ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBツォルク!「もうこういう事は起こらない!」選手たちが試合前夜に理髪師を呼んだ事に対して発言!《ドイツの反応》

【ビルト】


ZORC-BVB.jpg

ツォルク!BVBの選手たちに意見!!


これはプロフェショナルとは程遠い!


ドルトムントで今シーズン、最も重要な試合の前の出来事だ。ドルトムントはチャンピオンズリーグでトッテナムと対戦したが、選手たちはホテルの部屋で対戦相手に向けて準備をしていた・・・。と思いたいところだ。しかしBVBのスターたちはそうではなかった。彼らはその代わりに理髪師を呼んだのだ・・・。

スポンサーリンク



▶火曜日の夜、ホテル“ヒルトン・ロンドン・ウェンブリ―”でのことだ。スター・理髪師であるシェルドン・エドワーズが部屋を一部屋予約し、そこでアクセル・ヴィッツェル、ラファエル・ゲレイロ、ザガドゥー、ディアッロ、ラーセンを散髪したのだ。そしてそれから24時間もたたない間にドルトムントは0:3でトッテナムに敗れてしまった・・・。


エドワーズはドルトムントにとっては常連だ。普段は選手たちがこのジャマイカ人をドルトムントまで呼んでいる。エドワーズは10月に“私には客はいないよ。彼らはみんなファミリーだ。”と語っている。


しかしBVBはハンス・ヨアヒム・ヴァツケにとっては家族だ。


ヴァツケはビルトに対して、“髪型は当然ながら試合の流れには全く関係ない。敗れたのはスポーツ面が理由だ。だからそれをしっかり分析しなければならない。もちろん理髪師を読んだことがメディアに批判されていることは分かっている。だからそれに対してツォルクとセバスティアン・ケ―ルがそれらの選手に対応するだろう。”と語っている。


ビルトの情報によると、幹部たちはこの理髪師の訪問に関しては全く知らなかったようだ。散髪は最終トレーニングの後のミーティング後に行われたとされている。



ドルトムントの選手たちははバイエルン戦(3:2)やアトレティコ・マドリッド(4:0)の前にも理髪師を呼んでいる。さらにワールドカップではアントニオ・リュードガーとジェロム・ボアテンも彼をドイツ代表のホテルに呼んでいるのだ。


ミヒャエル・ツォルク:“今の世代はマティアス・ザマーや私がいた世代とはまったく違った準備をしている。本来そうあってはならないわけだけれどね。こういうことはもう起こらないだろう。”とツォルクは語った。


髪型は良かったが、結果はク〇だった・・・。この出来事は早く忘れてしまいたいところだ。


これ以外では試合前にサンチョとディアッロがパスポートを忘れ、トプラクが搭乗券をなくしている。いずれにせよ、ドルトムントに帰ってくる飛行機は時間通りで、選手たちの髪形も完ぺきだった。





以上です。


ヴィッツェルだけだと思っていたら、こんなにいたようですね。それには少し驚きました。個人的には負けた事とは関係ないと思いますが、こんなにメディアが騒ぐのでは、対処しないわけにもいかないでしょう。


たぶん選手たちは試合前夜にホテルから外出することは禁止されていると思うので、空いた時間で散髪でも、という事でホテルに理髪師を呼ぶといった流れに発展していったんだと思います。


ただホテルは通常営業をしているわけなので、部外者のホテルへの出入りを全面的に禁止するというのはホテルを全室貸しきらない限りは無理ですね。記事を読む限りではこの理髪師も自分で部屋を予約して借りているようなので、ホテルがそれを承諾している以上問題はないでしょう。


借りた部屋で営業活動を行っていたという部分をホテル側がどうとらえるかは分かりませんが、ホテルの部屋を借りて仕事する例はいくらでもありますから、ホテル側がそれをいちいち問題視する可能性はあまりないと思います。









