ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》岡崎、香川の二人がベストイレブンに選出!

昨日行われましたブンデスリーガ第29節。まだ今日2試合が残されていますが、ビルと日曜版のベストイレブンに昨日得点を上げた岡崎選手と、香川選手が選出されました。また2ゴールを決めた岡崎選手は、移籍の噂もあり注目が高く、キッカーでも昨日の活躍が記事になっていましたので紹介します。





【ビルト日曜版ベストイレブン】


20150419164324caa.jpg



【運が良いことに僕らの前線にはシンジがいる キッカー】


試合序盤シュミット監督は何度も安堵の溜息をつかなければなかった。SCフライブルクが試合の主導権を握り、何度ももう少しで先制点という攻撃を見せたのだ。“我々は短時間で多くの事を変えなければならなかった。見ていた人も気づいただろうと思う。”とこのスイス人は認めた。そして彼は岡﨑慎司が再びシーズン終盤に彼のゴールへのクオリティーをを取り戻したことを喜んでいる。この日本人は前半終了間際、6分の間にたてつづけに2ゴールをあげ、通算12ゴールを記録したのである。彼はここ6試合で4ゴールを記録しており、それはポイントを獲得する上で大きく貢献している。

スポンサーリンク



運が良い事に僕らの前にはシンジがいる”

20150419164722e95.jpg


フライブルクを倒すにおいて、二つの事柄でシュミットとダニエル・ブロシンスキー(岡﨑チームメート)の意見は一致している。“これは僕らのクオリティーでもあるんだけど、僕らはゴールをあげるのにそんなに多くのチャンスを必要としないんだ。幸運なことに僕らの前にはシンジがいるからね。彼は今シーズン何度も僕らに勝利をもたらしてくれたよ。”とこのディフェンダーも“スカイ”のインタビューでこの点取り屋を褒め称えた。

(後略)




以上です。

短いですがキッカーより岡崎選手の部分の記事のみ取り出しました。

ちょっとクロップ辞任の話題を多く取り上げたため岡崎選手の移籍に関する報道をあまり取り上げられませんでしたが、今後はその辺を取り上げていきいたいと思います。ただ岡崎選手の移籍はまだビルトには取り上げられていませんので、現段階ではまだ現実味はないのかな、と考えています。


【おまけ今日のドイツ】


IMG_6142.jpg

家作り
ドイツでは自分で家を作る人がいます。壁紙貼りやペンキ塗り照明設置などは職人に頼まずほとんど皆さん自分でやります。管理人の近所の建物も半年前までは骨組みだけだったのですがレンガの壁が少しずつ積み上げられてきました。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/04/19 16:48 ] 岡崎 | TB(-) | CM(3)
No title
岡崎 久しぶりの2ゴール。いっそのこと、勢いにのりハットトリックも見たいですね。香川もクロップ解任報道の後でのゴールと、彼自身はまだまだ不満はあるでしょうが、残り試合をフィールドで暴れてくれるでしょう!そして、ベストイレブンにダブルシンジが選出と近い将来、日本人がもっと活躍し、数多くコンスタントにベストイレブンに選出されることを期待しましょう!
[ 2015/04/19 18:39 ] [ 編集 ]
No title
香川不調だとか言われながらも3回目なんですね
年間の欧州ベストイレブンに選ばれた年とかに比べるとまだまだもの足りないですが
岡崎の移籍の件はキッカーでしたか?
移籍の件と先発予想は断然ビルトのほうが信憑性がありますものね
[ 2015/04/19 19:21 ] [ 編集 ]
No title
ザキオカはチームの中盤のクオリティのせいもあって、FWの割にシュートは少な目だけど決定率が相当高いよね。
[ 2015/04/19 21:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。