ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェ!「心配の種からいきなり希望の星へ!!もはや代えの利かない存在」《ドイツの反応》

【ビルト】

goetz9.jpg

心配の種から希望の星へ!

どうしてマリオ・ゲッツェはいきなり代えの利かない存在になったのか。


ベンチ、スタンド、ジョーカー、そして希望の星へ!


ルシアン・ファヴレ監督の下でのマリオ・ゲッツェはまるでジェットコースターのようだ。彼はシーズン序盤、リーガ最初の6試合で彼は一分もプレーしなかったが、スポーツ面での理由からベンチ外にもなっていたのだ。



スポンサーリンク



その間、たくさんゴールを挙げたのは別な選手だった。新加入のパコ・アルカセルだ。しかしたった5か月でその世界はがらっと変わっている。


2019年になってから公式戦5試合のうち、4試合で彼は先発でプレーしているのだ。彼はレギュラーであり、今日のトッテナム戦では欠くことのできない選手だ。その背景には重要な選手の負傷と、アルカセルの不調が挙げられる。



マルコ・ロイスという絶対的なスターが負傷しており、さらにアルカセルに関してはドルトムントも頭を悩ませるばかりだ。アルカセルはここ6試合ノーゴールとなっており、さらに彼は負傷してばかりなのだ。



アルカセルは後半戦の最初太ももに問題を抱えており、今度は肩の炎症だ。よりによってシーズンでもっとも重要な試合でファヴレはかつてのベンチ外の選手を起用することになったのだ。



ゲッツェはDAZNのインタビューにおいて、ファヴレとの関係について語っている。“お互いに理解するのにある程度の時間を必要としたんだと思う。最初は難しかったね。彼のアイデアと哲学に慣れなければならなかったから。でも僕はそれができることを、そうしたいことを示そうとしたんだ。”



ゲッツェはさらに、“彼の頭の中を見ることはできない。だけど、前半戦の最後のあたりでは、理解が深まったと感じることができた。そしてそれが出場時間に反映されているね。僕はチームである一定の価値を示すことができると思っているし、監督もそれを評価してくれていると思う。”






以上です。

これはトッテナム戦の直前の記事ですが、ゲッツェの調子が上がってきたことには管理人も喜んでいます。しかしドルトムントに必要なのは、良いストライカーである事を忘れてはならないでしょう。ゲッツェの今の役割はあくまで短期的な解決策だと思います。長期的に考えるならば、ちゃんとしたストライカーを補強するべきだと思いますね。前半戦のアルカセルは大きな驚きでしたが、スタメンで続けて出ることがまだ無理なので、ちょっと計算しづらいですね・・・。




[ 2019/02/14 18:17 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(31)
復活のふのじもないだろw前のゲッツェはこんなもんじゃなかったわwwもう、終わった選手なんだろうね。ワールドカップ取ったからいいのかな
[ 2019/02/14 18:23 ] [ 編集 ]
トッテナム戦の直前の記事ですか。相変わらずゲッツェの代理人(父親ですが明らかに前の代理人だと思います)は優秀ですね
[ 2019/02/14 18:35 ] [ 編集 ]
全然役にたってなかったけどな
[ 2019/02/14 18:37 ] [ 編集 ]
ドイツ代表が弱体化した理由の一端が見れますね。とにかく自己分析力が決定的に欠けている。今回の躍進はロイスのフル稼動とパコの神がかり的な決定力のおかげ。そしてスタメンを固定したためチームとして成熟度が増したためです。そのおこぼれに彼は乗っかっているだけ。その証拠に主力を欠いたトッテナム戦ではまるで歯がたたず、現地サポーターからも糾弾されましたね。とにかくメディアは甘やかしすぎですよ。
[ 2019/02/14 18:43 ] [ 編集 ]
 もう香川という保険はいませんから、ゲッツェには今後さらにプレッシャーかかりますね。
[ 2019/02/14 18:50 ] [ 編集 ]
今のゲッツェはちゃんとチームに貢献してるんだけどそれに文句つける人も一定数いるんだよね。ドイツだと文字通りW杯の救世主だったのもあって復活を期待してた人も多いし、ドイツ人には喜ばしい事だろうからさらに頑張っていってほしいまだ若いからね
[ 2019/02/14 19:12 ] [ 編集 ]
ゲッツェも頑張ってるけどこんなものじゃないと思うんですけどね。もっとチームを牽引しないと。物足りないとしか言えない。でもドイツメディアもドルのフロントも満足してるのならそうですかとしか言えません。
[ 2019/02/14 19:41 ] [ 編集 ]
まあこんなもんじゃないという気持ちと明らかに調子がよくなってきているというのと半々ですね

