ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ホッフェンハイム戦でポイントを引かれる可能性あり!ペナルティー!《ドイツの反応》

【スカイ】

bvb23.jpg


BVB:ボルシア・ドルトムント!ポイントを引かれる可能性!


ドイツサッカー協会のスポーツ裁判所が、ホッフェンハイムでドルトムントファンの行動を厳しく監視すると発言した。ファンたちの行いによってはボルシア・ドルトムントのポイントが引かれる可能性がある。


スポンサーリンク



これは、これまでBVBのファンが繰り返し行ってきたホッフェンハイムのオーナーであるディートマー・ホップに対する侮辱行為が原因となっている。BVBのファンはこれまでバナーやプラカードを作ってホップを攻撃していたのだ。


スポーツ裁判所の代表、ハンス・ロレンツはルーアナッハリヒテンに対して、“我々は成果を上げるために、別な手段を講じる用意がある。ポイントを差し引くことも考えている。”と語っている。


これまでもBVBには様々なペナルティーが課せられたが、その成果はあまりなかった。9月に行われた試合では、銃の照準の中にホップの顔が描かれている。


それに対してホップは、その人物をホッフェンハイムのスタジアムから締め出している。さらにドイツサッカー協会はドルトムントに5万ユーロの罰金を科し、さらに観客を保護観察下に置いていた。


ロレンツは、“もしこの間と同様に侮辱的なプラカードが掲げられた場合はポイントを差し引くこともあり得る”と発言している。しかし“スポーツ面での結果に影響を及ぼすことは我々にとっても最後の手段だ。しかしその可能性がないとは言えない。そうならないことを願っている”と語っている。



以上です。


これまでもドルトムントのファンの行いでクラブは何度もペナルティーをくらっていましたが、とうとうポイントを差し引く手前まで来てしまったようですね。効果がある事に期待したいですね。



[ 2019/02/08 09:16 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(6)
こんな奴はファンではないね
[ 2019/02/08 09:27 ] [ 編集 ]
ポイントを引くというのは初めて聞いた、こういうのもあるんだな
まあこれ半分事実もう半分はドルのポイント下げることで優勝争いを混戦化させて盛り上げようとしてんのか?と邪推してしまうな
[ 2019/02/08 11:40 ] [ 編集 ]
これは当然ですね。
韓国が国際試合でやってる「葬式プラカード」もこれくらい毅然と対応してほしいと思いました。
[ 2019/02/08 11:58 ] [ 編集 ]
プンデスリーグサポーター、特にドルトムントサポーターはライプチヒやホッフェンハイムの様な金満の人工的クラブを毛嫌いしていますね。まぁそれがドルトムントらしさなのかもしれません。そういう感覚そのものが、以前は理解出来ませんでしたが、管理人さんのおかげで、ドイツサッカーの歴史や文化を学ぶきっかけになり、勉強になってます。
ランゲニックの事を私をは尊敬していますけど、どちらのクラブにも深く関わっている彼を、ドルトムントサポーター的にはどう思っているのかは興味有りますね。
[ 2019/02/08 13:45 ] [ 編集 ]
ポイント没収の前にまずは無観客試合じゃないのかな?
[ 2019/02/08 14:12 ] [ 編集 ]
ドルトムントのBMG化やゲッツェの重用が会長や副会長見たいな奴らの思惑だったのには抗議せず、外に向かってだけイキってるのはシニカル
ホッフェンハイムやハノーファ、レッドブル辺りの資本家のチームは気に入らないって事なのかな
むしろ50+1ルールを止めて国際化し競争力を高める為には上記のチームの力が必要なのでは?
[ 2019/02/09 06:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。