ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》トゥヘルとクロップを比べてみる!【ビルト】

トゥヘルとクロップを比べてみる!【ビルト】


昨日このブログでは時期ドルトムント監督の有力候補とされているトーマス・トゥヘルに対するドイツ人の反応を載せました。それがほとんど否定的な意見ばかりだったので、その背景に迫ってみたいと思います。昨日のビルトの記事でクロップとトゥヘルを比較していましたので、まずはこの記事をご覧ください。





彼は再びクロップの後継者となるだろう!

2015041704545649c.jpg

トーマス・トゥヘルはドルトムントでクロップの後を引き継ぐであろう。またしても、2018年までの契約を解除して、この夏BVBを辞任することになったクロップの大きな足跡を継ぐことになるのだ。


クロップがマインツで指揮をとった後で(2001~2008)一年間イェルン・アンダーソンがチームを引き継いだが、その後トゥヘルがやって来た(2009~2014)。


ビルトのレポーター、ペーター・デル(54)はマインツで両方のトレーナーと接触してきた。彼が両者を比較し、トゥヘルがBVBでクロップのようになれるか説明する。



仕事のスタイル


“ライン上(試合中の)での二人はとても似ているね。二人共非常に情熱的で、それは審判や第4審判に対しても同じだ。まるでクローンのようだと考えてもいいだろうね。トゥヘルはいずれにせよ革新的で、新しい手法に対しても偏見がないね。例えば彼はマインツでは、どのようにして選手により早く習得させるか脳学者とも仕事をしていたんだ。”


戦術


“二人とも基本的には4-2-3-1のシステムを採用しているね。でもトゥヘルのほうがよりヴァリエーションに優れているし、彼はいつもプランBとプランCを持っている。そしてそれは今シーズンのクロップには欠けていたものかもしれないね。トゥヘルは幾つかの試合では90分の間で3回システムを変えたこともあるよ。”



サッカー以外


“トゥヘルはクロップのようなエンターテイナーでは決してないね。クロップのように楽しめる記者会見は、ファンもジャーナリストも期待することは無駄だろうね。彼は(クロップのように)思ったように話すタイプではないんだ。トゥヘルの場合は話す前に全て考えぬかれているんだ。一語一語を秤にかけてね。”


2015041801314964a.jpgSporschauの写真


人間性


“クロップは感情を露わにし、ガミガミ怒鳴ったり喧嘩をしたりもする。でもそれはその場限りのことだ。トゥヘルの場合は後を引くことになるね。彼は、彼がその時間違いだと判断した事(注:争いの原因となった事)を半年たっても覚えているよ。

人間性では明らかにクロップのほうに軍配が上がるね。彼は直接的で親しみやすく、礼儀正しく、人々に対してもオープンだ。それに対してトゥヘルはエゴイスティックで彼にとって重要と思われる人としか関わらないんだ。


例を挙げてみよう。僕がマネージャーのハイデルとマインツのボス、シュトゥルツと一緒にテーブルに座っていたとするね。そしてトゥヘルがそこにやってくるわけだけれど、トゥヘルは二人にだけ手を差し伸べるんだ。これは起こりうることだよ。ジャーナリストはトゥヘルにとっては握手するには値しないんだ。それにマインツではみんなクロップにDuで話しかけてよかったが、トゥヘルの場合はそれは古くからいる選手だけに許されていたんだ。若い選手たちはみなSieで話さなければなかった。”(訳注:ドイツ語の二人称はDuとSieがある。親しい間柄ではDuを使い、それ以外はSie.)

スポンサーリンク


20150417050005e4d.jpg


結果


“トゥヘルがBVBで機能するか、またどのようにしてファンに受け入れられるかを見るのは興味深いね。トゥヘルは自分をさらけ出さないタイプで、自分で殻にこもってしまうからね。彼はマインツでの5年間で、試合後のファンクナイペ(ファンの集まる飲み場)に顔を見せたことは一度もないんだ。ハイデルはよく顔を見せるけどね。

トゥヘルがBVBのキャップをかぶったり、ファンの所に行ったりすることは想像しづらいね。彼がこの一年でものすごく変わったとすれば別だけどね。”






以上です。


まず、監督として推薦される理由はやはり戦術の多さ、それから研究熱心な部分でしょうね。新しい練習法なども積極的に用いるようですしね。


しかしファンの目に多く映るのは、やはりそれ以外の部分ではないかと思います。熱血であるかに見えて(熱血がドイツでは好まれていないことは前回も書きました。)、さらに結構ねちっこく、本心を晒さない。その辺を警戒するドイツ人は結構多いのではないのかと思います。握手のエピソードもそうですが、サインを貰いに行って冷たくあしらわれたらどうしよう、という気を起こさせるような所はあるかもしれません。


また、とても厳しい監督としても知られていますが、ワールドカップを優勝やリーグ優勝を経験してきた選手、または他国リーガで実績のある選手を彼の人柄でうまく掌握することが出来るのかどうか、ファンはその辺を心配しているのではないかと思います。

そして、まだそれほど結果を出していないのに、メディアに騒がれている事が反動となって批判コメントに繋がっているのかなと思います。


そんな中でトゥヘルが補強候補として真っ先にケディラの名前を上げたのは、納得できますね(報道が本当であればですが・・。)。ケディラはU21欧州選手権の優勝メンバーで、確かキャプテンだったと思いますが、彼がシュトゥットガルトのユースにいた頃に確かトゥヘルの指導を受けていたと思います。ドイツ代表の中でも存在感があり、キャプテンシーもあるケディラを中心に(もしくはそこをきっかけとして)選手をまとめていきたいと考えているのかもしれません。


