ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】セルジョ・ラモス!イエローカードが意図的であった事を認める‼出場停止処分か?《ドイツの反応》

【Sport1】

ramos.jpg


レアル・キャプテン!怒りを買う可能性!!



セルジョ・ラモスはチャンピオンズリーグで3枚目となるイエローカードをもらったが、それが大きな騒ぎとなっている。UEFAがこの件に関して処罰を下す可能性がある。



スポンサーリンク



セルジョ・ラモスはチャンピオンズリーグのアヤックス戦でアセンソワが決勝点を挙げた2分後にイエローカードを獲得している。彼はカスペル・ドルベルクを止めたのだ。これはラモスはチャンピオンズリーグ3枚目のイエローカードとなり、セカンドレグでは出場停止となっている。



しかしどうやらセルジョ・ラモスはこのイエローカードとなるプレーを意図的に行ったようだ。


“確かにこうなる事は頭のどこかで分かっていたね。決して対戦相手を過小評価しているわけではないけれど、時にはこういう決断も必要だよ。そして僕はそういう決断をしたんだ。”とラモスはRealtotalにおいて語っている。


しかしラモスが意図的に出場停止となるプレーをしたとなると、UEFAによってさらに出場停止処分を受ける可能性が高い。


ラモスはその後、ツイッターで“はっきりさせておきたいが、次のラウンドに進むための試合でスタンドからチームを応援しなければならないことは大きな痛手だ。”とラモスは語っている。


意図的なイエローカードに対してUEFAがどのように対処するかはすでに昨年の例でも明らかとなっている。ラモスのチームメートがであるダニー・カルバハルが6:0で勝利したAPOEL戦で意図的にイエローカードをもらったことでUEFAの規則に触れたのだ。彼はその結果ドルトムントの試合と、決勝トーナメントのPSG戦との初戦で出場停止となっている。




以上です。


要するに、次のアヤックス戦で出場停止となることで、イエローカードの累積を清算しようとしたという事のようですね。勝ち上がる事を考えれば、次の試合で休むほうが良いですから、これはなかなか賢い考えではありますが、うっかり口を滑らせてし待ったようですね・・。どんな処分が下されるでしょうか


[ 2019/02/14 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
2〜3試合出場停止で本末転倒になればいいのに
[ 2019/02/14 22:18 ] [ 編集 ]
今季のアヤックスは基本的に球際のボールの扱いが巧いから崩しや組織での守備の強度を高める練習さえ重ねておけばまだベルナベウでも臨みは有りそうな予感
ただ今以上に失点は増やせないだろうから高さを欠くブリントを中盤かサイドへ回しつつ本職の選手をCBで使わせてみてもらいたい感
ラモスも出場停止みたいだしチャンスを生かせる様に頑張ってもらいたいとこですねぇ…
[ 2019/02/14 22:26 ] [ 編集 ]
DFのカード累積は死活問題ですし清算できる余裕があるならしておきたいのは意識にありますよね
VARが入ってペナ内の事故ハンドでしょっちゅうカード出ますし
[ 2019/02/14 23:46 ] [ 編集 ]
汚いプレーばかりのセルヒオ・ラモスは
チャンピオンズリーグから永久追放でいいよ
もちろんこれまでのメダルも没収で。
[ 2019/02/15 00:49 ] [ 編集 ]
いい加減にしろラモス!こいつが昨シーズンサラーにやったことは忘れてないぞ!
[ 2019/02/15 04:33 ] [ 編集 ]
そういうのは言っちゃあダメですよラモスさんw
[ 2019/02/15 06:34 ] [ 編集 ]
 勝つ為のプロフェッショナルファウルと違って、マネジメント目的は相手チームに対する敬意に欠ける行為です。もっとも、彼は他人への敬意とは無縁の人ですけど。
[ 2019/02/15 12:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。