ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元BVB監督ペーター・ボシュ!リーガ3連勝!マインツに5:1で勝利!《ドイツの反応》

【ビルト】


brandt.jpg


2ゴール2アシスト


ブラント!バイヤーの花火に火をつける!


バイヤーがポカール敗退のフラストレーションを振り払った。


レヴァークーゼンはハイデンハイムで敗れた3日後に、マインツ戦でそのポテンシャルをいかんなく発揮し、5:1で勝利している。


その中でも素晴らしかったのが、ユリアン・ブラントだ。このドイツ代表は2ゴール2アシストを記録している。


スポンサーリンク



レヴァークーゼンの最初のゴールはフォラントがベララビにパスし、シュートを放つ。キーパーが弾いたボールをヴェンデルが押し込んで先制点だ(5分)。


先制点こそブラントはゴールに関与しなかったが、20分にハヴェルツがブラントのアシストからゴールを決めている。


そして3点目はブラントが自ら決め、さらに43分にはベララビのゴールをアシストしている。そして後半にはもう一度ゴールをあげて5:1としている。


マインツは開始9分に同点に追いついていたが、その後はまったく追いつくことができないでいる。


この勝利でレヴァークーゼンはヨーロッパリーグ圏内となる5位に浮上している。レヴァークーゼンの新監督ペーター・ボシュはこれでブンデスリーガ3連勝だ。このように連勝したのは、2016年の4月以来の事となる。



マインツは現在27ポイントを獲得して11位に位置しているが、降格圏まで11ポイント差をつけており、6位とは5ポイント差となっているので、ヨーロッパに手が届く可能性はある。





以上です。

レヴァークーゼンはポカールに負けましたが、リーガでは好調ですね。まあ監督が変わったばかりですから、リーガに集中した方が良いでしょう。バイエルン戦に続き、今回は5:1と快勝していますから、ボシュの攻撃的なサッカーが定着したらリーガもより面白くなりそうですね。



[ 2019/02/09 09:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(7)
ドルトムントでもスタートダッシュはよかったんだけどね
[ 2019/02/09 14:39 ] [ 編集 ]
ボシュさんリベンジですね。応援してます。ドルではゲッツエ様様でしたから気の毒でした。
[ 2019/02/09 15:14 ] [ 編集 ]
まあボシュもBVBの連敗は不運だったと思うよ
ロイスも香川もゲレイロもピシュも怪我してるしプリシッチやシュールレやゲッツェで攻撃的サッカーやってもそんな点取れないしね
[ 2019/02/09 15:34 ] [ 編集 ]
ブラントのキック力は面白いよね
ボスは中だるみすると思うけど、その前にシーズンオフが来る可能性が高い
その間にちゃんと補強すれば来シーズンは更に面白いかもしれない
[ 2019/02/09 17:15 ] [ 編集 ]
ボシュの攻撃的サッカー自体は面白いものでした
ただ他の引き出しがなかったことがドルトムントでの急な低迷の要因でしたからそれを克服できていればレヴァークーゼンは来年あたりにもいいところまで行くかもしれません
[ 2019/02/09 19:12 ] [ 編集 ]
引き出しがない以前に縛りプレイが多かったからね
薬屋ならそんなもんはないだろうし対策取られてもドル時代よりはマシになるでしょ
[ 2019/02/09 23:54 ] [ 編集 ]
ボスが失速したのはハイラインを維持し続けて失点増えたのと、シュメ、ゲッツェ、シュルレが左サイドでボール持ち続けて狩られ続けたからだしね
現在のブンデスリーガで唯一可能性のあるサッカーするんじゃないの?
[ 2019/02/12 01:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。