ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

大迫の負傷をめぐる謎!!アジア杯では痛みをこらえてプレーしていた?独紙《ドイツの反応》

【ラジオブレーメン】


osko1.jpg


ヴェルダー!大迫の負傷を不思議がる!



ヴェルダー・ブレーメンの大迫勇也は健康な状態でブレーメンに戻ってきた・・・。少なくともフロリアン・コーフェルト監督はそう考えていた。しかしこの日本人は負傷している。でもその責任はいったい誰にあるのだろうか?



フロリアン・コーフェルトは日曜日に、言葉を選ぶのに非常に気を遣っていた。彼は日本サッカー協会を批判したくないと何度も強調していたのだ。しかしこの件に関して彼に不満がある事は明らかだった。コーフェルトの発言の行間からはすでに、それがはっきりと読み取れたのだ。


スポンサーリンク



“我々は彼が帰ってきたのに、プレーできなかった事に驚いているよ。分かっているのは、彼が日本代表に行った時点では負傷していなかったという事だ。“(コーフェルト)



負傷したにも関わらずプレーを続けた?



大迫勇也は1月に日本代表でアジア杯を戦っている。そしてグループリーグで負傷していた。腰に痛みを抱えていたとのことだが、それほどひどくはないとされていた。そしてブレーメンもそのように聞いていたのだ。しかしその結果にコーフェルトは少々驚いている。



“我々は彼が負傷したために、少しプレーできないと聞いていた。でもその後すべては順調だという情報をもらっている。その後彼がプレーしているが、特に新たな情報はなかった。なので、当然健康な選手が帰ってくると思っていたよ。“(コーフェルト)



しかし大迫は健康な状態でブレ―メンに帰ってくることはなかった。彼らがそれに気づいたのはアウグスブルク戦前の事だ。腰の問題はまだ解決されておらず、“痛みなくプレーするのは不可能な状態”だったとのことだ。その診断によると、大迫は決勝と準決勝を負傷にもかかわらずプレーしたか、少なくとも痛みをこらえながらプレーした可能性が高いようだ。大迫の負傷がどの程度のものなのかは、ここ数日中に明らかになるとされている。



“我々にとって重要な選手が離脱してしまう。長くならない事を願うよ。”とコーフェルトはフラストレーションをためて語った。




以上です。



本当のところは分かりませんが、ブレーメン側は、大迫選手が万全でもないにもかかわらず準決勝と決勝でプレーしたとみているようですね。別な個所を負傷したのではなく、グループリーグで負った負傷が今でも完治していないという事なので、そういう見方はまあ分かります。


日本代表側もアジアカップ後に選手の状態に関してブレーメンと連絡を取るべきでしたね。







[ 2019/02/12 19:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(8)
クラブは選手を大切な人間として扱うから、怪我捺してプレーさせるなんて事はしないし、早め早めに離脱させるけど、代表は選手を駒として扱うから、使い倒して怪我したら返却…選手も国を背負っていると思うと、無理する…

まぁアジア杯は大迫居ないと準決勝で負けてたと思うし、それで負けても良かったと思える日本人は少なそう。今回はタイトルかかってたから。
ただ、親善試合等に軽々しく欧州選手を毎回呼ぶのは控えて欲しい。香川もそう言ってたよね。コンディション崩してスタメン落ちして…の悪循環。
[ 2019/02/12 19:35 ] [ 編集 ]
内田も無理していなかったらまだシャルケにいたかも。香川も足首が治っていないのにアジア予選に出て悪化したこともありましたね。何よりアジア杯で骨折した時はクロップが嘆いてました。協会はきちんと選手たちのコンディションを管理すべきだし無理させないで欲しいです。選手はプロでクラブと契約して高額な年棒を貰ってるわけですからね。
[ 2019/02/12 20:39 ] [ 編集 ]
海外クラブは日本の協会なんか信用しちゃだめよ

海外組がスタメン争いに影響するのに、興業の為にアイドルとして日本に呼びよせる、怪我?何ソレ?
怪我した?壊れたの?じゃあダメ出しして下げ報道しようと、ファンでさえ頭空っぽにしてないととてもじゃないけど見てられない事やってますからね
[ 2019/02/12 23:56 ] [ 編集 ]
なんだか香川がやっと卒業出来たと思ったら今度は大迫ですか?って感じです。香川もアジア予選怪我していたのに二試合連続のフルスタメンで足首腫らして帰ってトゥヘルが嘆いていましたよね。あれからも親善だのなんだのと怪我繰り返していましたから、大迫しかいなかったのはわかりますが無理していたのではないですかね。ウッチーも代表で無理しなければまだシャルケにいたでしょうし、協会はもっともっと選手をリスペクトして大切にして欲しいですね。代表の為だけにサッカー選手しているわけじゃないんですから
[ 2019/02/13 00:25 ] [ 編集 ]
怪我についてクラブと協会の意志疎通が疎かになってた可能性もありますし、将来的にもそれは良くない……
ただねぇ、アジアカップは大陸選手権なんだよね。代表の活動としてはW杯の次に重要な大会だ。無理もするよ。正直、アジアとアフリカについてのヨーロッパのクラブ関係者の発言にイラッとすること多いよ。
[ 2019/02/13 01:57 ] [ 編集 ]
給料払ってるのクラブやで
大迫はクラブの資産

日本代表の為なら何でも許されて当然とか、そんなご都合主義は契約社会じゃありえないわ。クラブは大迫の権利を守ってくれてるだけ
[ 2019/02/13 02:57 ] [ 編集 ]
怪我をおしての出場が結果のいかんを問わず、選手の美談でなく上の責任として語られるようになるのは悪いことではないと思うよ。この件が実際どうかは分からんが。
[ 2019/02/13 08:12 ] [ 編集 ]
大迫(日本サッカー協会)はサッカーの統括組織であるFIFAの代表活動についての規定に則って召集され、プレーしたに過ぎない訳で。当然クラブもFIFAの規定に反した契約を大迫と結ぶことは出来ないはず。それは誰が大迫の給料を支払っているか云々とは別次元の話。この監督も法的・客観的な論拠などなく、ただただ不満を吐露したに過ぎないのではないかな。もちろん、代表活動に対してクラブがネガティブな印象だけを持つ状態というのは良くないことだから、日本サッカー協会はクラブとの意志疎通を密にして欲しいとは思うけどね。ただねぇ、例えばEUROで同じことがあっても同様の反応示すんですかね?たかがアジアカップで、というのはないんですかね?というのが個人的な意見。

[ 2019/02/13 20:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。