ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ポカールでブレーメンにPK戦で敗れる!さらにロイスに負傷離脱の可能性‼《ドイツの反応》

【Tオンライン】

reus23.jpg


ドルトムント!キャプテン・マルコ・ロイスが負傷!


ドルトムントのファンにとっては、ポカール敗退は大きな痛手となったが、それだけではない。マルコ・ロイスに離脱の可能性があるのだ。


ボルシア・ドルトムントで負傷したマルコ・ロイスが大きな心配事となっている。“太ももの筋肉が閉まったような感じになってしまった。土曜日のホッフェンハイム戦でプレーできるかどうかはまだ何とも言えないよ。”とこのキャプテンはブレーメン戦の後で語っている。

スポンサーリンク



ドルトムントはPK戦2:4でブレーメン敗れているが、ロイスはすでに前半終了後に交代を余儀なくされていた。“(プレーを続けるには)リスクが大きすぎたんだ。”とミヒャエル・ツォルクは語っている。しかしすぐにロイスが復帰する事を願っているようだ。“たぶんそれほど悪くはないと思う。”と語っている。


さらにルシアン・ファヴレ監督も似たような見解だ。“マルコが土曜日にプレーできると祈っている。でもまだそれははっきりしていない。明後日にそれを確かめるよ。”


ロイスにほかにはサンチョ、シュメルツァー、そしてビュルキとヒッツにも離脱の可能性がある。この4人の選手はブレーメン戦では風邪のために欠場したのだ。それに加えてピスチェクも負傷しており、ホッフェンハイム戦での出場はまだわからない。


ロイスはポカールでの敗退について、“今日の僕たちはいくらか愚かだった。”と隠さずに語っている。ボルシアは延長戦では2度も相手をリードしたが、119分に3:3に追いつかれてしまった。“もっと泥臭くプレーしないといけないね。”とロイスは語った。





以上です。

昨日は試合が終わったのが11時半をすぎていましたので、更新せずに寝てしまいましたが、残念でしたね。ロイスの前半終了間際のフリーキックは素晴らしかったんですが、ブレーメンを相手に結構やられていました。まあキーパーはスーパー・セーブも見せてくれましたし、責めることはできないでしょう。


ブレーメンのクルーゼは結構怖かったですし、ピサロのあのゴールは40歳とは思えない反応でしたね。



フランクフルト戦に続いて勝てませんでしたから、次のホッフェンハイム戦では結構プレッシャーがかかりますね。このまま悪い流れにならないと良いのですが・・。。




[ 2019/02/06 16:53 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(12)
ロイス負傷、ディレイニー累積、シュメ、ピスチェク微妙、アルカセル不調、両キーパー病み上がり、ホッフェンハイム戦ちょっと危ないですね。

例年こういう時に香川が返り咲いてベテランの貫禄でデンベレやプリシチ、サンチョやダフートと言った若手を仕切る場面ですが、もう居ませんからね。ゲッツェやヴィッツェルのベテランシーに期待しましょう。
[ 2019/02/06 17:18 ] [ 編集 ]
これで逃したらシャレにならない
[ 2019/02/06 17:54 ] [ 編集 ]
後半戦は疲労も蓄積するし怪我も増える。ウイルス性の風邪や胃腸炎も増えてくる時期なのでチームも総力戦になりますね。控えメンバーがどれだけ奮起できるか。ロイスは無理しない方が良いですよ、無理して長期離脱になったらそれこそ最悪のシナリオになってしまうので。
[ 2019/02/06 18:46 ] [ 編集 ]
ポカールはDAZNで見られるので、12月にスカパー解約以来久々に試合見ました。
なんか、90分間は創造性の欠片もない退屈な試合でしたね。シュート迄もいけない、崩せない…シャヒンが頑張っているのが見どころみたいな(笑)
前半44分あたり、なんかあのチャントが聞こえて来て音量上げましたが、もうそれにしか聞こえなかった。「♪カーガワシンジ、シャララーシャララーラ…」居ないからまさかですけど、香川不足を痛感した試合。皆さんも見直し配信で確認してみて(笑)

