ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ロイス不在ドルトムント!ホッフェンハイムと引き分け!3:0から追いつかれる!《ドイツの反応》

【ビルト】


all.jpg

ホッフェンハイムと3:3の引き分け

ファヴレ、スマートフォンで勝利を守ろうと試みるが・・


ルシアン・ファヴレにとっては74分までは非常にリラックスした午後だった。このドルトムントの監督はホッフェンハイム戦では風邪のため自宅で療養中で、テレビの前でチームのスーパーゴールを見ていたのだ。



スポンサーリンク



しかし最終的には相手の3ゴールがファヴレの節々を痛め、最終的には胃痛を引き起こさせることとなった。


火曜日にポカールでブレーメンに敗れた後(5:7)で、ホッフェンハイム戦でも多くのゴールが見られることとなった。3:0とリードした展開から3:3だ。そしてリーガでは2試合連続となる引き分けだ。


ドルトムントのタイトルが揺らいでしまうだろうか・・。


ファヴレはお昼まではチームに同行し、作戦会議で戦術を伝えていた。そして最初はそれがうまく行っていた。サンチョとゲッツェが調子のよい一日にあたったのだ。ホッフェンハイムは後手に回るばかりで、前半はシュートを一度も放たなかったのだ。


32分にはピスチェクがサンチョにパスすると、サンチョがそれを正確に決めて1:0としている。さらに43分には、ヴィッツェルがサンチョにパスをする。サンチョがシュートをし、キーパーが弾いたボールをゲッツェが押し込んで2:0だ。



さらに66分はサンチョーゲッツェの連携から最後にゲレイロがシュートを決めて3:0となっている。


その後サンチョがカウンターからしかけてシュートを放った時、試合は決まったかと思われたが、これはバーに阻まれている。そしてその直後ホッフェンハイムが3:1と一点を返したのだ。


そしてこれがホッフェンハイムに火をつけた。ファヴレはスマートフォンで連絡をとろうとしたが、勝利を守る事はできなかった・・・・。


ファヴレはハーフタイム中に助監督のテルジチに電話している。そして失点した後ではビデオ分析家のセルダル・アヤルに連絡している。彼はスタンドに座っていたが、そこからベンチに連絡したのだ。


ファヴレはハイボールに対処できていない事に気が付いたために82分にはゲッツェに対してトプラクを投入するように指示している。


しかしその直後にホッフェンハイムが2点目を挙げている。よりによってヘディングで。そして87分にはホッフェンハイムが同点ゴールをあげて3:3だ。



ホッフェンハイムはここ12試合でたった1勝しかしていない。ナーゲルスマン監督は“メンタル面は良いね。これがチームをいくらか自由にしてくれるといいね。”と語っている。




以上です。


今日はドルトムントの楽勝かとおもってみていたんですが、まさかの同点となってしまいました。これで3試合勝ちなしですか・・。ちょっと不安ですね。


3点取った後で、チームは少し緩んでしまいましたね。4点取れそうなチャンスがあったんですが、そこで決めきれなかったのが残念です・・。






[ 2019/02/10 10:01 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(10)
3-0にしたとこまでは完璧。10分過ぎにオフサイドられたところも含めてボールに素早く人数かけてパスワークで崩した。今シーズン1番の攻めだった。
ビュルキも良かった。60分くらいから押し込まれたけど2度好セーブした。
が、その後が最悪。1点目は、まぁいい。ラインギリギリのとこでよくあることだから責めてもしょうがない。急造センターバックでもあったし。問題はその後の点の取られ方。前スレでハキミの守備について弱点指摘したけど、まんま出ちゃった。背後に対して全然注意払ってなかった。3点目はがっくり来たのか焦ったのかは知らんけど19番簡単にフリーにした。
これで2試合続けて勝てたゲーム落としたな。サンチョも勝っていたら大ブレークだったのにすごくもったいないことした。
[ 2019/02/10 10:41 ] [ 編集 ]
緩んでたのも勿論70分過ぎ?にネルソン入れて完全に流れ変わったね、流石ナーゲルスマン
BMGが負けたとはいえバイエルンもシャルケに勝ちきってポイント縮めてきましたし、5ポイント差あってロイスいないとはいえこのまま勝てない試合が続くとマズいですね
[ 2019/02/10 11:50 ] [ 編集 ]
3-0からの同点は気の緩み以外のなんでもない。
ロイスがいない試合だからこそしっかり勝ち切って今後への自信に繋げないといけなかった。
バイエルンとも気づけば勝ち点5差、この引き分けは後々響いてくると個人的に思います。
[ 2019/02/10 12:02 ] [ 編集 ]
結果的にボシュ監督時のシャルケ戦みたいな展開ですね
[ 2019/02/10 12:31 ] [ 編集 ]
 点の取り合いはBVBらしくて良いと思います。1点守るクラブではないですし、追いつかれたけど面白かった。
[ 2019/02/10 14:11 ] [ 編集 ]
優勝の行方もまだまだわからんね。
[ 2019/02/10 17:27 ] [ 編集 ]
シーズン終盤かけて、経験の差が出てくると思います。常勝バイエルンと若手・新加入選手が混在するドルトムント。どちらが有利かは歴然です。ドルトムントはどれだけでも勝点を貯金していないと厳しいと思います。
[ 2019/02/10 19:47 ] [ 編集 ]
引き分けというのは勝ち点2を落とすという事なので、これが続くと危ないと思います。
[ 2019/02/10 20:48 ] [ 編集 ]
やっぱりリーダーっていうのは大事だ。若いチームには特に。
[ 2019/02/10 21:00 ] [ 編集 ]
まさか追いつくとは...
来季ライプツィヒの監督がナーゲルスマンになるのでそれも気になります。
ストーミングのライプツィヒがナーゲルスマンでどう変わるか楽しみです。
[ 2019/02/10 22:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。