ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】バイエルン!リヴァプールとの対戦前にコマンが負傷‼《ドイツの反応》

【ビルト】


comann.jpg


あんまり良くなさそうだ!

バイエルン、コマン!心配な状況に!


バイエルンにショックが!


3:2で勝利したアウグスブルク戦でキングズリー・コマンは90分にアウグスブルクのケヴィン・ダンソと競り合い、足を捻ってしまった。


このフランス人はその場で処置を受けたが、その後跳ねながらフィールドを後にして、控室に戻っている。スタジアムを後にする頃には、コマンの足には厚く包帯が巻かれ、足はもはや靴に収まらなかった。



スポンサーリンク



コマンはチャンピオンズリーグのリヴァプール戦でも欠場するだろうか?


ニコ・コヴァチ監督は、“ドクターの判断によると、あまり状態は良くないようだ。でも今は診断結果を待たなければならない。”と語っている。


コマンにとってはこれは非常に痛手だ。彼は何度も左足を負傷している。それも踝を。すでに2018年の8月と2月には靭帯を損傷しており、さらにシーズン2016/2017も、左足首と、左膝の靭帯を損傷している。



コマンは2018年の12月に負傷から復帰した時に、“3度目の手術は受け入れられないだろうね。もう十分だ。もしかしたら僕の足はそういう風にできていないのかもしれないね。そうなったら無名の人間として別な人生を送るよ。”と語っていた。


後にコマンは、この発言は、新たなリハビリが必要になった時に限定しての話だと発言している。


ミュンヘンでは皆彼が火曜日のリヴァプール戦でプレーする事を願っている。




以上です。

コマンがまた負傷してしまったようですが、本当に不運ですね。記事の内容から判断すると、手術が必要となるほどの怪我ではなさそうですが、選手が負傷するのを見るのは本当に忍びないですね。

[ 2019/02/16 19:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
怪我が多い選手はやっぱり、原因になるプレイスタイルを持ってるんでしょうね。短期間にこうも怪我ばかりされてちゃ困ったもんです。0.5人分とみて補強が必要ですね。
[ 2019/02/16 22:28 ] [ 編集 ]
バイエルンのウィンガーは怪我の呪いでもあるんじゃないの
[ 2019/02/16 22:40 ] [ 編集 ]
私はバイエルン嫌いですが嫌いなチームの選手でも負傷のニュースは悲しい気持ちになります。
[ 2019/02/16 23:51 ] [ 編集 ]
才能豊かな選手が怪我で苦しむのは辛いな~。
爆発的なスピード持ちながら怪我をしない他の選手とは何が違うんやろか。
[ 2019/02/17 02:35 ] [ 編集 ]
選手のプレースタイル以前に監督やフィジカルコーチの管理不行き届きなだけだよ、それらが仕事なんだから
その点リバポはサラーマネを滅多に怪我させないから凄いよね、シャチリやスターリッジと上手くターンオーバーしてますから
[ 2019/02/17 02:45 ] [ 編集 ]
コマンはもうダメかもしれませんね
人格的にあまり好きではありませんが才能ある選手がこうも苦しいキャリアを送ってると悲しくなります
プレースタイルなりトレーニングなり何かを変える必要がある
[ 2019/02/17 04:04 ] [ 編集 ]
無事これ名馬
大きな怪我をせずに長年トップリーグでプレー出来るだけで名選手だけど
メッシやロナウドみたいに大した故障もせずに超一流の成績を残し続ける化物もいるから面白いよね

怪我ばかりしてる選手はいくらプレーしてる時は一流でも計算出来ないしトップクラブには必要ないと思う
[ 2019/02/17 13:39 ] [ 編集 ]
また選手批判
一方コバチ都合よくコマン使ってロベリと上手くローテしなくても批判されない模様
監督ってなんのためにいるんだかね笑
[ 2019/02/20 11:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。