ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘルPSG!ネイマールに引き続きカヴァーニも負傷!ブッフォンが警鐘を鳴らす!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


tuchel20.jpg


突如としてマンチェスター・ユナイテッドが有利に?


カヴァーにも負傷!ブッフォン!チャンピオンズリーグにおいて警鐘を鳴らす!



チャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦を前にして、大きな心配事が!



フランスのRMCが報じたところによると、トーマス・トゥヘルはネイマールに続いて、カヴァーニもあきらめなければならないようだ。このウルグアイの点取り屋は土曜日に行われたボルドー戦で腰を負傷し、火曜日に行われるマンチェスター・ユナイテッド戦では欠場するとみられている。さらに3月6日に行われるセカンドレグの出場も怪しいとみられている。カヴァーニがどのぐらい離脱するかは診断の結果、数日以内にはっきりする見込みだ。


スポンサーリンク



これでトゥヘルにとって、ネイマール、カヴァーニ、ムバッペという夢のトリオを起用することはできなくなった。プレーできるのはフランスのスターだけだ。ストライカーの控えとしては元ブンデスリーガのシュポモティンだけがいる。サイドではディ・マリアやユリアン・ドラクスラー、さらにクリストファー・ヌクンク、ムサ・ディアビーがプレーできる。


チャンピオンズリーグの抽選が行われた段階ではPSGが有利とされていたが、マンチェスター・ユナイテッドでは監督がジョゼ・モウリーニョからスルシャールに変わり、ここ11戦で10勝を挙げている。



それに対してPSGは以前ほどのパフォーマンスを発揮することが出来ず、最近ではリヨンを相手にリーガ最初の敗退を喫している。


ゴールキーパーのジャン・ルイ―ジ・ブッフォンはボルドー戦の後で、“結果はさておき、試合内容が気にいらなかった。メンタルとスピリッツをもっと向上させなければならない。”と彼は語っている。



さらにブッフォンはネイマールとカヴァーニが離脱する事で、ユナイテッド戦に向けて、“火曜日の試合は非常に重要だ。だから素晴らしいパフォーマンスを発揮しなければならない。このような相手にはより賢く、さらにより強くなければならないし、別な態度で挑まなければならない。これは必要なことだ。”と語っている。そして、さらに“サッカーとは奇妙なものだね。抽選直後はPSGはラッキーだったとみんな思ったけれど、それから2か月たって、だれも同じことを言う事は出来ないだろう。マンチェスターは別なチームになったんだ。チャンスは50:50だね。”と語った。


トゥヘルにとって唯一の光は、マルコ・ヴェラッティが3週間の離脱から復帰する事だ。




以上です。


ネイマールに続いてカヴァーニも負傷とは、トゥヘルもついていませんね。しかもマンチェスターが調子を上げていますから、次の試合は難しい試合となりそうです。トゥヘルがどのような戦術で試合に臨むのか楽しみですね。




[ 2019/02/11 13:19 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(5)
これは不運ですね…
ディマリアやドラクスラーが控えにいる選手層の厚さもすごい
[ 2019/02/11 13:41 ] [ 編集 ]
中盤以降がショボいからどうせ優勝出来ないだろうけど
このままじゃブッフォンはCL制覇出来ないまま終わってしまいそうだな・・・
[ 2019/02/11 14:07 ] [ 編集 ]
ドルトムントでもトゥヘルの時負傷者だらけだったけど、どんなトレーニングしてるんだろ
[ 2019/02/11 14:42 ] [ 編集 ]
 ネイマールはともかく、攻撃における戦術的な核となるカバーニの離脱はトゥヘル監督にとって痛いところだろう。私はUTDのスールシャール監督に期待してるので、このカードをとても楽しみにしている。もっとも、こっちの時間だと朝5時とかいうふざけた時間なんですけどね……。
[ 2019/02/11 15:55 ] [ 編集 ]
トゥヘルなら上手くやれそうではあるがスールシャールのユナイテッドはファーガソン以来の期待出来る攻撃的サッカーをしてるからな、下手すりゃパリは食われるよ
[ 2019/02/11 16:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。