ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マティアス・ザマー!「これがドルトムントの現実。前半戦はラッキー」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


sammm.jpg

ザマー!ドルトムントが現実に戻った。

マティアス・ザマーが語る!


このBVBのアドバイザーはドルトムントの最初の危機に対してはっきりと述べている。



ザマーはユーロスポーツにおいて、“ボルシア・ドルトムントは現実に戻った。前半戦では最後までラッキーだったが、今は時々起こるアンラッキーや個人的なミスでポイントを落としている。ポイント差はないも同然で、ここでは1パーセントたりとも気を抜いてはならない。”と語っている。

スポンサーリンク



BVBが最後に勝ったのは1月26日の事だ。その後はリーガで4ポイントを失い、さらにポカールではブレーメンに敗れている。さらに水曜日に行われたチャンピオンズリーグのトッテナム戦では0:3で敗れている。



トッテナム戦で、ドルトムントは3試合連続で3失点する事となったが、これまで安定した守備が揺らいでいる。特にレアルからローン移籍しているアシュラフ・ハキミにそれが顕著で、ウェンブリ―では2失点に関与している。



ザマーもそれには気が継いだようで、個人のミスを減らすように要求している。“もちろんドルトムントが褒めたたえられたことは素晴らしいことだったけれど、それが一年続くことはない。その間は、シンプルでコンパクト、そして規律を守り、気を抜くことなく一緒に守備をしなければならない。そして何人かの選手は個人的なミスを減らさなければならないね・・”と語っている。



しかしそれでもザマーがドルトムントを称えている。“それでもドルトムントには賛辞を贈らなければならないね。優勝はまだ決まっていないし、いまでも優勝争いは緊迫したものになっているのだからね。”


ではザマーの予想ではどうなるだろうか?ザマーはそれにははっきりとは答えたがらなかったが、“経験や選手層、クオリティーを考えればFCバイエルンが最後まで優勝候補とされていたね。でもそれを約束することはできないよ。”と答えている。





以上です。

ザマーにとっては、前半がうまく行き過ぎただけで、これがドルトムントの現実とのことですが、まあなかなか痛いところを突きますね。


若い選手が多いですから、こういう時期が来るのは分かっていたことですね。ただそれがシーズンで大事な時期に来てしまいました。



前半戦ではこうした現実に対処する必要がなかったほどうまく行っていたわけですが、遅かれ早かれ、片づけなければならない問題というのはありますからね。さすがにニュルンベルクを相手に負けることはないと思いますが・・。これで負けるとちょっとまずいですね・・・。





[ 2019/02/16 12:50 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(24)
前半は言動が全然目立っていなかったのですがそれは単に自分がきづかなっただけなのでしょうか、それとも好調な状況に水をさすようなことを言っていて、発言が外に出てこないように抑えられていたのでしょうか。なんとなくですが、今夏シーズン前に期待されてたわりには、ドルトムント体制の中でなんとなくですが今浮いているのでしょうか。
[ 2019/02/16 13:23 ] [ 編集 ]
ニュルンベルクに負けることはないと思いますが勝ちきれない可能性はある程度ありますね、正念場でしょう
ロイスが戻ってきてもすぐにコンディションが完璧という訳にもいかないでしょうから今後数試合が勝負です

うまく行き過ぎだったというのは残念ながらその通りですね
プレイ内容で言うなら勝ちきれない試合がもう少しあってもおかしくないような感じでした
ロイスとアルカセルで勝っていた部分はあったのでいなくなったり調子が悪くなるとこうなりますよね
ただサンチョがここまでやるのは嬉しいサプライズでしたし本来2位なら喜べる結果でしょう
あまり追い込まれすぎず伸び伸びとやってほしいです
[ 2019/02/16 13:35 ] [ 編集 ]
チーム単位での管理が甘すぎますよね。若手育成に比重を置きベテラン勢を無計画に放出すりゃ若手がつけあがって規律が乱れてるのは当然。試合中にミスが増える原因になりますわな。
ま、フロントは別に優勝しなくても問題なさそうですからあまり気にはしてないでしょう。
大事なのはドイツ代表選手の増員、ゲッツェ復活、若手育成と転売。
優勝なんて優先順位としては一番下ですからね。
[ 2019/02/16 14:01 ] [ 編集 ]
 こうなる事は予想できました。でも、11月頃に勢いが途切れると思っていましたから、想定よりも長く維持できたと私は考えています。

 国内カップ戦を敗退したことはTOしないチームにとって良い方に影響するでしょう。CLも敗退すればリーグに集中出来るのでより楽になるはずです。
[ 2019/02/16 14:02 ] [ 編集 ]
前半戦は運にも恵まれてましたから後半戦はこういう時期が来るとは予想出来ました。ロイスにしても1年稼働できるか不安はあった。ファブレは若く元気なロイスのイメージがあったからロイスに依存しすぎましたね。ロイスなしの戦術も必要だったし香川のようなCLも優勝争いも経験豊富なベテランがいればと思いました。まあしかしバイエルンも本調子ではないのでまだチャンスはあります。引き分けでも勝ち点を失うので勝ちきって欲しいですね。
[ 2019/02/16 14:46 ] [ 編集 ]
以前アルカセルは必ず止まるとコメントさせていただいた者ですが、まったくもって予想通りという感じになってます。
他にも、ロイスが最後までピッチに立ち続ける可能性も極めて低いのに、香川を冷遇してこういう状況になってしまったというのも、完全に監督(もしくはフロント?)の完全な失策になるでしょうね。
[ 2019/02/16 15:08 ] [ 編集 ]
最近は幸運が逃げて行くことを自分たちで始めてるよ。前で潰れない、後ろでカバーリング無視したようなことする、などなど。大してテクニックがあるわけでもないのにカッコつけてサッカーしようとする。優勝かかってるんだから泥臭くやらんと。
[ 2019/02/16 16:28 ] [ 編集 ]
自分も前半戦の運の良さには感心してたよ
もしも前半戦の幸運が全て裏目にでてたら
とても首位になんかいられなかったと思ってる
バイエルンが超弱体化してる今シーズンでさえもね
[ 2019/02/16 16:41 ] [ 編集 ]
香川真司が移籍して以降