ゲッツェが帰ってくるときロイス香川ゲッツェという2列目の並びを楽しみにしている声が多くあり自分もその一人でした
このゲッツェとその二人が絡んでいるところは見てみたかったです

ただトップにゲッツェはやめたほうがいいかと
アルカセルが復活するかほかを見つけるかしないと今後しんどいと思います
[ 2019/02/14 20:05 ] [ 編集 ]
スパーズ戦後、大バッシングされてますね…
インスタグラムで最も叩かれています。
[ 2019/02/14 20:29 ] [ 編集 ]
いやいや、ドルに復帰してからは長い間もっと悪くて
今が復帰してからはベストの状態でしょう
サポもメディアもゲッツェを叩くのは違うでしょうよ
ゲッツェ可愛さにFWの補強を怠ったフロント、ゲッツェ可愛さに過剰に持ち上げてた自分達が反省しなさい
[ 2019/02/14 20:57 ] [ 編集 ]
代えの効かない選手って…
香川がいれば代えどころかって思ってたけど、もう遅いよね…
やっぱりもう少しドルで香川を見たかったよ
[ 2019/02/14 21:03 ] [ 編集 ]
最近のゲッツェはBVBに戻ってきてからの惨状を見てるとようやく「おかえりなさい」と暖かく言ってあげたくなります
一時期はこの世代はネイマールとゲッツェやエルシャーラウィが引っ張っていくのかなと楽しみだったのも懐かしいです
スパーズも主力が抜けてましたが残念ながら差は火を見るより明らかでしたね
アカンジ離脱辺りからちょっと前までの嫌なBVBの臭いがしてます
ゲッツェもいいですがゲレイロももっと使ってくれませんかねぇ
[ 2019/02/14 21:05 ] [ 編集 ]
前よりは良くなってるけど正直代わりが効かないというほどかなあという印象です。
中盤より前の選手の貢献度としてはロイスが飛び抜けていて、
次にヴィッツェル、サンチョ、アルカセル辺りが続く感じじゃないですかね。
アルカセルが怪我をしがちでなかったらゲッツェのポジションはないように思います。
[ 2019/02/14 21:14 ] [ 編集 ]
代謝の病気の状態からよくここまで復活したとは思いますが、彼はもっとできると思いますよ。試合中のパフォーマンス、実際の数字共に全盛期からはまだまだ程遠いです。とてつもない時間と出場機会をかけて彼が病気から戻ってこれるように手を尽くしたドルトムントのフロントに恩を返すためにもまだまだやってもらわないと困ります。
[ 2019/02/14 21:35 ] [ 編集 ]
今朝のスパーズ戦では、2点目、彼のボール奪われてからだった気がします
[ 2019/02/14 21:44 ] [ 編集 ]
今のゲッツェはCFでしか使いみち無い(ロスト多すぎるから)。でもCFとしては得点力無さ過ぎ。それでもパコ離脱の今、フィリップもパッとしないし、イサクや香川もレンタル出しちゃったので、代えがきかない選手(消極的選択)なのが今のドルトムント。
[ 2019/02/14 23:54 ] [ 編集 ]
まぁある意味で代えが効かないよねー
プレーヤーってよりタレントとしての意味合い
期待感は確かにあるけど
[ 2019/02/15 01:39 ] [ 編集 ]
替えが利かないほど優れたプレーヤーなら、チームはロイスがいないだけでガッタガタになったりしませんよ。
試合を組み立てるわけでもなく、チームを落ち着ける精神的支柱にもなれない程度ですよゲッツェは。
チームを鼓舞するわけでもなく1点取られただけで下を向いて心が折れる。

たいして素晴らしい選手ではないけどドルトムントのマスコットキャラだから無理して使ってる、という程度の選手ですよ。
マスコットキャラとしてはたしかに替えが利かない選手なのでこれからドルトムントのマスコットとして無理して使うしかないのかもしれませんが。

