ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!選手が理髪師をホテルへ呼ぶのを禁止!《ドイツの反応》

【ビルト】


kehy.jpg


理髪師をホテルに呼んだ件で!

ツォルクとケ―ル!選手らと話し合い!


ドルトムントの選手たちは、0:3で敗れたトッテナム戦の前にスター・理髪師のシャルドン・エドワーズをホテルに呼んで、散髪させていた。そして水曜の午後にドルトムントに帰ってくると、マネージャーのミヒャエル・ツォルクとプロ部門の部長セバスティアン・ケ―ルが選手達と話合いを持ったようである。

スポンサーリンク



その内容:これからは規律が重要となる。ホテルに理髪師を呼ぶこともなし。遅刻もなし。これらの規則に反した場合は罰金となる。



選手もこれには納得したのだろうか?ビルトの質問に対して、ツォルクは“内部で対処すべきことだ。”と話している。


この件に対してはデュッセルドルフのフリーデハイム・フンケルも以下のように語っている。


“そんなことはフォルトゥーナでは起こらないよ。選手たちは地に足がついているからね。本当にこれはクレイジーだよ。小さなことだけれどね。チケットをなくしたり、パスポートを忘れたり。いったいチャンピオンズリーグのトッテナム戦を前にして何を考えていたのだろうか?おそらく20時に予約した床屋のことでも考えていたんだろう。そんなのあり得ないね。”



しかし理髪師の問題に関しては別な意見もある。


フライブルクのシュトライヒ監督は“試合の前の散髪が集中を妨げるというのは本当に馬鹿げているよ。だったらみんな月曜日に散髪しなければならないとでも言うのかい?”と発言している。




以上です。


あくまでビルト独自の情報ですから、どこまで本当かわかりませんが、理髪師をホテルに呼ぶのは禁止になったようですね。以降は罰金になるようですが、まあ気が緩んでいるのは確かなようなので、何らかの対処は必要な時期ではありましたね。



若手の活躍もサンチョを除いて、少しかげりが見えていますのでいろいろと心配な状況ですね。




[ 2019/02/17 09:30 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(4)
ロイスのチームだったんですね
後半戦失速していきそう
[ 2019/02/17 12:07 ] [ 編集 ]
 理髪師が勝手にホテルで開業したのではなく、選手が、無許可で、部外者を呼んだわけですからね。それは禁止されて当然ですね。
[ 2019/02/17 12:10 ] [ 編集 ]
ケールが来て規律が厳しくなったのかと思ってたのに今更こんなことしてるってのがね
フロントにも緩みがあったんではないかと疑ってしまう
[ 2019/02/17 19:24 ] [ 編集 ]
髪形を変えて気を入れるというのはあるので、一概に悪いとは思わないですが、気の緩みがチームに蔓延しているのは問題ですね。
[ 2019/02/17 22:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。