ピサロさん御年40歳ながら、テクニックと創造性をもたらしてくれた延長戦。ピサロ入ったら守りばかりのブレーメンが生き返った様でしたし、試合事態が面白くなりましたね。そしてテクニシャンらしいゴール。香川も同じタイプなので、ヨーロッパで長く活躍出来そう…
後ろの離脱者多かった割に、守備は悪く無かったですが、スペース無いと攻撃手段無くなるのは課題。プリシツチはゴラッソでしたけど。
香川、長谷部と続いたポカールトロフィー、大迫が続くと良いですね。
[ 2019/02/06 19:16 ] [ 編集 ]
GKエルシュレーゲルにとって、これ以上ない最悪のタイミングのデビュー戦でしたね。
よりによってトーナメントのポカールで、勢いのあるブレーメン相手とは。。

本当に自信がなさそうで、ブレーメンのGKパブレンカとは雲泥の差で、
PK戦になった時点で負けを覚悟しました。

ビュルキもヒッツも出られないのはきつかったですね。
ピサ―ロのゴールは、ビュルキならもしかしたら止められただろうと感じました(勿論難しいですが)。

管理人さんの言う様に、決定機を止めたり、良い働きもありました。
ブレーメンももう、ドルトムントの攻略法が分かっていたので(ファブレは今後どう修正するのでしょうか)、
GK一人のせいではないです。

ビュルキも数年前は、こういう頼りなさが漂っていて、変なミスもありましたが、
今は頼もしくなったし、エルシュレーゲルにもこれから頑張って欲しいです。

と言うか、香川がベシクタシュに移籍した途端、ドルトムントへの反応が薄くなった様な。。
気のせいでしょうか笑

[ 2019/02/06 19:33 ] [ 編集 ]
ロイズのコンディションがおかしくなるのが一番怖いですね
今シーズンでは一番しんどい時期になるかもしれません
CLの決勝トーナメントも近いですし頑張ってほしいところです
[ 2019/02/06 19:53 ] [ 編集 ]
ゲェッツェの良さが全くわからん
[ 2019/02/06 21:39 ] [ 編集 ]
選手個人のファンではなく本当のドルサポの方々いわく他選手の時間を削ってまでゲッツェを出場させたのはターンオーバーとしてチーム力上げるためだと前から散々聞かされてきたんで今さら驚きはしませんね
その人たちは香川がいなくてもゲッツェダフードがいれば大丈夫とも言ってたんで外野からのんびり見させて貰う所存です
選手個人のファンとしては是非とも優勝して頂いて夏には香川を円満に解放してくれれば皆にとってwinwinなんで更に嬉しいですね
[ 2019/02/07 05:42 ] [ 編集 ]
またですか。恒例の失速は勘弁…。
[ 2019/02/07 05:51 ] [ 編集 ]
いつもの事と言うよりファブレさんの凝り固まった選手起用ではなるべくしてなったと言うかよく持った方じゃないですかね。香川を抜きにして優勝かぁとか思っていましたが、香川がトルコに行ってしまった事でドルが好きで香川とメンバーが好きで見てましたが、執着が取れました。まあ自分の事はどうでもいいですね。
ロイスは一人で頑張り過ぎに見えます。
[ 2019/02/07 12:32 ] [ 編集 ]
この試合も退屈だったならシーズンインから全く変わってないって事だしね
ただドルトムントは有り得ないほど良い結果を拾ってるし、それはバイエルン含む各チームが落ち込んでるだけだから、運だけは非常に良いよね
本当は初戦でジャイアントキリング喰らって消えてたはずなのに、良くここまで持ったような

それといい加減、後ろで横にだけ簡単なパス出してるヴィツェルに岡崎見たいな奴でマンマーク付けてイラつかせれば良いのにって思う
こいつのパス数が異様に多いのにブンデスリーガの各チームは放置しすぎ

最後にドイツの反応よりドルトムントの反応だったけど、今は香川への反応になってる様な
一昨々年くらいのクリスマス辺りの後書きでの菓子の話とかは面白かったなーと読み返そうと思ったけど、記事は消えていくんだねー
[ 2019/02/08 04:22 ] [ 編集 ]
香川いなくなってドルトムントへの反応薄くなるのは仕方ないでしょうね。

ゲッツェ優遇、有望株転売の連続で信用なくしていたところに香川不遇と来たら例え今季のチームの成績がよくても日本人としては興味なくしていきますよ。

自分もかろうじて追ってますが今のドルで好きな選手はロイス一人、正直この先は記事は見ても試合をフルで見る機会は減っていく気がします。
[ 2019/02/08 18:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。