正直、現在のゲッツェ程度の選手は他クラブ他リーグにたくさんいます。
ロイスと同じくらいなんて贅沢は言いませんがパコやプリシッチくらいの実力になってから言って欲しいですね。
今の並みの実力になってしまったゲッツェなんて全く惹かれませんよ。
[ 2019/02/15 02:31 ] [ 編集 ]
復活と言うならばとにかくゴールですよ
これは香川にも言えることですが、とにかく2人ともゴールゴールゴールです
[ 2019/02/15 03:05 ] [ 編集 ]
後ろ足で砂かけてバイエルン行ったことはなかったことになってるね、まあ結局ドルトムントサポーターのシャルケバイエルン憎しはプロレスだったってことか。
さておきゲッツェを批判する理由ならあるよ、それはヴァイグル香川カストロヌリ色んな選手に影響及ぼしてまでローテと称しゲッツェ復活贔屓起用をクラブ監督ファン一丸となってしてたくせに当の選手がこの体たらくってことだよ。
ゲッツェが活躍してるから起用されてたなら兎も角いつまでもコンディションが上がらないなか他選手も使わず贔屓重用されたくせに、この程度の貢献で満足することは許されないし、ファンもこれを許してたら先々ドルトムントに来る選手達にも悪影響なのは考えなくても分かること。
こんなこと続けてたら転売は出来てもクラブ側は国内国際タイトルは取れないし、ファン側も一人の仮初めスターは見られても良い試合や勝つ喜びは大して得られないでしょ。
一人の選手のためのクラブってのは勝ち続けでる間は許されるが、勝てなくなった時に突っ込みを入れても遅いってことに気づいて貰いたいな。
[ 2019/02/15 05:55 ] [ 編集 ]
いつまでゲッツェに甘いんすかね
ドルトもドイツ代表もサポも
[ 2019/02/15 08:17 ] [ 編集 ]
そりゃゲッツェには甘いの当たり前だろドイツ人が、日本人が香川に甘いのと同じだよ
[ 2019/02/15 09:34 ] [ 編集 ]
何にせよもう香川は居ないわけだ
散々干したツケが最悪の形で回ってきて飯ウマ
[ 2019/02/15 10:24 ] [ 編集 ]
彼のリハビリで何人もの選手が犠牲になったことか。
まぁもうなんでもいいですけど、アジアツアーやらで日本には来ないでくださいよ。
日本の宝を潰したのですから。
[ 2019/02/15 12:20 ] [ 編集 ]
05:55
自分も同じ様にずっと感じていたので、あなたのコメントにスッキリです。ここまでゲッツェが甘えていられたのはドルだからこそ、まあ病気もありましたから時間がかかる事だとは思いますが、周りの人たち、選手の多大なるフォローをしっかり得心してさらなる飛躍をしてほしいものですね
[ 2019/02/15 12:47 ] [ 編集 ]
日本人のどこが香川に甘いと?
ドルトムントサポと宣言してる日本人達が率先してバカにして無能扱いしてるのに?
クラブサポと言っておきながら所属してる選手を応援しないとか、クラブサポじゃないよねもう。
代表サポも使えない要らない等々の罵詈雑言で、日本メディアは常にネガキャン。
日本人が一番香川を過小評価してるって言われてるくらいなのに。
どこが甘いんだろうね、他の選手の間違いでしょ。
[ 2019/02/15 18:49 ] [ 編集 ]
02/15 09:34
いつ日本人が香川に甘かったんですか?
ファンはあれこれ理由つけて実績を無視し自分の好みの選手が一番だと蔑み
メディアは代表戦や何処かのリーグタイトル獲った選手をその都度スターにしてるだけでリスペクトの欠片もないし
元代表等の引退したOB達は上から目線で自分が経験したことない領域の話なのに叩いたり褒めたり手の平くるくる返し続ける
ネットなぞせずに代表戦をお茶の間で見るお茶の間の人のが公平にもの見られてるレベルで甘くないですよ
[ 2019/02/16 05:21 ] [ 編集 ]
十分日本人は香川に甘いだろ、それはコメント欄見てもはっきりしてる、ゲッツェここまで敵視してる人が多いのも香川の事があるからとしか思えんな。もちろん香川を厳しく見てる人だっているがそれはゲッツェにだって言えるからなファンが多いってことはそれだけアンチも多い。ある意味で似た二人だな
[ 2019/02/16 09:17 ] [ 編集 ]
日本人が香川に甘いというより過小評価の方が多いと感じますね。もちろん好みもあるから色々な意見があるだろうけど。それに自国の選手を上から目線で批判するのが好きな人が日本には多いんですよ。
[ 2019/02/16 21:02 ] [ 編集 ]
香川に甘いからゲッツェを敵視?言いがかりも甚だしいですね?
ブンデスの選手が選ぶリーグワーストイレブンに入ったゲッツェが何試合も使われてたったの3ゴールで復調扱いですよ?
それを何年も何年も繰り返してヴァイグルを外してみたり貴方の言う香川は勿論ヌリやカストロまで後先考えずに放出する始末
MFでは使えないと思ったのかFWで高い位置にしだしてからはそれなりの数字を残してきたフィリップにすら影響を及ぼしてますよね?
それで批判するな?批判したら香川に甘い日本人だからゲッツェ敵視するんだ?理論が無茶苦茶ですね
貴方こそ誰かを敵視しているからこそ明らかに批判されて然るべき選手を無理な理屈で擁護してるんじゃないですかね?
[ 2019/02/17 12:57 ] [ 編集 ]
ここのコメント欄見て香川に日本人が甘いって、世界狭すぎですね
世の中もっと広いですよ
井の中の蛙ってやつですね
[ 2019/02/17 18:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。