ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「こりゃあ恥ずかしい!」ドルトムント!ヴィツェルの“かつら”を販売し、ファンの間で大論争に!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

witzel.jpg


“こりゃあ恥ずかしい!”ボルシア・ドルトムント!ファンショップで新たなグッズを販売!
ファンの間で大きな論争に!



アクセル・ヴィッツェルは非常に独特なヘア・スタイルだ。彼はここ数年にわたってアフロを貫いている。


そしてその容姿は、最初からドルトムントファンに気に入られている。これまでも何人かのファンがアフロのかつらをかぶってスタジアムにやって来ている。もちろんユニフォームは背番号28だ。


スポンサーリンク



そしてどうやらBVBはこれで一儲けしようとしたようだ。


BVB!ヴィッツェル・スタイルのかつらを販売



月曜日からドルトムントはヴィッツェルのかつらを販売している。そしてそのアフロのかつらは10ユーロもするのだ。そしてこのかつらはBVBの公式動画でも取り上げられている。アクセル・ヴィッツェルが車でドルトムントにやってくると、そこにはアフロのかつらをかぶった人がいたるところにいたのだ。



しかしこのビデオは多くの議論を呼んでいる。


“これは全然面白くもないし、単に恥ずかしいよ。”ととあるツイッターユーザーは書いている。さらに“今はカーニバルじゃない。”という意見も見られた。“このようなクズは早くネットから消去すべき”という声も上がっている。


しかし逆にこれを良いと思っているファンもいるようだ。“そんなに真面目に考えるなよ。楽しみがなくなってはならないよ。僕らはアクセルが大好きでフィーバー中なんだ。”と答えている。



ヴィッツェルはこの夏中国から移籍するとすぐにブレイクしている。






以上です。

pre.jpg


問題となったビデオを探してみましたが、見つけることが出来ませんでした。しかしこの商品はドルトムントのホームページ上で見つけることが出来ますね。

まあ確かになんでも商売につなげようとする事に関して嫌悪感を抱く人はいるかもしれないですね。これはこれで悪くないと思いますが、個人的にはドルトムントのマスコット、エマの帽子の方が良いと思います。


[ 2019/02/05 20:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(6)
 グッズが売れたほうがチケットの値上がりを抑えられるのですけどね。プロスポーツは興行なのにクラブや選手がお金儲けするのを嫌うスポーツファンはどの国にもいます。そういう人達はそういう考えに至る個性的な思想をお持ちなのでしょう。

 私はエマの等身大ぬいぐるみが欲しいです。
[ 2019/02/05 20:20 ] [ 編集 ]
アフロといえばフェライニさんなんだよなあ、というわけでもっとボリューミーなカツラなら購入を検討したいところだね
[ 2019/02/05 22:05 ] [ 編集 ]
昔バルデラマが好きで、私当時売ってたカツラをいまだに持っておりますが、何か悪いのでしょうか・・・
[ 2019/02/05 22:07 ] [ 編集 ]
動画はBVBのTwitterにあがっているものだと思いますよ。
個人的には批判する点などないと思います。
嫌なら買わなければいいだけでしょうに。。
[ 2019/02/05 22:14 ] [ 編集 ]
ドイツの物価考えたら安いと思うけど、個人的には面白いと思いますし、あっても良いかな
[ 2019/02/06 03:49 ] [ 編集 ]
見た目が…。かりんとうですか?(笑)
[ 2019/02/06 05:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。