ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ベシクタシュ香川!スタメンデビュー間近!ドイツ紙は中央でのスタメンを予想!《ドイツの反応》

【リーガブラット】


kagawa70.jpg

香川!ブルサスポール戦でのスタメンデビュー間近!


香川真司は、アウェーでのアンタルヤ戦で夢のデビューを飾ったが、土曜日に行われるブルサ戦ではスタメンデビューすると、皆が予想している。さらにセニョール・ギュネス監督もそれを隠しはしない。


香川は2分間で2ゴールを挙げるという、メガ・スタートを切ったが、ベシクタシュのファンにとっては今でもそれは衝撃だ。そしてファンはホームのヴォーダフォン・パークで行われる試合での香川ショーを期待している。



スポンサーリンク



香川真司はアンタルヤ戦では11分間プレーしただけだったが、いよいよ先発デビュー間近となっているのだ。ドルトムントでの香川は今シーズンたった2試合でプレーしただけだったが、ギュネス監督はトレーニングでの良い内容に基づいて、彼を先発でプレーさせるつもりだ。


本当に香川がスタメンで出場すると知ったら、アティバとドルクハンと共に3人で中盤のトライアングルを結成するとみられている。香川はその中でも攻撃的な役割を担う可能性が高い。


このベシクタシュのファンが愛情をこめて“ボスポラスのサムライ“だが、ファン達は彼を特別に歓迎するつもりのようだ。香川はここをまるで家のように感じるべきとされている。アンタルヤ戦の後では、香川は、ファンから温かく迎えられたこと、そしてすぐに居心地よく感じた事を話していた。





以上です。

今回取り上げたリーガ・ブラットというメディアですが、これはドイツ語のサイトなんですが、トルコリーガを専門に取り上げているサイトになります。ドイツで生まれ育ったトルコ人が沢山いますから、このようなサイトがあっても不思議ではないですよね。


トルコのニュースを在独のトルコ人の視点から見るというなかなか面白いサイトですね。ちなみにクラブ名はアンタルヤスポール=アンタルヤといった具合にドイツ風に表記されていました。


[ 2019/02/09 12:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
まあ希望としてはサイド中央サイド中央と交互にやって結果が出ると良いな
良い加減中央しか出来ない固定観念持たれてるの気に食わないし
世界に見せつけてやって欲しいな
あと在独トルコ人といえばギュンやエジルについてはどう考えてるのか気になるね
[ 2019/02/09 12:50 ] [ 編集 ]
ギュネス監督って、日韓WCのトルコ代表監督で3位に導いた人なんですね。感動。
しかも、つい一昨日までイルハンがベシクタシュの助監督だったとか感動。
そして今はグティが助監督。感動。
[ 2019/02/09 13:13 ] [ 編集 ]
こういった現象が確かであれば、もう沸騰状態ですね。スタジアム行きたいなぁ。ブンデスで一番熱狂的なファンが多いドルトムント。一度観戦したことがありますが、あれを超える?怖いです(笑)
あ、トルコは赤い発煙筒のイメージ。ベシクタシュもそうなのかな。
[ 2019/02/09 14:44 ] [ 編集 ]
こないだの試合を見た限りだと攻守の切り替えは遅くて(Jリーグ並)、スペースができやすいようだった。
けれど球際は厳しかった。結構危ないプレーが多かった。
頼むから怪我だけはしないでほしい。
たとえ今日、良いプレーができなかったとしても無茶はしないでほしい。
こないだが良すぎただけに心配。
[ 2019/02/09 18:12 ] [ 編集 ]
荒いプレイが多かったんでは怪我が心配ですね。でもそれも承知の上で香川自身納得の上で移籍しているでしょうから怪我どうのは言い訳にならないですよね。しっかりとプレイしてくれるでしょ?ベシュサポーターの熱意に応える為にね笑
[ 2019/02/09 23:08 ] [ 編集 ]
ベンチスタートじゃん
[ 2019/02/10 00:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。