ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】ドルトムント!トッテナムに3:0で敗れる!!!ウェンブリ―で恥ずべき敗戦!《ドイツの反応》

【ビルト】


BVB121.jpg


トッテナムがドルトムントを沈める!!!



ウェンブリ―で恥ずべき敗戦!



BVBはチャンピオンズリーグでも揺らいでいる。ポカール敗戦とリーガで2試合連続引き分けに続いて、ロンドンでも未勝利に終わっている。


トッテナムを相手に0:3だ。次のラウンドに進むことはこれでほぼ不可能だろう。ルシアン・ファヴレはインフルエンザから回復したが、彼はまたしても勝利できなかった。


スポンサーリンク



このスイス人は再びベンチ入りしたが、その体調について、“日に日に良くなっている”と語っている。しかし彼はマウリツィオ・ポケッティーニ監督に挨拶する際は拳を合わせるだけに留めている。


この試合が難しくなることは試合前から分かっていた。5人の重要な選手が欠場する事になっていたためだ。ロイス(太もも肉離れ)、ピスチェク(打ち身)、アカンジ(腰)、アルカセル(肩)、ヴァイグル(風邪)の5人はロンドンにも同行していない。


なによりも守備面でドルトムントは厳しかった。ザガドゥーは負傷から9週間ぶりに復帰したが、いきなりプレーしなければならなかった。このフランス人は75%の一対一に勝利するなど手堅いパフォーマンスだったが、重要な一対一で敗れている。


47分:ハキミがサイドでボールをロストしてしまう。ヴェルトンゲンがそのミスを利用し、ソンにクロスを送る。ザガドゥーがそれに素早く対処できなかったために、ソンは足を出すだけでよかったのだ。


またしても、フンミン・ソンだ。この元ハンブルクとレヴァークーゼンの選手はドルトムントを相手に11試合で9ゴールも上げているのだ。こんなに得点したクラブは他にはない。彼はここ12試合で11ゴールを挙げており、調子は引き続き良い。トッテナムのスーパー・スター、ハリー・ケインがいない事も気にならない程だ。


これでドルトムントが次の試合でひっくり返すのがほぼ不可能になってしまった。さらにマルセル・シュメルツァーにとっても痛い一日となっている。彼はディフェンダーで人手不足だったにも関わらず、76分からしかプレーできなかったのだ。そして途中出場しても、ドルトムントの沈没を防ぐことができなかった・・・。




以上です


厳しくなると思っていましたが、まさか3点差で敗れるとは・・・。これで4試合勝ちなしですから、歯車がおかしくなってしまいましたね。

はやりけが人の多さが気になりますね。前半戦でほとんどローテーションをしてこなかった結果がでてきていますね・・・。アルカセルはどうしてまた負傷してしまったのか、ちょっと謎です・・・。


それにしてもこれかがますます心配ですね・・・。


ちなみにファヴレが監督と拳を合わせただけだった、とありますが、こっちでは風邪をひいている人は、握手はしません。風邪をひいていてもマスクはしないんですが、直接接触することは避けますね。




[ 2019/02/14 07:27 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(27)
これがブンデス首位とは恥ずかしい。
ロイスのおかげで活躍できたように見えていただけの選手たちだったのだろう。
ロイスがおらずとも主体的に何かを生み出せていたのは、結局のところ香川真司だけだったのではないか。
[ 2019/02/14 07:46 ] [ 編集 ]
中2日の相手に惨敗は酷い。
[ 2019/02/14 07:51 ] [ 編集 ]
いくら対策しても止められないし
もはやソンフンミンはドイツ人以外でのブンデスを経験した選手の中で
世界最高レベルの一人と言ってもよさそうだな
[ 2019/02/14 07:52 ] [ 編集 ]
前半は真ん中でガチンコやってそこそこやってたんだけど、後半からスパーズがギア上げてハイプレスしかけてきた途端バラバラ。
なんというかメンバー何人もケガで欠いてるとはいえ、ボールを安心して預けられるとか、しっかりカヴァーリングしてくれるというかチームを1つにするプレーヤーがいないんだよね。
次の久保たちは監督代わったから今までのように守備が崩壊しているチームととらえるわけにはいかない。しっかり勝ち切って欲しいけどどうなりますかね?
毎年恒例行事の泥沼だけはもうご勘弁願いたいんですけどね。
[ 2019/02/14 08:39 ] [ 編集 ]
座敷わらし香川の呪い継続中
[ 2019/02/14 09:06 ] [ 編集 ]
仮にも現状リーグ首位をダントツで走っているクラブですからね、CLでこの有り様はかなり恥ずかしいものです 
[ 2019/02/14 09:31 ] [ 編集 ]
ロイスいなくなってドルトムント非常に厳しくなってきましたね。
ただロイスは怪我して不在になることくらい分かりきっていたことで、ロイスいないとドルトムントはこうなってしまうのはしょうがないかもしれませんね。
昨年はそれでも香川がいたからギリギリCL圏内確保できましたけど今年はその頼みの綱の香川もいないという現実。
なるべくしてなったということでしょうね。


