ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「香川!ドルトムントと同様にベシクタシュでもすぐにファンのお気に入りに!!」ドイツ紙《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

kagawa81.jpg


ボルシア・ドルトムント:ベシクタシュのファン!天才的な振る舞いで香川を歓迎!


香川真司は、ボルシア・ドルトムントの時と同様に、ベシクタシュ・イスタンブールでもすぐにファンのお気に入りとなっている。


そしてボルシア・ドルトムントのファンがやったのと同じように、ベシクタシュのファンも香川を称える独自のチャントを作り上げたのだ。


スポンサーリンク



このイスタンブールのファン達は、トルコでも非常に有名な曲を使用している。リンク先のビデオにあるように、ベシクタシュのファン達は、


„Oh Shinji! Yarın Olmaz, Shinji! Hemen Shinji, Shinji! Shinji, gol, gol, gol!“


と歌っているが、これは訳すと、“オー、シンジ!明日まで待ちきれない。シンジ!すぐにだ!シンジ、シンジ、シンジ!ゴール!ゴール!ゴール”となっている。


まあこれだけだったら割と普通のことかもしれないが、その元となった歌“Çilli bom”の使用法が非常に特別なのだ。この歌の“şimdi(今)”と繰り返される言葉がShinjiにうまく置き換えられているのだ。




香川:BVBからベシクタシュへ!


香川真司は、冬の移籍市場の最終日にベシクタシュへ移籍している。BVBはこの日本人を今シーズン末までトルコのトップクラブにローンで移籍させている。


彼のセニョール・ギュネス監督の下でのデビューはこれ以上ないものだった。彼は6:2で勝利したアンタルヤスポール戦でいきなり2ゴールを挙げると、ベシクタシュファンに称えられたのだ。


香川!ボルシア・ドルトムントでも人気者!


shiji82.jpg


香川はボルシア・ドルトムントでも非常に愛されていた。この選手は2010年にセレッソ大阪からBVBに移籍しているが、非常に力強いパフォーマンスで2011年と2012年の優勝に大きく貢献したのだ。


2014年にはマンチェスター・ユナイテッドがこのドリブルのアーティストを1600万ユーロで獲得しているが、プレミアリーグで香川が大きくブレイクすることはなかった。


その結果香川は2014年にBVBに戻ってきている。香川は最初は再び昔の力を発揮するとみられていたが、ルシアン・ファヴレの下では役割を果たさず、ボルシアはイスタンブールにこの29歳を移籍させていた。





以上です。


香川選手のチャントに関する情報付きで、ベシクタシュファンに歓迎されている様子がドイツでも報じられていました。“シムディ”を“シンジ”に置き換えたようですが、うまく考えたものすね。これはファンも覚えやすいでしょう。でもいったいどうやってこの替え歌覚えたんでしょうかね?ファンクラブが集まってちょっと練習したんだとは思いますが、それを考えると非常に粋な演出ですね。






[ 2019/02/15 19:30 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(12)
ベシュクタシュの皆さん、香川を歓迎して下さってありがとうございます。デビュー戦は出来過ぎな感はありますが、彼は手を抜かず必死に勝利に貢献すると思います。香川の活躍云々よりも、シーズン残りを全勝を願ってます。
ちなみにチャントはドルよりも、こちらの方がカッコ良いですね。
[ 2019/02/15 20:24 ] [ 編集 ]
ゴールとりまくる選手みたいな感じで受け止められてないか心配(笑)
[ 2019/02/15 20:30 ] [ 編集 ]
本当に香川選手は、どこに行ってもファンに愛されていますね。
実力はもちろんのこと、謙虚な人柄、何よりも彼の笑顔が大きな魅力になってると思います。
それはそうと、記事の最後の文章…。2014年以降はパッとしないような書き方(どのメディア以外もたいてい同じ)ですが、記者はもう少し正確に書いて欲しいですね。たとえば、
『移籍前とは違う役割の中、香川はBVBで結果を残してきた。しかしルシアン・ファヴレの下ではチャンスや競争をもらえないまま、ボルシアはイスタンブールにこの29歳を移籍させていた。』という感じで!









[ 2019/02/15 21:28 ] [ 編集 ]
戻ってきてから力を発揮してないとか嘘を毎度言われて本当にイラつく
[ 2019/02/15 21:28 ] [ 編集 ]
戻って来てからの活躍も、現地サポは評価してくれてるからいいでしょ
昨シーズンもベストな選手の1人だったと言ってくれてるサポも多いし
ドイツ紙はたぶん怪我で離脱したこととか忘れてるんじゃないかな?
愛されキャラはどこでも健在ですね!
[ 2019/02/15 22:24 ] [ 編集 ]
自分はやっぱりドルのチャントが好きですね。マンUから戻ったときのあの8万人のスタジアムでのチャントは感動で涙しました。
自国の選手でもないのに一度は出て行った選手なのにこんなに熱い歓迎されるなんてなんて香川は幸せ者なんだろう!って
あの時の思いがずっと残っているのでドルサポにはやっぱり感謝しかないですね。
[ 2019/02/15 23:52 ] [ 編集 ]
しかしまぁ、いつもマンUの説明の時は暗い影のような紹介のされ方になりますけど、そこまで悪くなかったと思うんですが…(笑)
[ 2019/02/16 00:43 ] [ 編集 ]
一度は出ていった選手?熱い歓迎?
当たり前でしょ、長らくタイトルから離れていたドルトに三つのタイトルと十倍以上の金を残して円満に出ていったんだし、マンユの件はマンユサポすら同情するくらい不運で実力が衰えてたわけでもないんだからさ
なんか必ず恩着せがましく香川を下に置いてドルトサポを上げすぎる人がいるけど、バイエルンに裏切り移籍して出戻ったゲッツェが歓迎され復活まで贔屓されてるんだから持ち上げる話でもないんだよ
お金と出場機会を与えるクラブドルトに対しての経済収益とスコアタイトルを残すアスリート香川それを精一杯応援することで勝利の美酒に酔いしれられるドルサポ、全てはビジネスライクな関係ってだけだから誰かを遜らせることも必要以上に感謝する必要もないんだよ
[ 2019/02/16 04:48 ] [ 編集 ]
香川加入前は5試合で1勝、加入後は3連勝
ベシュクタシュサポは今日も熱かったなw
[ 2019/02/16 05:47 ] [ 編集 ]
香川はどこのクラブでもファンやチームメートに愛される選手です。その華麗なプレーだけではなくファンを大事にしたり不遇な時も真面目に練習に取り組む姿勢、そして笑顔が素晴らしいんですよね。
[ 2019/02/16 11:01 ] [ 編集 ]
口先だけでなく、ほんとにチームの勝利のために逆算して仕事ができる必殺仕事請負人。だからコアサポの信頼を常に掴んでる。華があるプレーヤーなのに、職人ぽいのが不思議。
[ 2019/02/16 13:28 ] [ 編集 ]
大スターの証ですね。
[ 2019/02/16 17:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。