ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘルPSG!マンチェスター・ユナイテッドに勝利!トゥヘルがパリで愛される理由!《ドイツの反応》

【ビルト】

tuchelo1.jpg


だからトゥヘルはパリでこんなに愛されている


ドルトムントのファンとしては、この写真をみたら目を疑うだろう。トーマス・トゥヘルはマンチェスター・ユナイテッドに2:0で勝利した後で選手達を抱擁し、称えたのだ。そしてその様子は決して無理やりではなかった。


いったいこの監督には何が起こったのだろうか?ドルトムント時代の彼はどちらかと言えばクールで近寄りがたい存在だった。しかし彼はPSGに行って大スター達と共に仕事をすることで花開いたのだろうか?
スポンサーリンク



トゥヘルはPSGに就任すると、すぐにみんなを食事に招待したようだ。70人も。彼はみんなの前で自己紹介をし、みんなの話を聞いていたらしい。


彼にとって大きな助けとなっているのが、フランス語が話せることである。彼は記者会見でも通訳なしですべての質問に答えようとしている。そしてたいていはそれでうまくいっている。


トゥヘルは丸くなった。


ドルトムントでの彼は食事管理など、あまり冗談が通じるとはみられていなかった。パリでももちろん食事管理は行っているが、時には控室でのピザには目をつぶっているようだ。



彼は8月にスーパーカップで勝利した際、選手と記者達の前で歌っている。これはドルトムント時代では考えられなかったことだ・。


幹部からのサポート


トゥヘルはPSGにおいて、オーナーが直接採用した始めての監督だ。このカタール人はチームに巨額のお金を投資している。


選手も彼を尊敬


トゥヘルはティアゴ・シルヴァやダニー・アルベスのようなチームのリーダーとたくさん話をするようだ。そして彼はネイマールの誕生日パーティーにも姿を現している。彼はトレーニングで髪形をからかったりもしている。しかし彼はもちろん徹底している。ムバッペが遅刻した時は彼をベンチスタートにしているのだ。


レキップのジャーナリスト、ダヴィッド・フィウーはビルトに対して、“距離感と人間面での長所がうまくミックスされているね。それによってPSGは本当にチームに成長しているよ。それはマンチェスター戦でも見て取れたね。”



その試合ではネイマールやカヴァーニが負傷離脱しているという事がまったく気にならなかった。



ドイツ代表のユリアン・ドラクスラーは試合後トーマス・トゥヘルといちゃいちゃしていたが、その後、“僕らのチームはネイマールとカヴァーニという二人のワールドクラスの選手がいるチームだ。だけど彼らがいなくてもチームだよ。彼らがいたほうが当然良いけれど、僕たちは今日勝利したんだ。”と語っている。


そしてムバッペは最も大きな夢を見ている。“フランスサッカーがヨーロッパでできるだけ上まで行かないとね。”と彼は語った。






以上です。

トゥヘルがネイマールとカヴァーニ抜きでユナイテッドに勝ったことで、ドイツでも絶賛されていましたね。正直ドルトムントの頃と比べるとやりやすそうですよね。PSGがどこまで勝ち上がるか楽しみですね。






[ 2019/02/14 12:27 ] 未分類 | TB(-) | CM(11)
佇まいにもオーラが漂ってきた。
ブンデス首位のクラブがスパーズに惨敗という恥を世界に晒してしまっただけに、あー戻ってきて欲しい…
[ 2019/02/14 12:31 ] [ 編集 ]
監督は雇われなのでどのクラブでも上からの圧力はあると思いますが
パリでは補強とラビオの件以外ではやりやすそうにやってますよね
厳しいGL突破をしたりマルキーニョスをボランチ転向させたり手腕が光っていると思います
[ 2019/02/14 13:05 ] [ 編集 ]
面子もプレミアと比べて遜色無いけど、その内カバーニ、ネイマール抜きで完勝だったしね
トゥヘルも海外で成長してるんだなー
バイエルンというかブンデスリーガなんかに残らなくて正解だったな
[ 2019/02/14 13:09 ] [ 編集 ]
インタビューでネイマールがトゥヘルのことを「天才的な監督」って表現してました。他の選手のコメントをみてもトゥヘルが選手から信頼されているのは分かりますが、特にこの2人はかなりの信頼関係を築いていますね。
しかし、トゥヘルに戦力を与えたら凄いことになるとは前から思っていましたけど、まさかここまで上手くいくとは…
[ 2019/02/14 13:25 ] [ 編集 ]
やはり賢い人だから、世界中に愛される名将から学ぶんでしょうね。例えば規律やゲームプランはペップから、愛情や情熱はクロップから。
そして、選手やサポから愛されて世論を味方にすれば、クラブ側も簡単には手出しが出来ない事をドイツで学んだんじゃあないかな。
[ 2019/02/14 13:48 ] [ 編集 ]
 トゥヘル監督が変わりました。BVB時代のような自身の権力を誇示するような事はしなくなったし、柔軟に選手に接しているようです。失敗を認めて活かすのは有能ですね。

 あとは、あの厄介そうなトゥヘル監督の代理人マインキング氏が大人しくしていれば問題は起きないでしょう。
[ 2019/02/14 14:17 ] [ 編集 ]
ドルではドレッシングルームの実力者たちを干して代わりに若手を登用したこと
そしてそのあとのフォローが足りずに彼らと軋轢が生まれた感じでしたけど
パリではその芽すらないですね
スターとスタメンが一致してますし
失敗から学んで対話もしていてまとめ役としてブッフォンの存在も大きいと聞きますね
あとは何と言っても勝ちまくっている
これなら怒り狂う原因がない。それどころか今やものすごい求心力
CLはどこまでいけるか楽しみですね
[ 2019/02/14 14:59 ] [ 編集 ]
ユナイテッドのマルシャルとリンガードが負傷した幸運もあったけど、パリはネイマールとカバーニを最初から欠いてる状態でビックリするほど上手く試合を運んだなぁ
マルキーニョスがポグバを文字通り試合から追い出して、ヴェラッティがリズムを創り出しアウベスとディ・マリアが躍動しムバッペのスピードで仕留めると
やりたいこと全部やれたんじゃないかな

このチームが何処まで戦えるか一層楽しみになった
[ 2019/02/14 15:10 ] [ 編集 ]
監督にとって選手との関係は最重要ってのはモウリーニョという悪い見本が示してる
[ 2019/02/14 15:10 ] [ 編集 ]
ネイマールとカバーニが不在のPSGは、ドルトムントいる頃のトゥへル戦術とにていると思い出してました。
ムバッベ(オバメアン)の速さ活かして、中盤支配してベラッテイ(香川)、チームとして闘ってましたね。モナコ戦の事件無ければ、とか思いますので、ドルトムントでの悔しさをPSGで晴らして欲しい。
[ 2019/02/14 16:07 ] [ 編集 ]
トゥヘルがフレンドリーに人に接してるんですね。想像ですが、専門家の力も借りて、自分の行動や意識を徹底的に見直したのでしょう。元々頭の良い人ですし、熱心に努力した形跡が見られてそこは好印象ですね。
[ 2019/02/15 19:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。