ドルトムント予想シナリオ


香川移籍

ロイス怪我

中盤崩壊(既に現地サポから「香川がいれば」が多数でてます)

毎年活躍してた香川(特に毎シーズン後半戦に非常に活躍する)の不在を痛感

ドルトムント勝てなくなる(4試合勝ち星なし)

CL敗退

バイエルンにも逆転され首位陥落(現在勝ち点差わずか5)


厳しかった昨シーズンにそれでも良かった選手に現地ドルサポから香川の名前は常に挙がっていました。
ロイスがいなくなって昨シーズンと同じチーム状態になったからこそ明確に比較検証できるようになりましたが、まず間違いなく今季は正直ロイスいないとドルトムントの低調なパフォーマンスの中で活躍できる選手いないので厳しいと思います。
結局、ファブレになっても何も変わっておらず、昨シーズンずっといなかったロイスが今季はいるかいないかの違いだけ。
さらにマイナス要素として昨シーズンの立役者を放出したということを加えれば最悪な結果が見えてきそうですね。
ロイスというメッキが剥がれた今、ここからガタガタに崩れる可能性(もう大分崩れていますが)もあり結果次第ではシーズン終了後にファブレもいなくなるでしょうね。

プリシッチも放出しちゃいますしどうしてドルトムントは悪手ばかりなのでしょうか、本当にもったいないですし残念で仕方ないですよ。

[ 2019/02/14 09:31 ] [ 編集 ]
後半戦こそ総力戦になる。怪我人も病人も増えるのは当たり前ですから。なので前半戦からローテして行くべきでしたね。せっかくスカッドが大きかったのに生かせてない。もったいない話です。後半の失点が明らかに多いのが気になります。流れを変えるスーパーサブのパコも不調で怪我。ロイス不在だけでなくチームとしての失速感が漂ってるのが良くないです。去年は孤軍奮闘した香川が怪我をするまで頑張っていましたが今年はどうなるでしょうか。まあ逆にリーグ戦に集中する方が良いかもしれませんね。
[ 2019/02/14 09:57 ] [ 編集 ]
エリクセンシソコフェルトンゲンに完全に制圧されてたイコール中盤の展開力や変化を軽視しサイド一辺倒になってた当然の結果、あんなもんリーグで通用しても国際大会で通用するわけがない。ロイスがいてパコが覚醒中だから成立してたのに監督交代で荒れてるモナコに完勝、アトレティコに初見で一度勝ったからって調子こいてターンオーバー軽視するからだ、これで降格圏彷徨うニュルンに負けたら本当に無冠で終わるよ今季
[ 2019/02/14 10:00 ] [ 編集 ]
例年通りのドルトムントですね。いつもは、シーズン後半の怪我人過多や疲労蓄積の失速を、香川が酷使されながらも回避させていたんですけどね。偶然の産物だとは思いますが、二月に入ってから勝てていませんよね。次節の最下位相手に敗戦したらリーガ優勝も危なくなりますね。
[ 2019/02/14 10:15 ] [ 編集 ]
CLは諦めてリーグに集中したほうがいいね
バイエルンは調子上げてるけどリボパには負けるだろうしリーグ優勝狙ってくるよ
[ 2019/02/14 10:16 ] [ 編集 ]
昨季もボシュ下、地味にピシュチェクが離脱してから負けが込み始めた。皆ロイスに目が行くけど、ダブルパンチですね。やっぱりこのへんの代わりは誰かさんにしか担えなかったということです。パスポートを忘れる云々、病欠。精神面でのモチベの低下も気になります。若い選手だけではこういう時脆いですね。
[ 2019/02/14 10:25 ] [ 編集 ]
まあ案の定というか…
トッテナムにはこの状態では勝てないと思っていましたがここまでやられるとは思ってなかったですね

今シーズンやってるサッカーの方向性自体は間違ってはいなかったと思っていますが管理人さんのコメントの通りローテーションをしなかったことが後半戦から怪我人が増え、メンバーによる戦い方の引き出しが増えなかった理由だと思っています