管理人にはドルトムントのフロントが何を考えているのか正直にまだわからない所があります。若手を育てて安定感があり力強いチームを育てたいのか、それとも資金力を頼りにスター選手を獲得して、一気にビッグクラブ入りを目指すのか。クロップの辞任もこの辺の意見の違いから来ているのではないかと想像するのですが、今後の監督や補強でその辺を見極めていきたいと思います。


こうなると、どうしてもクロップのポカール優勝パレードがもう一度見たくなってきましたね。



【おまけ今日のドイツ】


20150418013148cb8.jpg

ホワイトアスパラガス
この季節がやって来ました!今年初の白アスパラを買ってきました。
茹でたりスープにして早速頂きましたが、やはり旬の物は美味しいですね。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball



[ 2015/04/18 06:08 ] クロップ | TB(-) | CM(17)
No title
人間性については誰がなってもクロップの後は難しそう
ペップもメディカルスタッフに試合中煽るし

クロップが失敗した相手に引かれた場合のプランB、プランCがはたしてどこまで通用するか、楽しみ
[ 2015/04/18 09:54 ] [ 編集 ]
No title
>まだそれほど結果を出していないのに、メディアに騒がれている事が反動となって批判コメントに繋がっているのかなと思います。
1番目はトゥヘルが国際的な評価を得るほど結果を出してないこと。
2番目はまだ未だクロップの辞任を惜しむサポ、これだけの成果を残し愛されてきた監督ですから。
私も未だ信じたくないです・・・・・。

[ 2015/04/18 10:17 ] [ 編集 ]
アスパラ美味しそうですね!
ファンはクロップの後なんてまだ考えてなかったんでしょうね。辞めろとかシーズン中に騒がれましたが、やっぱりいざ辞めるとなるとこうなりますよね。もしかしたらそういったファンの心ない罵声もあるかもですね。
フロントが今のままではうまくいきそうにないかと。ここ何年かの補強が下手すぎます。
[ 2015/04/18 15:25 ] [ 編集 ]
No title
マスコミ嫌いって訳ではないのかな…
しかしクロップとのギャップが半端ないキャラクターだね
向こうで人気がないのも頷ける
[ 2015/04/18 17:39 ] [ 編集 ]
モウリーニョもペップもファーガソンも、決して良い人って感じではない
監督の能力に、人として良いか悪いかは、重要ではないだろ
[ 2015/04/18 18:04 ] [ 編集 ]
No title
ドルみたいなチームには監督の人柄も重要なんですけど
[ 2015/04/18 19:23 ] [ 編集 ]
No title
陰気臭そうな監督ですね
クロップと違い試合以外での見せ場はなさそうです
グロスクロイツのようなタイプと衝突の可能性とかありそうですね
[ 2015/04/18 21:17 ] [ 編集 ]
来季はCLもないし地道な補強でチームを作るしかないと思いますが。バイエルンに対抗しようとして無理しない方がいいですね。それをすると過去の失敗を繰り返すような気がする。
[ 2015/04/18 21:21 ] [ 編集 ]
No title
マスコミとの関係が悪いから過剰に悪く書かれてるってのはあると思うな
まあマスコミ対応が監督にとって重要な資質なのは間違いないけど
[ 2015/04/18 22:42 ] [ 編集 ]
No title
いくら優秀な戦術を盛っていようと、結局は人身掌握出来ない監督はスター選手の多いクラブではまとめ切れない。

クロップとの大きな違いはクロップは優れたモチベーターでもあった。モウリーニョもファーガソンもそうだった。大事な試合でチームにスイッチを入れることが出来る。クロップはだからこそCLでも活躍出来た。

トゥヘルはいい監督だとは思うが一度もタイトル取ったことがないからな。
[ 2015/04/19 00:27 ] [ 編集 ]
No title
クロップもドルに来た時はこの程度の評価だったよ もっと下だったか
で、トゥヘルは嫌、だなんてドルが贅沢いえる立場でもない
[ 2015/04/19 01:11 ] [ 編集 ]
No title
岡崎を見出した監督だろ?
なんでマインツを辞めたんだっけ?
[ 2015/04/19 02:24 ] [ 編集 ]
No title
トゥヘルの喝とか、臨機応変の戦術は、期待してるのだけどね・・・
[ 2015/04/19 04:53 ] [ 編集 ]
No title
世界最高峰の監督クロップと比べればモウリーニョでもこない限り誰でもけちはつくもんですからね
批判に負けずがんばって欲しいですね
[ 2015/04/19 12:57 ] [ 編集 ]
No title
>岡崎を見出した監督だろ?
シュトゥットガルトで苦戦してた岡崎本人がマインツのサッカーに合うからと自分からマインツに申し出たんだよ
>世界最高峰の監督クロップ
実際世界2位に選ばれてことがありましたからね
こんな素晴らしい監督でも1シーズン悪いと辞任、それだけ成績を求められているクラブなんでしょう
トゥヘルが監督になっても長い目で見てもらえるかどうかがですかね
クロップの前の監督は1~2年で変わってますし
[ 2015/04/19 14:43 ] [ 編集 ]
No title
一応フォローしとくと、代理人からの売り込み受けて獲ろうかどうか迷っているSDに、コンフェデ観たトゥヘルが、獲らないと後悔するから絶対獲れって進言したのよ
[ 2015/04/19 17:30 ] [ 編集 ]
No title
なんかペップのよく言われるイメージと被るな
[ 2015/04/22 09:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。