ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール監督クロップ!新たなマリオ・ゲッツェを絶賛!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


GOY.jpg


リヴァプール監督!新たなゲッツェを絶賛!



ワールドカップ選考外、シーズン序盤のドルトムントでのベンチ外!マリオ・ゲッツェは苦しい時期を経験したが、そこから力強くなって帰ってきた。10月に入ってからこのワールドカップ優勝者が出場を逃したのは、風邪で休んだ1試合だけだ。ユルゲン・クロップも彼の成長には注目している。そして彼を称えるコメントをしている。




スポンサーリンク



“マリオは今もこれからも素晴らしいプレーヤーだ。今では経験も加わっている。”とこのリヴァプール監督はスポーツビルトに対して語っている。“それに彼は待たなければならないという事も学んだだろうね。彼は今戻ってきたし、後半戦は思い切ってプレーできるだろう。嬉しいね。”と語っている。



ゲッツェはユルゲン・クロップの下で2011年と2012年のリーガ2連覇に大きく貢献している。ミッドフィルダーとして。ルシアン・ファヴレの下ではワントップでプレーしているが、どうやら新たな居場所を見つけたようだ。







以上です。


ポカール戦でのゲッツェを見ましたが、確かに前よりもスピードが戻ってきて、だいぶ走れるようになったというような印象を受けました。ただ偽9番とは言え、トップの位置でプレーしているので、やはり得点をあげることに期待したいですね。もっとペナルティーエリア内で、ドリブルでしかけてシュート打ってほしいです。




[ 2019/02/07 19:18 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)
 やっとって感じですけすけど、状態が回復して良かったです。BVBの経営陣は安堵のため息を吐いていることでしょう。でも、状態が悪かった頃のゲッツェを使わされた監督には同情しますよ。
[ 2019/02/07 19:39 ] [ 編集 ]
確かに一時よりは良くなりましたね。
でもポカールでは、ロイス怪我してから彼がトップ下になったのに、サイドに流れてばかりでゲレイロが窮屈そうになり、そのうちゲレイロの方が中央に寄っていて…
ゲッツェはファブレに呼ばれて何か言われてその後、また中央に戻りましたがロストしたりしてまたサイド行っちゃって、結局フィリップとトップ下交代でした。
もうトップ下は出来ないのかもね…まぁファブレも我慢してゲッツェ残してればPkで負ける事は無かったかな、結果論だけどね。
[ 2019/02/07 20:24 ] [ 編集 ]
ゲッツェはクラブだけではなくメディアも再生を待ってくれてるんですよね。他の外国人選手ならドルを離れてると思います。なので気長に行けば良いんじゃないですか。
[ 2019/02/07 20:38 ] [ 編集 ]
442のトップでロイスと2人で偽9番やらしてるけど、パコというサブの切り札も予想通り使えなくなって来てるようだし、ちょっとした賭けではあるんでしょうが、そろそろホンモノの9番やらしてもいいんじゃないですかね?守るにしても誰かが爆発的に点取らないと優勝は厳しいでしょうし、やれんのはゲッツェしかいないでしょ?
[ 2019/02/07 22:05 ] [ 編集 ]
いやドイツの将来を考えりゃゲッツェにさせるよりフィリップにさせた方がためになるだろ?ロイス同様フィリップも脆いが交代してからのフィリップは良くやってたし年齢も考えりゃフィリップ活躍させて他国に売るなり代表に呼ぶなりさせないと、バイエルンが落ちてる今どこがドイツを支えるの?

未だにブラジルW杯引きずるとか正直いつまで期待してんの?カタールで30歳にトップさせんの?って呆れるわ
[ 2019/02/08 06:05 ] [ 編集 ]
パコが使えなくなってるんではなくゲッツェと合わなくなってるだけ
香川も最後はゲッツェと同時起用されると下がり気味になって攻撃的に行けなくなってたのと同じ
いくらキレが戻ってきてても持ち味の得点能力は戻らず上位クラブの9番に必要な運動量と守備力は足りてない
まだロイスパコに助けられてるんだから楽観視するのは早いしリハビリ起用を賞賛するのは時期尚早
というか対戦するわけでもないリバポの監督に何故ゲッツェの質問をするのか
モウリーニョに関係ない会見で香川の事を聞いた記者くらい図々しいね
[ 2019/02/08 07:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。