もとよりエースのロイスなどドルトムントは怪我人が多く出るチームです
ファブレは前半戦から目先の結果だけを考えずローテーションを回すべきでした
結果論ではありません、こうなる可能性は既にここなどでも指摘されていました
私的な感情もあるかも知れませんが香川必要だったと思いますよ…
CLはもう無理だと思うのでロイスの早期復帰とチームの早い建て直しでリーグ持ち直せるかどうかが勝負だと思います
[ 2019/02/14 10:31 ] [ 編集 ]
まあ、相手も主力二人いなかったからね・・・・
そろそろ対策されてくるって感じでしたけど、見事に対策されてきてますね
[ 2019/02/14 11:28 ] [ 編集 ]
おかしくなったと言うよりいつもの後半戦のドルトムントって印象しかない、今迄香川や怪我しないオバなんか居たからギリギリ持ちこたえてただけで元々こんな感じでしょう
[ 2019/02/14 11:58 ] [ 編集 ]
結果は見てますがリーグの試合を1試合も見てないのでロイス抜きでの今のベストなスタメンが解らないのですが、スタメンに疑問を持ちましたね
?という感じで負けたと聞くと、ベスメンじゃなかったからでは?と
[ 2019/02/14 14:05 ] [ 編集 ]
スタメンだけ見るとどこの中堅チーム?と思いました。
この中で国際大会豊富な選手って誰?
チーム単位で見れば、ロイス、ピシュチク、香川、ゲッツェ、ヴィッツェル、シュメルツァーくらいか。
あ、香川いねぇや。
これはリーグ優勝逃すと大バッシングは免れませんぜファブレさんよ。
[ 2019/02/14 15:53 ] [ 編集 ]
希望の星がどうにかしてくれるんでしょうね、きっと
[ 2019/02/14 19:14 ] [ 編集 ]
ハキミが裏を取られ過ぎ、そしてフェルトンゲンが素晴らしすぎましたね。ファブレ監督の体調同様、一時的な落ち込みだと信じたいです。
CLはともかく、ポカールも落としましたし、ブンデスリーガは取って欲しいですね。
[ 2019/02/14 19:48 ] [ 編集 ]
完全にソン頼みで、ケインのいない得点力不足だったスパーズに3失点は酷すぎる。
[ 2019/02/14 20:22 ] [ 編集 ]
監督はBMG辞めたとき燃え尽き症候群って書かれてましたけど、BVBで早期にそうならないことを祈っています。
[ 2019/02/14 20:48 ] [ 編集 ]
一点取られるとまるで落ち着きがなくなってどんどん相手のペースになっていくのがとても見ていてつらいですね
ソンフンミンの得点シーンでも声を張り上げてチームメイトを鼓舞するような選手がいなくてみんな顔が下を向いていました
ホッフェンハイム戦でも見せたようにリズムに乗ると圧倒的な攻撃力を発揮できるのは分かっていますが、ピンチになりかけた時にチームを鼓舞して立ち直せるようなリーダーシップのある選手がドルトムントには足りませんね。この精神的な強さの部分がCL決勝トーナメントやリーグの優勝争いをしていく中で露わになったドルトムントに足りないピースだと思います。
[ 2019/02/14 21:46 ] [ 編集 ]
チームの精神的な柱が抜けると一気にチームとしてまとまりがなくなっちゃうなぁ
ホッフェンハイム戦も1点返された時から3-1なのにまるで負けてるような雰囲気になってた
ロイスやピシュチェクが戻ってきてフルメンバーでセカンドレグに挑むことができたら大逆転できる可能性はあると思うけど、戻ってこなかったら多分無理。それくらい今のドルトムントはキャプテンのロイスにプレーの面でも、精神的な面でも依存しすぎてる。もちろんロイスは今シーズン世界トップクラスの活躍をしてるわけだからしょうがないことではあるんだけど。
[ 2019/02/14 21:56 ] [ 編集 ]
前線が若すぎて何の怖さも迫力も無いですよ。
未熟なちびっ子ばかりでビッグクラブに見えません。
[ 2019/02/14 22:34 ] [ 編集 ]
冬からはDAZNしか契約してないので、ポカールとCLだけしかドルトムント見てませんけど、なんか「これがブンデス首位で、CLグループ一位のクラブ?」って戦術でしたよね。全くドルトムントの面影が無くなり、何処の弱者クラブ?って感じ。
完全にドン引きカウンターしか狙ってなくて、ゲーゲンもコンビネーションも失くなってた。カウンター狙いも、クロス上手い選手居なくて(ディアロも右でのハキミもクロス下手だし、ゲレイロも不在)サイドをプリシツチかサンチョで突破図るも抜けきれず…そんなにシュメの評価低いのか?デイアロはフンミン抑えが目的だったのか?たぶん後者だと思うけど、端から勝つ気がなかった?負けない若しくは最小失点で乗り切る戦略にしか見えず、それも失敗しているし、ドルトムントらしい攻撃的サッカーが見る影もなく失せたのが情けない。
[ 2019/02/15 00:08 ] [ 編集 ]
ソン頼み?スパーズの頼みは1G1A試合も完全に仕切ってたフェルトンゲンでしょう、ソンはフリーでボレー決めただけですよ
[ 2019/02/15 03:56 ] [ 編集 ]
本来は右にプリシッチ、左にサンチョなのに逆にしたまんま
ゲレイロをちゃんと左SBで使ってりゃディアロをCBで使え、ザガドゥ、トプラクの両方使わずに済んだ
ハキミも前に出て結果が出ちゃったからたまに使うと前掛りになる、サンチョが抑えられてるのに前に出て後ろ取られる
復調してたシュメルツァーのプレーが元に戻った所か酷く下降してる
中盤真ん中使えず、サイドからだけしか攻めれないからサンチョの頭を抑えられるとなんも出来ない
そもそも状況を変えようにもサブの攻撃の選手がみんな同じタイプの選手ばかり

相手も主要メンバーが複数名居ない、特にケインが居なかったのに3点も入れてるし中盤を制圧出来てる
[ 2019/02/15 14:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。