ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ユベントス!リヴァプールのサラーに2億ユーロでオファーか!?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


sal.jpg

リヴァプールのスターに巨額のオファー!


トップクラブがサラーの獲得へ!2億ユーロでオファー!


FCリヴァプールはそのストライカーを失ってしまうのだろうか?“スカイ・ニュース・アラビア”が報じたところによると、ユベントスが、モハメド・サラーに対して2億ユーロでオファーするとのことだ。


スポンサーリンク



サラーは2017年にリヴァプールへ移籍する前にフィレンツェとローマでプレーしている。移籍後サラーはユルゲン・クロップの下で世界トップ・ストライカーへと成長している。彼は昨シーズンは公式戦52試合で44ゴールを挙げている。今シーズンもすでに20ゴールだ。


この26歳をユーベに連れてくる背後にはクリスティアーノ・ロナルドの存在もあるようだ。このポルトガル人は、サラーの獲得にすでに青信号を出したとされている。もしリヴァプールがこのオファーを承諾したら、ネイマールの2億2200万ユーロに次ぐ史上2番目に高額な遺跡となる。



ロナルドは昨年夏にレアルからユベントスに移籍している。そこでサラーとロナルドがコンビを組めば、これはヨーロッパ中にとって脅威となるだろう。ユベントスでは、パオロ・ディバラとドゥグラス・コスタの将来がまだはっきりしていない。ディバラは控えの役割に満足しておらず、さらにコスタはマンチェスター・ユナイテッド移籍の噂がある。




以上です。



2億ユーロとはまたすごい金額ですね。ロナルドの獲得も驚きでしたが、さらに2億ユーロ出すとなると驚きですね。イタリアのどこからそんなお金がでてくるのか・・。でもリヴァプールだったらクロップもいますし、給料も払えるでしょうから引きとどめることはできそうですね。





[ 2019/02/13 09:23 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
イタリアというよりサイゲームスマネーかな笑
冗談はさて置きサラー獲得が実現した場合に大変なのはディバラとアッレグリだな
今ユベントスはイグアインが抜けてからクリロナ饅頭ディバラコスタグアドラフェデリコマテュイディを色んなポジションで使って前線の形を固定してないが、サラーが入ると一番影響受けそうなのは間違いなくトップセンター右サイドをやるディバラだろうね
そしてクリロナに続きこんな金額で買うというのもCLを狙ってるからだろうし、もし取れなければ叩かれるのは必死であろうアッレグリもプレッシャーが凄いだろうね、なんなら国内タイトルは当たり前で更に国際タイトルもとなると欧州リーグ上位クラブの中でも一番胃痛を抱えてるかも知れない笑
[ 2019/02/13 09:44 ] [ 編集 ]
ユベントス的にはおいしい話でしょうが、クリスティアーノの引き立て役になってしまうサラー的にはどうか?バルサ行ってすっかりメッシやスアレスの陰に隠れてしまったコウチーニョと同じで別人になってしまう可能性あるね。
[ 2019/02/13 10:26 ] [ 編集 ]
1強のユーベよりプレミアのほうが魅力は高いでしょう
[ 2019/02/13 12:18 ] [ 編集 ]
ユベントスて笑
[ 2019/02/13 14:33 ] [ 編集 ]
リバプールが今の調子ならスペイン2強以外行かなくていい気がするなぁ
[ 2019/02/13 15:33 ] [ 編集 ]
スペイン二強もメリットないけどね
リバポがあと1、2シーズンCL取れなければユーベでも良いと思うな
[ 2019/02/13 17:51 ] [ 編集 ]
リバプールはサラーよりもエジプトのファンを手放せないだろうね。
[ 2019/02/13 23:14 ] [ 編集 ]
いや、サラーはあげないから(笑)

真面目な話クロップ監督が居なくなるかまたはサラーが控えにされる状態になれば移籍は考えられるけど今はどうでしょうかね…?
個人的にはないと思うし行かないで欲しいです。
[ 2019/02/14 05:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。