[ 2019/02/15 21:12 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(12)
それは別にいいんじゃね?と思ってしまいますが…w
まぁボロ負けしたから何やっても叩かれるんでしょう
[ 2019/02/15 21:33 ] [ 編集 ]
ツオルクはシーズン前に「今年は規律!」とかいってなかったか?オーバやデンベレに懲りたようでやたらブツブツいってた覚えがある。
だからやたら細かいファブレに監督やらせたんだろうけど、どうやらピッチ内だけだったようだね。もっとも、それも今月に入ってからはとても怪しい。守備が壊れるのは、規律=約束事が不徹底になる、おかしくなるのが毎度のことだし。まぁとにかく緩んだタガは早急に締め直して欲しい。
[ 2019/02/15 21:36 ] [ 編集 ]
散髪くらいいいでしょ、どこのスポコン学校だよ。試合に向かう準備は人それぞれ、プロの選手にあれこれ文句言うなっての。文句言うならプレイに対してのみ、言えば良い。ただでさえ過去のCLではクラブと市の不手際でバスの襲撃事件がおきて、選手に多大な負担をかけたこともあるんだから。規則ばかりは反発くらって悪いことばかりだよ。トゥへルは学習してPSGでは上手くいってるのに、ここの幹部はあいかわらずだね。
[ 2019/02/15 22:06 ] [ 編集 ]
医者と床屋は、の話にあるように、大金が掛かっている職業の人間は、
理髪師は信頼が置けるものに任せるべきかと思うので、ホテルに呼ぶのは
問題ないと思う、というかむしろ、クラブ側がホテルに掛かりつけの
理髪師を呼ぶなどして、選手の身の安全に配慮すべきかと思いますが。
もちろん、選手の掛かりつけの理髪師に対しての身辺の調査を定期的に
行っているのは前提ですが。
[ 2019/02/15 22:21 ] [ 編集 ]
そのせいで負けたんだ。だらしのない行動だ。
みたいな言われ様で誰より床屋が可哀想ですね(笑)

日本だと面接・試験・重要な仕事の前とかに気合い入れる為に散髪に行ったりしますよね?一般的にはその方が印象も良くなります。ドイツだとそういう感覚無いんですかね?
[ 2019/02/15 22:37 ] [ 編集 ]
オバメアンが遠征先で、同じホテルの別の部屋に家族が宿泊していた時は、皆さん辛口だったし確か懲罰だったよね?
代表等では合宿中は理容師呼んだり家族と会ったりもオッケーだけど、公式戦前はホテルも半分とか(代表選手だけが隔離されるように)なっていたはず。集中よりも、情報漏れ等の事も有るのだと思います。私は精神論主義は大嫌いですが、やはりこれを容認する事は躊躇しますね。良い結果にも繋がっていませんし…
[ 2019/02/15 23:39 ] [ 編集 ]
オバが懲罰になったのは遅刻やミーティングのサボりの時ですね。
合宿で家族が一緒のホテルにいたときについては、他の選手は一人で来ているので反感を買うかも、くらいの感じだったような。
どちらもそこまで問題視することでないとは思いますが。
[ 2019/02/16 01:50 ] [ 編集 ]
クロップとかトゥヘルのときってここまで緩んだ感じの記事って出てきてたっけ?
いつもピリッとしてる印象あったけど
[ 2019/02/16 05:38 ] [ 編集 ]
理髪師を呼ぼうかプロの女性を呼ぼうが結果は最初から決まってます
今のドルトムントにチャンピオンズリーグと国内を同時に戦う力はないです
国内に専念できるから良しとすべきでしょう
[ 2019/02/16 06:34 ] [ 編集 ]
うちの槙野さんなんか
髪型バッチリ決めてるけど
いっさい試合に影響ありませんから!
[ 2019/02/16 08:27 ] [ 編集 ]
敗戦を散髪などの気の緩みのせいに出来るほど心身に影響が出た試合内容とは思えなませんけどね
プロである以上子供を含めたファンに見て貰う立場なので外見を整えるのはプロフェッショナルとも思います
お互いエースや主軸を欠いて完敗した。それだけです
[ 2019/02/16 10:12 ] [ 編集 ]
規律とかの問題でなくこれが今のドルトムントの実力だと。それだけの事です。
[ 2019/02/16 11:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。