ベシクタシュは今シーズン初の3連勝
ドルトムントは4戦連続未勝利


話題になっております。
[ 2019/02/16 17:33 ] [ 編集 ]
こう思うとトゥヘル優秀だったなー
カストロみたいな複数ポジできる選手使って怪我人出てもうまく回してたよ。相手がペップだったから優勝できなかったけど

[ 2019/02/16 18:24 ] [ 編集 ]
香川の試合見終わってバイエルン戦をチェックしたら、アウクスブルクに負けてたので、ちょっと安心してましたが…起きたらしっかりバイエルン勝ってますね。
お互いあまり良い状態では無いけど、バイエルンは上向きドルトムントは下向きですから、次負けるとガクッと来そう…
[ 2019/02/16 18:33 ] [ 編集 ]
さすがにニュルンベルグには勝つでしょうけど、大丈夫かな。。
監督はここ何年かのBVBをあまり見てないんじゃないでしょうか?ちゃんと見ていたら香川をカラカラに干すなんて怖くてできないだろうと思うんですが。香川ひいきでしょうか。
[ 2019/02/16 20:16 ] [ 編集 ]
今季は優勝狙える絶好の機会だしこのまま失速は勘弁してほしいね。
[ 2019/02/16 20:39 ] [ 編集 ]
優勝目指さないだとそんな感じの逆張りを常にしてる様な奴だしね
ラッキー続きの監督と契約更新の話をし始めるのは何でだろうな
[ 2019/02/16 21:05 ] [ 編集 ]
シーズン序盤も迷走してましたが
最初の公式ポカールグロイター・フルト戦も延長の末勝ちあがり
リーグ戦でもハノーファーに引き分けたり
ロイスもフラストレーション抱えてイライラ
負けてもおかしくない試合が何試合もあった
2度目の危機です
ニュルンベルクはこの間監督が解任されてるし元々いい状態のクラブじゃないので勝てるでしょうけど
[ 2019/02/16 22:38 ] [ 編集 ]
逆に監督解任がブーストに働きそうな降格圏争いしてるニュルン、正直順位差ほど楽な相手じゃないと思いますけど
まあ変化つけられる選手放出しまくったり控えと上手くTOしなかったツケがやってきただけですね
[ 2019/02/17 03:08 ] [ 編集 ]
>こう思うとトゥヘル優秀だったなー

まだ結論付けるのは早いだろう
このままズルズルと下がっていくならば…
[ 2019/02/17 03:43 ] [ 編集 ]
多分ここにいる人たちの方がみんなわかってたと思うよ、後半戦はかなり厳しくなるって。
内容悪いのに勝ってたしね。
わかってないのはフロントだけ。結果だけみて契約延長しようとしてたし、現代サッカーのこと全然わかってないんじゃないの?興味があるのは経営だけ。
[ 2019/02/17 08:31 ] [ 編集 ]
違う。
フロントは分かっていたからこそ、夏に香川を残留させたわけです。
新監督を信用するまでには時間が掛かるのは当然ですから。
[ 2019/02/17 17:37 ] [ 編集 ]
分かっていなかったのはファブレだと思いますよ。フロントは香川の価値を知らないはずないです。ただロイスがトップ下で機能してチームも絶好調となれば口出し出来ないですからね。それにフロントにはゲッツェ再生計画もあるわけで移籍志望の香川が冷遇され放出となっても仕方ないと考えたのではないですか。そうでなければツォルクが香川と何度も話したと言わないと思います。
[ 2019/02/17 19:30 ] [ 編集 ]
ロイスありきは監督が望んだ事、ゲッツェ復活計画は何年も前からフロントがやってきて未だ完成ぜず、今までの勝利は見せられる奇跡だった!それで結果香川がトルコ行ったこれが望んだ現実 短絡的でなんか笑
[ 2019/02/18 06:42 ] [ 編集 ]
いやいやボス笑瓶やトゥヘルにすらゲッツェ重用強いられたんだからフロントが監督に口出し出来ないわけない、併用は無理でも最低ロイス控えには捩じ込めるのは一目瞭然でしょ
なんかフロントやファンが香川に暖かかったなんて一部の要素で決めつけてる人がいるが、結果の出ないゲッツェダフードだけ贔屓されてたり一人だけ総会に呼ばれない等の不遇にされてる面を忘れて勝手に自分のイメージだけで語るのは如何なもんかな
[ 2019/02/18 11:05 ] [ 編集 ]
口出しなどしなくとも、ゲッツェは地位や名声がズバ抜けた存在だけに、そういう空気になってしまうというだけ。
まあ悪影響なのは間違いない。
[ 2019/02/18 17:14 ] [ 編集 ]
ゲッツェだけならね
ダフードや元ドルのシュールレ等ドイツ人ねじ込みはあったのは過去みりゃ明白だよ
[ 2019/02/20 06:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。