!と思ったかも。棚ぼたでしょう、間違いなく。
[ 2019/02/05 17:56 ] [ 編集 ]
あらマギー広がってるのねえ。前から思ってたけど、香川さんはこれはトルコメディアのインタビュー受けて否定しといた方がいいですよ

○年前にインタビュー受けただけで、恋人だと言われてる、おまけにAV女優が恋人だとか言われてた事もあったけど、噂ってすごいですねえ、とぼけた感じで否定しといた方がいいとは思うんですけど

いつまでもマンチェスター時代のゴシップなんか引きずっててもマギーにも迷惑をかけるでしょう
(マギーは芸能人なので、名前が売れればよしとするんでしょうが、トルコの人ってインスタとか突撃しまくるから訂正しないとマギーのインスタが香川が訂正しないせいで攻撃されっぱなしになりそう)
[ 2019/02/05 18:10 ] [ 編集 ]
 外国枠の問題はどこでも議論されてる事ですねぇ。Jリーグのファンはみんなトルコ人選手を歓迎すると思いますので、どんどん来てほしいです。個人的にはトルコ人をアジア枠扱いにしてもいいくらい。
[ 2019/02/05 18:50 ] [ 編集 ]
管理人さん、トルコメディアを沢山翻訳して下さり感謝!まぁ、香川以外の日本人は、ぱっとしないから(除く長谷部)記事も少さそうですけど…

今メルケル首相が来日してますが、ドイツと日本の関係について「国の距離は遠いが、人間性や考え方は近い…」的な発言してました。なんか納得しますね、長谷部も香川もドイツに居る方が落ち着く位だと言ってましたし、感覚的ににているのかもしれません。
そういう意味で、トルコは国の距離はドイツよりも近いが、人間性は遠い…と、個人的には思ってしまいました。
でも違うからこそ、そこに驚きや感動も有ると思いますし、トルコと日本の良い関係が更に進む事を願います。
[ 2019/02/05 18:56 ] [ 編集 ]
マギーしんじ?
しんじ繋がりでなのかな
[ 2019/02/05 19:35 ] [ 編集 ]
まぁ「ある方向に意図的に誤解させる」報道よりはマシかな、と。
フェイクニュース!との指摘を避けたい、いわゆる先進国はこの種の報道が多くなってる印象です。
しかし、ちょっと調べれば簡単に分かりそうなものですが、トルコは裏を取らないんですかね……(笑)
[ 2019/02/05 19:53 ] [ 編集 ]
先日のベシクタシュでの香川選手のデビュー戦、
日本では日曜深夜午前1時からでしたがリアルタイムで見ていました。
両チームとも時間の経過とともに、連携が雑になりボールが両陣営を行き交う
かなりオープンな展開でしたが、眠い目を擦りながら最後迄見た甲斐がありました。
スタートにしてはちょっと出来過ぎのような気がしますが、この際本当に良かったです!
何よりインスタグラムやツイッターで、シュメやバイグルといったドルトムントのチームメイトが
祝福のコメントを直ぐに寄せてくれていた事が本当に嬉しかったです!

これから香川選手がどのようなシステムのどのようなポジションで役割を担うのかは分かりませんが、
10番でと言う事になれば、遠慮なくゴールを目指して得点する事が第一の仕事になるかもしれません。
しかも試合見た感じやはり守備的にはチェックも甘く中央かなりスペースがある気もしました。
こんな事を言うと失礼かもしれませんが、これは香川選手が調子を上げるには丁度良いかもしれません!
もっともそのうち2枚3枚とチェックが入る対策が取られるようになるかもしれませんが。
今は期待感しかありません!引き続き応援したいと思います。






[ 2019/02/05 19:54 ] [ 編集 ]
02/05 17:56
でしょうね、モナコが買取り無しだったらリーグアンに行ってただろうし、トットナムの選手との交渉が難航してたら香川側の条件を飲んだであろう事は副会長が来た時点で間違いないでしょうしね
[ 2019/02/05 21:36 ] [ 編集 ]
よく知らないチームだったがヴィダもカリウスもチームメイトでグティまでいたな
[ 2019/02/05 21:59 ] [ 編集 ]
この情報がマギーに伝わって、実際にいい感じになったらいいなぁ(笑)彼女はバイリンガルだし、世界中転戦しても適応できそう。二人ともそろそろ落ち着いていいしね。
[ 2019/02/06 01:00 ] [ 編集 ]
夏から監督が熱望してたって記事が前から出てますよ
[ 2019/02/06 01:31 ] [ 編集 ]
監督切望とか記事になって、監督が「?誰?」っていうケース、飛ばしがない香川はほぼないけど他の選手は嫌という程見てますし、トルコはかなりそういうの多そうとみな気づき始めてますよね。監督から入団発表後、ゴール後、待ち望んでいたというコメがなかったし。監督としての威厳を保つというのもあるかもですが。ただ実際見て「!」っと思ったはずだし、これから絶賛コメ連発来るはずです。それだけの選手なのはみなさんご存知のはず。
[ 2019/02/06 11:15 ] [ 編集 ]
マギーのインスタみたらトルコ人ばっかりだった笑
[ 2019/02/06 16:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。